The Golden Oldies

No タイトル 作詞 作曲 編曲 原曲アーティスト
Factory Live Recording
青春の影 財津和夫 財津和夫 吉川忠英 チューリップ
ファイト! 中島みゆき 中島みゆき 吉川忠英 中島みゆき
飾りじゃないのよ涙は 井上陽水 井上陽水 井上鑑 井上陽水/中森明菜
秋桜 さだまさし さだまさし 吉川忠英 山口百恵
ルビーの指環 松本隆 寺尾聰 井上鑑 寺尾聰
雨のバス グ・スーヨン Hanada 吉川忠英 花田裕之
Studio Live Recording
ラスト・ダンスは私に 岩谷時子 POMUS DOC/
SHUMAN MORT
井上鑑 越路吹雪
お嫁においで 岩谷時子 弾厚作 井上鑑 加山雄三
プカプカ 象狂象 象狂象 井上鑑 ザ・ディランU
10 ケンとメリー〜愛と風のように〜 山中弘光・
高橋信之
高橋信之 井上鑑 BUZZ
11 勝手にしやがれ 阿久悠 大野克夫 井上鑑 沢田研二
12 ロックンロールの真最中 鮎川誠 鮎川誠 井上鑑 サンハウス
13 浅草キッド ビートたけし ビートたけし 井上鑑 ビートたけし
14 おでこにキッス 遠藤賢司 遠藤賢司 井上鑑 遠藤賢司
15 タイムマシンにおねがい 松山猛 加藤和彦 井上鑑 サディスティック・ミカ・バンド
16 そして僕は途方に暮れる 銀色夏生 大沢誉志幸 井上鑑 大沢誉志幸

リリースデータ

2002年6月26日 初登場2位 売上56.1万枚(300位集計) Produced by 福山雅治・グーフィ森 ユニバーサル

福山雅治1stカバーアルバム。正式なアーティスト名は「FUKUYAMA ENGINEERING GOLDEN OLDIES CLUB BAND」2002年は新作リリースは無かったが、02年1〜9月までフジテレビ系列で放送された「福山エンヂニヤリング」をレギュラーでやっていた。番組内でバンドを率いてカバー曲を披露するコーナーがあり、そこで披露したカバー曲を集めた内容。バンドメンバーは完全に固定されてはおらず、曲ごとのクレジットはあるが、バンドとしてのメンバークレジットは無い。録音は福山エンヂニヤリングの工場内(番組は工場が舞台で福山が工場長、テリー伊藤を副工場長という設定だった)と福山のホームグランドだという西麻布のスタジオにてスタジオライブによる1発録音で制作されている。宇多田ヒカル『DEEP RIVER』の2週目に及ばず、初動25.5万出しながらも2位だったが、ロングヒットとなった(11月に圏外となったが、この年の12月(03年度分)から300位集計に切り替わったため、12月になって再ランクイン。300位集計だが、移行前の1ヶ月分の売上がカウントされていない)。歌詞カード裏にはアルバム解説と本人の曲解説が記載されている。

スタジオライブということだが、ライブっぽい残響音は無く、1発録音による生音バンドサウンドという点が重視されたミックスになっているようだ。アコースティックなバンドスタイルが多いが曲によってはロック色が強いものもある。個人的に知っていたのが冒頭4曲+「お嫁においで」「勝手にしやがれ」の6曲しか無く、特に後半はさっぱり聞いたことのない曲ばかりだったのでイマイチ原曲と比べてどうとかは分からなかった。昭和の選曲ばかりで、原曲リリース当時は福山が生まれる前だったり、幼少期や少年時代に該当する曲が多く、福山本人よりも10歳以上は年上の世代の方が楽しめる作品なのではないだろうか。偉大な先人たちへの経緯を示したといった形だろうか。低音を生かしたボーカルは以前から魅力だったが、この頃からさらに磨きがかかっていった印象もあり、『SING A SONG』や『f』に続いてアコースティックギターにこだわった構成といい、今作以降のアコースティックバラード路線にも繋がっていくような気がする。

The Golden Oldies  

印象度★★★☆☆

戻る