Baby,It's Cold Outside

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
Sex and Summer 尾崎雄貴 Galileo Galilei Galileo Galilei  
時計塔 尾崎雄貴 Galileo Galilei Galileo Galilei  
コウモリかモグラ 尾崎雄貴 Galileo Galilei Galileo Galilei  
Chill Boy   Galileo Galilei Galileo Galilei Instrumental
リジー 尾崎雄貴 Galileo Galilei Galileo Galilei  
夢に唄えば 尾崎雄貴 Galileo Galilei Galileo Galilei  

リリースデータ

2012年10月31日 初登場19位 売上0.4万枚 Produced by Galileo Galilei SME Records

メンバー

Vocal,Guitar,Synthesizer&Programming 尾崎雄貴
Bass,Guitar,Synthesizer&Programming 佐孝仁司
Drums,Guitar,Percussion,Rhythm Machine,Synthesizer&Programming 尾崎和樹

Galileo Galilei2ndミニアルバム。2月のアルバム『PORTAL』からシングルなしでの発売となった。この間、9月にギターの岩井、前作で加入したばかりのキーボード野口が脱退を表明3人での再始動作となっている。岩井が先に脱退を表明し、追従して野口が脱退を表明したらしい。前作同様に共同生活をしている地元北海道の一軒家のプライベートスタジオ「わんわんスタジオ」で制作されている(脱退メンバーは脱退と同時に家を出た模様)。録音とミックスはバンドの単独名義となっており、アシストとしてスタッフが1人クレジットされているのみ。コーラスとしては1,2,4,6にさよならポニーテールのみぃなが参加している。初回盤は「リジー」のPVを収録したDVD付。

まさか5人になったばかりで、旧メンバーと加入したばかりのメンバーが同時に脱退するとは思わなかった。音楽性が合わなかったということだろうけど、今作での音楽性は突如変貌した前作『PORTAL』同様にシンセを多用した浮遊感溢れるサウンドになっている。作品だけ聞いているとメンバー脱退という危機などどこ吹く風で引き続きシンセサウンドに凝っている前作の続きのような内容であり(前作よりは多少シンプル)、2人もいなくなった寂しさはあまり感じられない。それだけ3人になっても目指す方向はしっかりしているのだろう。しかしシンセサウンド導入は音楽的成長へ向けての過渡期のようなものだと思ったが、今後もこの方向でシンセサウンドを追求していくということなのだろうか。それとも今作は前作でやりきれなかった事をやった延長作品で、次のシングルや3rdではもう少しギターロック寄りに戻って進化するのか。シングルのようなキャッチーな曲も無く、曲数が少ないので何とか聞けるものの、正直凝っているのは分かるが、終始ふわふわした感じなのでつかみどころが無くてあまり良さが分からない。既に1st頃とは別物になってしまったので相当ファンを手放してしまっているように思えるが…。

Baby,It's Cold Outside(初回生産限定盤)(DVD付) 初回盤DVD付  Baby,It's Cold Outside 通常盤 

印象度★★★☆☆

戻る