伝言

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
PEACE IN THE PARK 福山雅治・白浜久 白浜久 白浜久  
DEAD BODY 福山雅治・白浜久 白浜久 白浜久  
まぼろし 福山雅治 佐野日出夫・白浜久 白浜久  
BLUE SMOKY 福山雅治 白浜久 白浜久  
古い友への手紙 福山雅治 白浜久 白浜久  
追憶の雨の中 福山雅治 福山雅治
補作曲:佐野日出夫
白浜久 1stシングル 100位圏外
かなしみは… 福山雅治・白浜久 白浜久 白浜久 1stシングルC/W
WHITE LIGHT WHITE HEAT 福山雅治 白浜久 白浜久  
WIND FROM JUNGLE 福山雅治 佐野日出夫・福山雅治 白浜久  
10 I LOVE YOU 福山雅治 白浜久 白浜久  

リリースデータ

1990年4月21日 100位圏外 Produced by 白浜久 BMGビクター

福山雅治1stアルバム。88年に俳優としてデビュー。90年3月に1stシングルを発売して歌手デビューした1ヶ月後に今作がリリースされた。本人は俳優よりも歌手志向が強く、本来は1年ほど前に歌手デビュー予定だったが、キーに合わない曲を歌い続けてポリープが出来てしまったため延期になっていたとされている。1stシングルからはそのままA面とC/Wを収録。白浜久はキーボードとプログラミングを全面的に担当しているほか、ほぼすべての曲でギターも担当している。福山本人は「まぼろし」で白浜と共同、「WIND FROM JUNGLE」では単独でギターを担当している。また同じ事務所のサザンオールスターズの野沢"毛ガニ"秀行が4,8,9に参加。当時は100位圏外で、ブレイク後も今作が100位以内に入ることは無く、売上記録は残っていない。

今作ではほとんど作曲させてもらっておらず、共作が1曲、単独作曲はデビュー作のみだが、これも補作曲クレジットがあり完全な単独ではない。作詞でも共作が3曲あるなどかなりプロデューサーに先導してもらっている印象だが、一応白浜久プロデュースは福山の希望とされている。サウンドは「かなしみは…」のピアノ+シンセ、ギターのみの「I LOVE YOU」以外はギターベースドラムのオーソドックスなバンドスタイルによるビートロック。しかし時代が時代だけにかなり響きが古く、特にドラムは00年代以降の感覚で聞くと打ち込みなんじゃないかというくらいしょぼい。後のベスト盤『Dear』『THE BEST BANG!!』で「追憶の雨の中」がリミックスされているので、後追いで聞く際にはこの曲だけは知っている人も多いと思われるが、ここまで変わっていたのかと驚くことは間違いないくらい違う音に聞こえてくる。全体的には硬派なロックナンバー主体。「僕」や「君」も使用しているが「俺」「お前」を多用したつまらない大人にはならないぜ!的なとんがった若者のロックンロールである。そこまで社会への不満をぶちまけて戦いを挑んでいるわけではないが、「普通とは違う道を行く俺」的な目線の曲が多い。いかんせん音が古いのもあるが、そもそもこんな感じのロックな生き様を歌うロックシンガー的な存在自体が90年代が進むにつれて時代に合わなくなっていったこともあり、正直「若かったな」の一言以外にはあまり感想が浮かんでこない作品である。それでも福山雅治の原点という意味では知らない人は1度聞いておいて損は無いと思う。前述のように2度リミックスされた「追憶の雨の中」はかなり現代風にリミックスされているので本当の意味での最初の音、というのとは違う。

伝言  

印象度★★☆☆☆

戻る