Terminus

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 Nostalgia AZUKI 七 中村由利 古井弘人 34thシングル 最高10位 売上1.0万枚
2 trade AZUKI 七 中村由利 古井弘人  
3 Maizy AZUKI 七 中村由利 古井弘人  
4 白い空 AZUKI 七 中村由利 古井弘人  
5 Life goes on! AZUKI 七 中村由利 古井弘人  
6 P.S GIRL AZUKI 七 中村由利 古井弘人  
7 海をゆく獅子 AZUKI 七 中村由利 古井弘人  
8 鏡にみた夢 AZUKI 七 中村由利 古井弘人  
9 The Someone's Tale AZUKI 七 中村由利 古井弘人  
10 closer AZUKI 七 中村由利 古井弘人  

リリースデータ

2013年3月20日 初登場9位 売上1.6万枚 Directed GARNET CROW GIZA studio

メンバー

Vocal,Chorus,All Songs 中村由利
Keyboards,All Lyrics AZUKI 七
Keyboards,All Arrangement 古井弘人
All Guitars 岡本仁志

GARNET CROW10thアルバム。前作以降の作品はC/W集と2012年9月の「Nostalgia」のみだったので、残り9曲が新曲となった。ここ数作、ラストを思わせるような作品タイトルが続いていたが、今作はタイトルが「終点、終着駅」を意味し、最終曲が「closer」とさらに決定的なものとなっていた。案の定、発売後のツアーにて解散を発表。公式の解散表明に理由は一切表記されていないが、ライブで解散を伝えた際に中村が「すべてを出し切った」と語ったとされている。売上は前オリジナルアルバムより下がったものの、前オリジナルアルバムで逃したトップ10入りに返り咲き、オリジナルアルバム全10作のうち8作がトップ10入り(逃した2作は共に11位)と最後まで一定以上の人気をキープしたまま活動終了となった。初回盤はPVとメイキングを収録したDVD付。

ここのところポップに振り切ってかなり積極的に幅を広げようとしていたが、今作は真新しい事は無く、最終作であることを前提としたこれまでの集大成のような内容。最後にベスト盤、というグループは多いけど最後前提のオリジナルアルバムというのはなかなか難しい。制作中に意見割れして解散決定とか、シングル溜まってたけどオリジナル出せないまま、みたいな終わり方の方が多い。その確率が特に高いビーイングで、ここまで綺麗に最終作品を作り上げたというのが何だか感慨深い。どのアーティストも「結果的にこれが最後でした」の事後報告ばかりでその先の発展が聞きたかったものばかりだった…。愛内里菜も最終作前提のラストアルバムで引退したけど、あれはかなり最後ということで質感の異なる作品だった。今作には新鮮さは無いんだけど、最後までブレないGARNET CROWを通しきった。それこそ枠を広げようというなら岡本仁志の作編曲を導入するとか色々手もあったのに、岡本は最後までギタリストに徹して、作詞作曲編曲の完全分業も本当に一貫してやりきった(編曲は何回かグループ外部があるけど)。必要以上に最後を意識していないけど、紛れも無く最後と聞いて納得できるこれぞ終着点。お疲れ様でした。

Terminus(初回限定盤)(DVD付)初回盤DVD付  Terminus通常盤

印象度★★★★☆ 

戻る