灰とダイヤモンド

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
真夏の扉 TAKURO TAKURO GLAY 2ndシングルとして再録
彼女の“Modern…” TAKURO TAKURO GLAY 3rdシングルとして再録
KISSIN'NOISE TAKURO TAKURO GLAY 1stベスト『REVIEW』で再録
ひどくありふれたホワイトノイズをくれ TAKURO TAKURO GLAY  
RAIN YOSHIKI YOSHIKI/
TAKURO
GLAY 1stシングル(メジャーで同時発売) シングルとは別アレンジ
LADY CLOSE TAKURO TAKURO GLAY  
Two Bell Silence TAKURO TAKURO GLAY 4thベスト『THE GREAT VACATION VOL.2』で再録
千ノナイフガ胸ヲ刺ス TAKURO TAKURO GLAY 1stベスト『REVIEW』で再録
BURST TAKURO TAKURO GLAY 4thベスト『THE GREAT VACATION VOL.2』で再録
10 if〜灰とダイアモンド〜 TAKURO TAKURO GLAY  

リリースデータ

1994年5月25日
2000年9月13日(再発)
最高57位 売上5.1万枚 Produced by GLAY エクスタシー・レコード

メンバー

Vocal TERU
E.Guitar,A.Guitar TAKURO
E.Guitar HISASHI
Bass JIRO
Drums AKIRA

GLAYインディーズアルバム。同日にメジャーデビューシングル「RAIN」も発売されているが今作ではバンドサウンドではなくほぼピアノのみのアレンジとなっていてシングル版とは異なっている。その後2nd、3rdシングルも今作収録曲から選ばれているがどちらもアレンジが違う。さらに97年のベスト『REVIEW』で2曲再録、09年の『THE GREAT VACATION VOL.2』でも2曲が再録されている。当時はドラムの固定メンバーAKIRAが在籍していたが今作のレコーディング終了の94年1月に脱退している。AKIRAのドラム担当音源は今作以外に2ndシングル「真夏の扉」とC/W「Life〜遠い空の下で〜」である。当時はランクインせず、98年になってランクインしている。何度か再発されているが00年に再発されたのが最後。20周年を迎えた2014年5月25日にはリミックス&リマスターに加えて、デモ音源や貴重映像を収録した2CD+DVDの『灰とダイヤモンド Anthology』がリリースされている。

まだまだ荒いなという感じで音もあまり良くない。勢いのある曲が多く、ライブでは盛り上がりそうだが後に多くの人の心をつかんだようなメロディー重視の曲はほとんどなく、かろうじて「ありふれたホワイトノイズをくれ」や「if〜灰とダイヤモンド〜」のおとなしめなサウンドにその片鱗が見えるかな程度。後にリメイク音源の方が演奏もボーカルも圧倒的にパワーが増しているため先に再録音源を聞いていると何だか初々しい感じがする。そういう意味では原点を感じる1枚である。

灰とダイアモンド(94年盤)  灰とダイヤモンド 95年盤  灰とダイアモンド 00年盤

印象度★★★☆☆

戻る