moon

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
煌めきの瞬間(Alternative Mix) 黒須チヒロ ハルユキ 亀田誠治 3rdシングル 最高16位 売上6.8万枚
あなたが知っている私が
本当の私とは限らない(2000 Mix)
黒須チヒロ ハルユキ 鈴木俊介 1stシングル初回盤のみC/W
午前4時の向こう側 黒須チヒロ 原一博 CHOKKAKU  
Into The Light 黒須チヒロ 深田恭子 溝口肇  
桜の園 黒須チヒロ ハルユキ 亀田誠治  
prayer 黒須チヒロ 小森田実 小森田実  
永遠の一日 黒須チヒロ ハルユキ 白井良明  
胸いっぱいの愛を 黒須チヒロ 小森田実 小森田実  
イージーライダー 黒須チヒロ 深沼元昭 深沼元昭 2ndシングル 最高6位 売上10.1万枚
10 黒い雨 黒須チヒロ 宮崎歩 亀田誠治  
11 最後の果実 黒須チヒロ 小森田実 小森田実 1stシングル 最高4位 売上12.7万枚(初回)
最高48位 売上2.5万枚(通常)
aiko1stシングル『あした』のリメイク

リリースデータ

2000年3月15日 初登場14位 売上5.6万枚 Produced by Tempei Matsubayashi ポニーキャニオン

深田恭子1stアルバム。99年5月デビュー。ピアノインストミニアルバム『Dear…』を99年11月に出していたが歌入りのアルバムは今回が初。『Dear…』には自身作曲の楽曲も収録されていたが今回も1曲だけ作曲を手がけているただしこれ以降深田自身の楽曲関与作品はない。『最後の果実』はaikoのデビューシングルで小森田実が手がけた『あした』(98年7月)とそっくりだと一部で話題になったが、リメイクという扱いらしい。コーラスとボイスでaiko自身も参加している。また小森田繋がりで『prayer』にもaikoがコーラス参加している。

アイドル色はほとんどないアルバム。1曲目から亀田誠治による椎名林檎での仕事ぶりを思わせる暴力的な爆音が響くのもすさまじい(実はシングルVer.の方がもっと爆音)。以降はロックバンド路線の曲と、打ち込みサウンドが混在。打ち込みサウンドといっても軽めのポップではなく、シリアスで暗い作風の曲ばかりが並んでいて、アイドルシンガーというよりかはアーティストイメージで勝負している。『イージーライダー』がちょっと明るいかな?程度で基本的な作風はシリアスで暗い。中盤のアルバム曲なんかはもう少しノリのいい曲を入れてもいい気がするほどで、サウンドはバンドモノと打ち込みモノで一貫性はないのだが、シリアスという点で一貫しているのでトータルではけっこうイメージが固定されている。当時の深田は不思議系やイロモノキャラ系ではなく、わりとおとなしそうな少女というイメージだったのでそういう意味では音楽面でもそのイメージを通した感じか。個人的にはシングルに関しては好きなんだけど、アルバム単位でもまあ悪くはない感じかな。けっこうカッチリイメージ作ってた上に、本人がピアノでアルバム出したり、歌手活動が終了したはるか後になって音楽番組でピアノ担当でレギュラー出演したりと素養はありそうなのに、歌手活動がイマイチ軌道に乗らなかったのは残念。

moon

印象度★★★☆☆

戻る