Calling

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
Calling 福山雅治 福山雅治 佐橋佳幸  
All My Loving 福山雅治 福山雅治 小原礼 8thシングル 最高2位 売上57.7万枚
Moon 福山雅治 福山雅治 小原礼  
言い出せなくて… 福山雅治 福山雅治 斎藤誠  
KISS AND KILL ME 福山雅治 福山雅治 斎藤誠  
恋人 福山雅治 福山雅治 佐橋佳幸 8thシングル両A面曲
遠くへ 福山雅治 福山雅治 小原礼  
MELODY 福山雅治 福山雅治 斎藤誠 7thシングル 最高5位 売上59.3万枚
Marcy's Song 福山雅治 福山雅治 佐橋佳幸  
10 IN THE CITY 福山雅治 福山雅治 斎藤誠  
11 IN MY HEART 福山雅治 福山雅治 小原礼  
12 Good Luck 福山雅治 福山雅治 斎藤誠  

 

初回特典8cmCD
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
SORRY BABY SION/OKAMOTO SION 小原礼 SIONのカバー
9thシングル『IT'S ONLY LOVE/SORRY BABY』としてシングルカット

リリースデータ

1993年10月21日 初登場1位 売上85.3万枚 Producer:GOOFY MORI.TAKURO KONNO BMGビクター

福山雅治5thアルバム。「MELODY」で本格的にブレイク。初動だけで最高売上を突破し、初の1位を獲得した。アレンジャー陣を一新したが、今回は本人がギターをほとんど担当しておらず、「KISS AND KILL ME」で斎藤誠と連名でクレジットされているのみである。初回盤はSIONのカバー曲を収録した8cmCD付属。次のシングルの両A面2曲目としてシングルカットされたのでレアではない。

ブレイクの勢いが現れており、明らかに前作までとは違う。初期の硬派さがほとんど無くなり、売れ線を意識したようなポップなラブソングが大半を占めているので、全体的にキラキラ感が増した。特にホーンアレンジを取り入れたウキウキ感満載の「All My Loving」はシングルの中では最もアイドルっぽいポップソングに仕上がっている。ロック調というよりかはアコースティックを生かしたポップなバンドサウンドといった印象が強くなったのも特徴。かなり心地よく聞けるし、音も良くなったような気がする。これは売れたのも納得のポップアルバム。

Calling  

印象度★★★★☆

戻る