BELOVED

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
GROOVY TOUR TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英  
Lovers change fighters,cool TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英  
BELOVED TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英 9thシングル 最高3位 売上84.1万枚
SHUTTER SPEEDSのテーマ TAKURO JIRO GLAY/佐久間正英  
Fairy Story TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英  
カナリヤ TAKURO JIRO GLAY/佐久間正英  
HIT THE WORLD CHART! TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英  
a Boy〜ずっと忘れない〜 TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英 10thシングル 最高2位 売上27.3万枚
春を愛する人 TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英 11thシングル『口唇』C/W(カット)
10 カーテンコール TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英  
11 都忘れ TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英  
12 RHAPSODY TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英  

リリースデータ

1996年11月18日
2001年2月7日
2003年3月5日
初登場1位 売上152.3万枚 Produced by 佐久間正英 PLATINUM RECORDS(ポリドール)
エクスタシーレコード
東芝EMI

メンバー

Electric and Acoustic Guitar TAKURO
Electric and Acoustic Guitar HISASHI
Electric Bass JIRO
Vocal TERU

GLAY3rdアルバム。前作から9ヶ月でのリリースだが、元々の前作の発売予定(95年11月)からはちょうど1年くらいの時期である。シングル「BELOVED」は「グロリアス」以上のヒットとなり、勢いのある時期にリリースされ、初のミリオンセラーを達成。なお「a Boy〜ずっと忘れない〜」は今作の1週前に先行リリースされたためさほど伸びていない。後に「春を愛する人」がC/Wでリカットされた。初回盤はスリーブケース入りデジパックの特殊ジャケットになっている。

前作で確立したGLAYらしさがさらに開花した傑作。基本的には前作と同じというか、もうこれ以降ずっとGLAYらしさは変わらないのだが、ブレイク途中であったこの時期は勢いがあり、何よりメロディーがどれも耳に残る。ほとんどの曲はシングルにして出せるんじゃないかという名曲の連発。1はツアーの様子を歌詞にしているため、当時のサポートキーボードD.I.Eの名前が登場したり、4ではJIROが最初にボーカルを取っていたり、前作と違って、少し余裕も見える。個人的に最高傑作は今作か『HEAVY GAUGE』だと思う。そんなに青春の色が強いわけではないのだが、GLAY青春期の到達点は今作で、以降はセールス的なピークへ突入してもっと巨大な存在になっていく感じがする。

BELOVED       BELOVED 03年盤

※プラチナムレコードが無くなってしまったので、01年にはエクスタシーレコードから再発されたりと、レコード会社の関係がややこしいGLAYらしく、ゴチャゴチャな状況が続いたが、エクスタシーレコードも無くなった現在はEMIから03年に再発されたものが現行盤となっている模様。なお再発されているのは1stから今作までで、レコード会社が無くなって再発しただけなのでリマスターされたわけではない。

印象度★★★★★

戻る