パレード

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
僕から君へ 尾崎雄貴 尾崎雄貴 Galileo Galilei 3rdシングル 最高15位 売上0.8万枚
稚内 尾崎雄貴 尾崎雄貴 Galileo Galilei  
18 尾崎雄貴 尾崎雄貴 Galileo Galilei  
ハマナスの花 尾崎雄貴 尾崎雄貴 Galileo Galilei デビューミニアルバム『ハマナスの花』収録曲
四ツ葉探しの旅人 尾崎雄貴 尾崎雄貴 Galileo Galilei 2ndシングル 最高20位 売上0.5万枚
夜の窓辺と四つ葉のクローバー 尾崎雄貴 尾崎雄貴 Galileo Galilei  
夏空 尾崎雄貴 尾崎雄貴 Galileo Galilei 1stシングル 最高14位 売上1.9万枚
フラッピー 尾崎雄貴 尾崎雄貴 Galileo Galilei  
どうでもいい 尾崎雄貴 尾崎雄貴 Galileo Galilei  
10 SIREN 尾崎雄貴 尾崎雄貴 Galileo Galilei  
11 管制塔(acoustic) 尾崎雄貴 尾崎雄貴 Galileo Galilei インディーズミニアルバム『雨のちガリレオ』収録曲 リメイク

※シングル200位以内データ

リリースデータ

2011年2月16日 初登場5位 売上2.5万枚 Produced by Galileo Galilei
Sound Produced by Sohshi Iihama
Brass Produced by Kayo Shimokawa(2)
SME Records

メンバー

Vocal&Guitar 尾崎雄貴
Guitar&Chorus 岩井郁人
Bass&Chorus 佐孝仁司
Drums&Chorus,Programming 尾崎和樹

Galileo Galilei1stアルバム。ミニアルバムで2010年にメジャーデビューし、シングル3枚リリース後、メジャーデビューから1年での1stアルバムとなった。メンバーは90年〜93年生まれでボーカルとドラムの尾崎は兄弟である。10代限定ロックフェス「閃光ライオット2008」でグランプリを獲得したのがデビューのきっかけ。この時の審査員特別賞がガールズバンドのねごとだった。ねごとがライブで地道に活動していくスタイルだったのに対して、Galileo Galileiはメジャーデビュー直後から大型タイアップ連発という往来のソニー典型パターンによる売り出しが行われた。初回盤はシングル3曲と「ハマナスの花」「管制塔」のPVを収録したDVD付。

典型的なソニー売れ線ポップロックバンドという印象はやはり強い。適度に聞きやすいサウンドに適度にいいメロディー、ボーカルもクセが無くて聞きやすいし、ソニー典型パターンの中でもかなりポップさやキャッチーさが突き詰められているような印象。ただ他と違って注目すべき点はこの若さで新人バンドにも関わらずほとんど外部介入されていない点である。サウンドプロデューサーのクレジットはあるが、楽曲クレジットは完全に自作名義。さらに「稚内」でブラスアレンジが施され、「稚内吹奏楽団」がサポートとして演奏しているのと、コーラス(5,6)、ピアノ(1,5,6)とサポート参加が非常に少ない。売れ線の宿命であるストリングスが一切入っておらず、プログラミングまでドラマーが手掛けるなど、売れ線をやりながらも自分たちでやるところは貫いている。ほぼ4人だけで構成したサウンドも、若さとバンドの勢いだけで力押しているわけではなくそれなりに凝っている。意外とブレない軸を持っている硬派なバンドなのかもしれない。シングルはどれもヒット曲らしい風格はあるし、アルバム曲でも耳に残る曲もある。ただ大ヒット曲とまではいかない感じもあり、その辺はまだ1stアルバムなので今後の成長に期待だ。

パレード(初回生産限定盤)(DVD付) 初回盤DVD付   パレード 通常盤 

印象度★★★☆☆

戻る