first kaleidscope〜君の家に着くまでずっと走ってゆく〜

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 君の家に着くまでずっと走ってゆく AZUKI 七 中村由利 古井弘人 後に2ndシングルとしてリメイク
2 二人のロケット AZUKI 七 中村由利 古井弘人 後に3rdシングルとしてカット
3 Sky AZUKI 七 中村由利 古井弘人 後に4thアルバム『I'm waiting 4 you』でリメイク
4 dreaming of love AZUKI 七 中村由利 古井弘人  
5 永遠に葬れ AZUKI 七 中村由利 古井弘人  
6 A crown AZUKI 七 中村由利 古井弘人  

リリースデータ

1999年12月4日 100位圏外 TENT HOUSE

メンバー

vo.music 中村由利
key.lyrics、cover photo AZUKI 七
key.arrange 古井弘人
g 岡本仁

GARNET CROWインディーズ1stミニアルバム。インディーズといってもGIZA運営のインディーズレーベルからのリリースで翌年3月にはGIZA studioからメジャーデビューしているため、実質的なプレデビュー作品となる。11月27日にはHMVとタワレコで先行発売され、そちらは一部曲順が異なる。本来の綴りはkareidoとなるはずだが「o」が抜けているのは間違えたのか意図的なのかは不明。岡本仁志の名前が「仁」となっているが、当時は「志」が無く(読みは同じ)00年後半のソロデビューの際に改名するまではこの名義で活動していた。「君の家に着くまでずっと走ってゆく」はメジャーデビュー作品(1st2nd同時発売)としてリメイクされたが、今作のバージョンがindies ver.として後のベスト盤に2回収録されている。「Sky」も4thアルバムでリメイクされている。「二人のロケット」も3rdシングルとして発売されているが、アレンジは同じ。その上で再録音しているのかいないのかは不明。AZUKI 七のFC会報における発言では今作のバージョンとシングルバージョンは異なるとされていたそうだが、生音リメイクされ明確に音源が異なる1stアルバム収録Ver.に言及していない不自然さからこの発言すら確実なものではない。

今作を聞いたのはメジャー10作品を聞いてから。どのアーティストも音楽性の変化により初期の作品はかなり別物、ということが多いがGARNET CROWはプロトタイプのようなインディーズデビュー作品の時点で既に完成されていたというのが分かる1作。「君の家に着くまでずっと走ってゆく」だけベスト盤で先に聞いていたのでこの頃はもう少しアコースティック色が強かったのかと思ったがそうでもなく、最初から葬式ソングもある一方で(ただし「ほうむれ」ではなく「ねむれ」と読む上にそこまで暗くない)、ミディアムばかりではなくアッパーな曲もある。ラストの「A crown」の後半にかけての盛り上がりは個人的にかなり好き。6曲ながら密度は濃いと思う。個人的にフルアルバムになると世界観にやや入りにくいところがあったんだけど、この曲数と長さだとけっこうじっくり聞き込めた。ただわずか3ヵ月後に控えたメジャー盤と比較すると音圧にはかなり差があり、今作はやや小さい。インディーズとメジャーの環境の違いだろうか。「二人のロケット」の違いがよく分からないのはこの音圧の差だけでもけっこう違って聞こえるためだ。


参考画像:冒頭Leftチャンネルの今作と半年後に発売されたシングル盤の波形比較

first kaleidscope  

印象度★★★★☆

戻る