ON AND ON

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
ON AND ON 福山雅治 福山雅治 小原礼 25thシングル『はつ恋』C/Wで『ON AND ON 09』としてリメイク
IT'S ONLY LOVE(ALBUM MIX) 福山雅治 福山雅治 斎藤誠 9thシングル 最高1位 売上117.5万枚
BLOOD 福山雅治 福山雅治 小原礼  
1985年 Factory Street 夏 福山雅治 福山雅治 小原礼  
熱いくちづけ 福山雅治 福山雅治 小原礼  
雨を聴きながら 福山雅治 福山雅治 小原礼  
Dear 福山雅治 福山雅治 小原礼  
ダンスしないか 福山雅治 福山雅治 小原礼  
明日へのマーチ 福山雅治 福山雅治 小原礼  
10 GLOAMING WAY 福山雅治 福山雅治 小原礼  
11 ぼくの朝 福山雅治 福山雅治 斎藤誠  

horn arranged by GREG ADAMS(4,10)

リリースデータ

1994年6月9日 初登場1位 売上71.2万枚 Producer:GOOFY MORI
Sound Producer:小原礼
BMGビクター

福山雅治6thアルバム。「IT'S ONLY LOVE」がシングル初の1位とミリオンセラーを記録した中でリリースされた。初動は15万近く上がったが累計売上、登場週数は前作を下回った。「IT'S ONLY LOVE」のみ日本で制作されているが、残りのアルバム曲はアメリカで制作された。このためアルバム曲はドラムとベース(小原礼)を除くギター、キーボード、シンセ、ホーンセクション等は全て現地のミュージシャンで固められている。この関係もあってか、本人は1曲もギターを弾いていない。今作まで毎年オリジナルアルバムを発表していたが、翌95年はベストアルバムとなり、96〜97年は完全に音楽活動を休止することになる。活動休止前最後のオリジナルアルバムとなった。

一言で言うと「売れ線」だった前作から一転してサウンド自体、全体的にどっしりしていて大陸的な雄大さを感じるアメリカンな雰囲気がある。アメリカンロックとでもいうのか、大陸的な雰囲気の曲は過去にもいくつかあったが、今作の雰囲気は明らかにそれらよりも格段にスケールが大きい。これはアメリカ録音に加えて、02年のスピッツのアルバムリマスターも担当したStephen Marcussenがマスタリングを担当している効果なのかもしれない。とにかく音の抜けが非常にいい。アップテンポで聞かせる曲やさわやかな曲よりはどっしりした聞かせる曲が多いが、後の『Dear』や『SLOW』に選曲された曲も多く、小粒ながら光る曲が並んでいる印象。この路線のまま続く大ヒットシングル「HELLO」「Message」を収録したオリジナルアルバムも聞きたかった。ここで一旦一区切りということもあって、初期福山雅治の集大成にして到達点のような1作。この時期のシングルなら次の『M-Collection』だけで十分だが、初期6作のオリジナルアルバムの中でどれか1作聞くなら今作がいいと思う。

ON AND ON  

印象度★★★★☆

戻る