GIRL NEXT DOOR

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
Winter Game 千紗&Kenn Kato 鈴木大輔 GIRL NEXT DOOR&石塚知生  
Drive away 千紗&Kenn Kato 鈴木大輔 GIRL NEXT DOOR&石塚知生 2ndシングル 最高3位 売上3.3万枚
Power of love 千紗&Kenn Kato 鈴木大輔 GIRL NEXT DOOR&石塚知生  
幸福の条件 千紗&Kenn Kato 鈴木大輔 GIRL NEXT DOOR&石塚知生 2ndシングル両A面曲
WINTER MIRAGE 千紗&Kenn Kato 鈴木大輔 GIRL NEXT DOOR  
情熱の代償 千紗&Kenn Kato 鈴木大輔 GIRL NEXT DOOR&石塚知生 3rdシングル 最高3位 売上3.1万枚
Fine after rain 千紗&Kenn Kato 鈴木大輔 GIRL NEXT DOOR&石塚知生  
Breath 千紗&Kenn Kato 鈴木大輔 GIRL NEXT DOOR&石塚知生 1stシングルC/W
Day's...   GIRL NEXT DOOR GIRL NEXT DOOR インスト
10 ESCAPE(Album Edit) 千紗&Kenn Kato 鈴木大輔 GIRL NEXT DOOR&石塚知生 3rdシングル両A面曲
11 Winter Garden 千紗&Kenn Kato 鈴木大輔 GIRL NEXT DOOR&石塚知生  
12 Climber's high 千紗&Kenn Kato 鈴木大輔 GIRL NEXT DOOR&石塚知生  
13 NEXT DOOR   鈴木大輔 GIRL NEXT DOOR インスト
14 偶然の確率(Album Edit) 千紗&Kenn Kato 鈴木大輔 GIRL NEXT DOOR&石塚知生 1stシングル 最高3位 売上5.8万枚

Strings Arranged by 村山達哉(5,10)、GIRL NEXT DOOR(13)

※シングル200位以内データ

リリースデータ

2008年12月24日 初登場3位 売上21.1万枚 Produced by avex trax
Executive Producer:正人MAX松浦
Sound Producer:鈴木大輔
Wordstylist:Kenn Kato
エイベックス

メンバー

Vocal 千紗
Keyboards 鈴木大輔
Guitar 井上裕治

GIRL NEXT DOOR1stアルバム。9月のデビューから4ヶ月での1stアルバムとなった(メンバーは休みが無く、世間の流行などもスタッフに聞いて把握していたほどだったと語られている)。エイベックスが社運をかけて売り出すということで驚異的なプロモーションと大プッシュが展開された。過去のdream、day after tomorrow、AAAらも破格の猛プッシュだったが、それすら超える勢いは初の「Produced by avex trax」という表記にも現れている。サウンド面の核を握る鈴木大輔は事実上解散している(一応休止扱い)day after tomorrowメンバー。dat時代はギターの北野との2人で作曲者という立場だったが、このユニットでは全作曲を手がけていて、サウンドプロデューサーに出世している。ギターの井上裕治もWish*というボーカル&ギターユニットのメンバーで、解散を経験している。これら男性2人に関しては過去の所属グループ経験が公式に記載されている。実は千紗もまたMa-Kissというダンスユニットのメンバーだったのだが、このことは黒歴史にされていて公式では一切触れていない。Ma-Kissの公式プログなども既に抹消されていて無かったことになっている模様。メンバー以外では石塚知生はdatにも編曲家として参加していた(datは五十嵐充がサウンドプロデューサーだったが、曲によって石塚を起用)。Kenn Katoは作詞家ということだが、全曲にクレジットされているので千紗の作詞の補助というか、実質的なメインライターっぽい気がする。

初回盤はシングル3曲+「Winter Game」のPV収録のDVD付。さらにTSUTAYA、mu-mo限定のパッケージも発売され、CD+DVD、CD+2DVDの合計4パターンが発売されている。内容の違いは限定DVDの内容で、「偶然の確率」PVの別バージョンが3パターン(計12パターン)ずつ収録されているというもの。

社運をかけているだけあって、ダンスポップロックすなわちエイベックス王道と聴いて浮かぶ90年代的なサウンドが全開。その勢いはすさまじく全曲がシングル級の勢いに満ちている。この上ない売れ線全開J-POP王道なアルバム。変な曲一切なし。バラード曲のバランスも良い。シングルに頼らないアルバム曲のレベルの高さ(デビュー曲をわざわざ最後に!)も素晴らしく、よく比べられるというかほとんどソックリなday after tomorrw以上のパワーがあると思う。個人的にはmisonoのボーカルの方が魅力的だと思うのだが、アルバムレベルで考えると今作の方がいい。また冬3部作ということで、Winter〜が3曲あるけど、こういうサウンドには冬が似合う。ただ全曲パワーがありすぎるのも逆に疲れるというマイナス面も確実にあり、ここは微妙なところだが…1stだしまあとにかく勢いを示したということでOKなんだろう。それにしてもてっきり井上も作曲しているのかと思っていたので、鈴木1人でよくここまで頑張ったなという印象。

ただ1stはこれでいいとして、今後どうするんだろうか?実は王道エイベックスとして完成されすぎている以上、グループ独特の持ち味とか今後の発展がほとんどないような気もする。この勢いが続いてもせいぜいアルバム2,3枚が限度なんじゃないだろうか。ていうかそんなに先のこと考えてなさそうなんだよな…。あと全曲タイアップということで、インスト曲にまで漏れなくタイアップがついているのは凄いがそのほとんどがかかっていてもどうでもいいバラエティや情報番組のタイアップということで、ほとんどタイアップとして記憶しているものが無い。ただ「全曲タイアップ」っていう表記をやりたいだけだったのだろうか。

GIRL NEXT DOOR(DVD付) DVD付    GIRL NEXT DOOR CDのみ

印象度★★★★☆

戻る