灰とダイヤモンド

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 真夏の扉 TAKURO TAKURO GLAY 2ndシングルとして再録
2 彼女の“Modern…” TAKURO TAKURO GLAY 3rdシングルとして再録
3 KISSIN'NOISE TAKURO TAKURO GLAY 1stベスト『REVIEW』で再録
4 ひどくありふれたホワイトノイズをくれ TAKURO TAKURO GLAY  
5 RAIN YOSHIKI YOSHIKI/
TAKURO
GLAY 1stシングル(メジャーで同時発売) シングルとは別アレンジ
6 LADY CLOSE TAKURO TAKURO GLAY  
7 Two Bell Silence TAKURO TAKURO GLAY 4thベスト『THE GREAT VACATION VOL.2』で再録
8 千ノナイフガ胸ヲ刺ス TAKURO TAKURO GLAY 1stベスト『REVIEW』で再録
9 BURST TAKURO TAKURO GLAY 4thベスト『THE GREAT VACATION VOL.2』で再録
10 if〜灰とダイアモンド〜 TAKURO TAKURO GLAY  

リリースデータ

1994年5月25日
2000年9月13日(再発)
最高57位 売上5.1万枚 Produced by GLAY エクスタシー・レコード

メンバー

Vocal TERU
E.Guitar,A.Guitar TAKURO
E.Guitar HISASHI
Bass JIRO
Drums AKIRA

GLAYインディーズアルバム。同日にメジャーデビューシングル「RAIN」を発売。これ以前はデモテープの発売しか無かったため、インディーズ、メジャーで同時にCDデビューした。「RAIN」は今作にも収録されているが、今作ではバンドサウンドではないピアノメインのアレンジになっている。また「真夏の扉」「彼女の“Modern…”」も後に2nd、3rdシングルとして発売されたが、アレンジを変更している。さらに97年のベスト『REVIEW』でも2曲再録、09年の『THE GREAT VACATION VOL.2』でも2曲が再録されている。いずれにせよ今作収録のバージョンがベスト盤に収録される事は無く、今作のバージョンは7曲全て今作でしか聞くことができない

当時はドラムの固定メンバーAKIRAが在籍していたが今作のレコーディング終了後に活動方針を巡ってスタッフとの軋轢から94年1月に脱退。レコーディング終了やジャケット完成から発売までやや開きがあったため、発売時点で既にAKIRAは脱退していたが今作はAKIRA在籍の5人組として発売されている。またこれに続くメジャーでの2ndシングル「真夏の扉」とC/W「Life〜遠い空の下で〜」もAKIRAのドラムのまま発売されている。当時はランクインせず、98年になってランクインしている。何度か再発されているが00年に再発されたのが最後。20周年を迎えた2014年5月25日にはリミックス&リマスターに加えて、デモ音源や貴重映像を収録した2CD+DVDの『灰とダイヤモンド Anthology』がリリースされている。

非常に勢いのあるロックナンバーが並んでいてライブでは盛り上がりそうだが後に多くの人の心をつかんだようなメロディー重視の曲はほとんどない。かろうじて「ありふれたホワイトノイズをくれ」や「if〜灰とダイヤモンド〜」のおとなしめな楽曲にその片鱗が見える程度。後にリメイクされた曲が多いのでリメイクを先に聞いてしまうと今作はかなり荒い&しょぼく聞こえてしまうところもあるが、そもそもこの当時のインディーズの環境はあまり良くなかったようで全体に音がペラい。『灰とダイヤモンド Anthology』のリミックスとはまるで再録音かのように音が違っているのでアンソロジーシリーズの中でも最も聞き比べがいのある1作でもある。今作自体はそこまででもないがメジャーデビュー後の再録音バージョン、アンソロジーでのリミックスとそれぞれパワーアップ&激変していき、違いがとても分かりやすい。

灰とダイアモンド(94年盤)  灰とダイヤモンド 95年盤  灰とダイアモンド 00年盤

印象度★★★☆☆

2018.8.14修正

戻る