PORTAL

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
Imaginary Friends 尾崎雄貴 Galileo Galilei Galileo Galilei  
老人と海 尾崎雄貴 Galileo Galilei Galileo Galilei  
Kite 尾崎雄貴 Galileo Galilei Galileo Galilei  
Swimming   Galileo Galilei Galileo Galilei  
さよならフロンティア 尾崎雄貴 尾崎雄貴、佐孝仁司 Galileo Galilei 5thシングル 最高25位 売上0.6万枚
Freud 尾崎雄貴 Galileo Galilei Galileo Galilei  
Good Shoes 尾崎雄貴 Galileo Galilei Galileo Galilei  
明日へ 尾崎雄貴 尾崎雄貴、岩井郁人 Galileo Galilei 6thシングル 最高17位 売上1.0万枚
星を落とす 尾崎雄貴 Galileo Galilei Galileo Galilei  
10 Blue River Side Alone   Galileo Galilei Galileo Galilei  
11 青い栞 尾崎雄貴 尾崎雄貴 Galileo Galilei 4thシングル 最高9位 売上2.8万枚
12 スワン 尾崎雄貴 尾崎雄貴 Galileo Galilei 4thシングルC/W
13 花の狼 尾崎雄貴 Galileo Galilei Galileo Galilei  
14 くじらの骨 尾崎雄貴 Galileo Galilei Galileo Galilei  

※シングル200位以内データ

リリースデータ

2012年1月25日 初登場10位 初動1.2万枚、売上1.9万枚 Produced by Galileo Galilei
Sound Produced by Sohshi Iihama(5,8,11,12)
SME Records

メンバー

Vocal,Guitar,Synthesizer&Programming 尾崎雄貴
Guitar,Bass,Chorus,Synthesizer&Programming 岩井郁人
Bass,Guitar,Synthesizer&Programming 佐孝仁司
Drum,Guitar,Percussion,Rhythm Machine,Synthesizer&Programming 尾崎和樹
Piano,Organ,Bass,Percussion&Programming 野口一雅

Galileo Galilei2ndアルバム。前作から11ヶ月での発売。1stアルバムリリース後に、地元北海道に戻り、家を借りて共同生活を開始。その自宅にプライベートスタジオを設立し、レコーディングからトラックダウンまで全てメンバー自ら手掛けている。実際に録音ミックスのクレジットには大半の曲にバンド名がクレジットされている。数曲数名バンド外の名前もあり、完全に全てではないようだがミックスに関してはシングル曲以外が全てメンバーという表記。3枚のシングルをリリースした後の12月14日に新たに野口一雅の加入が発表された。野口は2011年春頃からサポートで参加していたとされており、今作収録のシングル曲にも最初から参加していたようだ。初回盤はシングル3曲のPVを収録したDVD付。今作以降リリースが1枚も無いまま、2012年9月に加入したばかりの野口とギターの岩井が脱退を表明した。岩井が先に脱退を表明し、追従して野口が脱退を表明したらしい。これにより3人組となる。

再生した途端にシンセ全開の浮遊感溢れるサウンドが展開したのでCDを間違えたのかと思ったら流れてきたボーカルは尾崎雄貴のものなので間違っていなかったと気づいた。1曲目は意欲的に攻めたのかと思ったがほぼ最初から最後までシンセ全開で雲の中を浮遊しているようなふわふわした質感の曲調が延々と続く。1stでの彼らはギターポップ系のバンドだったはずだ。1stの時点でも外部プロデューサーを招かず自分たちの音楽を追求している感はあったが、今回地元に戻って自宅スタジオで全部制作するなど自分たちの音楽をより突き詰めて追求することにしたようで、その結果が今作ということらしい。ボーカル尾崎の単独作曲で全部埋まっていた1stから一転、作曲もバンド名義になっている。ただメンバー全員で自分の楽器を弾きながらバンドサウンドを作っていったといよりかは、メンバー全員でコンピューターとにらめっこしながら音を足して作りこんだという印象が強い。実際クレジットでも全員がシンセやプログラミングを担当、さらに本来の自分の担当楽器以外の楽器までクレジットされている。結果かなり作りこんだ感の強いサウンドに仕上がって、新たな境地に立ったように思う。ライブどうすんだろう?という気もするけど。

ただいかんせんパッと聞いてのキャッチーさがほとんど無く、最初に書いたようにほとんどの曲が似たような雰囲気でふわふわしているので何とももどかしいというかすっきりしないというか、途中で飽きてきてしまう。ボーカルも楽器の1つと捉えて音に浸る感じで聞けばけっこう「漂っている」感が心地良かったりもするし、1曲1曲はかなり作りこんでいるのは分かるが、好きかどうかと言ったらあまり好きな作品ではない。彼らがやりたい音楽がこれなのかといえばそうなのかも分からない。追求して辿り着いた結果が今回はこれだっただけでこの路線で続けていくということではたぶんないと思う。恐らく今作は過渡期的な作品になるのではないだろうか。そういう意味では次回作以降で彼らがどんなふうに進化していくのは非常に楽しみである。

PORTAL(初回生産限定盤)(DVD付) 初回盤DVD付   PORTAL 通常盤 

印象度★★★☆☆

戻る