JUSTICE

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
WHO KILLED MY DIVA TAKURO JIRO GLAY  
ROUTE 5 BAYSHORE LINE(album ver.) TAKURO TAKURO GLAY 47thシングルC/W 
PARADISE LOST TAKURO TAKURO GLAY  
LOVE IMPOSSIBLE TAKURO TAKURO GLAY  
真昼の月の静けさに TAKURO TAKURO GLAY  
gestalt   HISASHI GLAY インスト
JUSTICE[from]GUILTY(album ver.) TAKURO HISASHI GLAY 46thシングル(47th同発) 最高3位 売上5.2万枚
傷だらけの太陽 TERU TERU GLAY  
運命論 TAKURO JIRO GLAY 47thシングル(46th同発) 最高4位 売上5.1万枚
10 SMILE TAKURO TAKURO GLAY  

Strings Arranged by 永井誠一郎(6,9)

リリースデータ

2013年1月23日 初登場1位 売上7.0万枚 Produced by GLAY loversoul music & associates

メンバー

Guitar TAKURO
Guitar HISASHI
Bass JIRO
Vocal TERU

GLAY11thアルバム。12thアルバム『GUILTY』と2枚同時発売。今作は佐久間正英を離れてメジャーでは初の単独セルフプロデュース作品となっている。セルフプロデュースで2枚同時リリースした先行シングル2作を収録。「Route 5 Bayshore Line」はC/W収録時は佐久間正英との共同編曲だったが、GLAY単独編曲で再録音されている。ドラマーは1〜6ではこれまで通りTOSHI NAGAIが担当しているが、7〜9では凛として時雨のピエール中野が担当している。これまで佐久間正英が担当していたキーボードは永井誠一郎が担当(2,3,4,5とストリングスアレンジでも参加)。今作の方が新曲が多かったせいか、今作の方が売れた。DVD付にはメンバーによるアルバム解説を収録。

GLAYの新たなサウンド、とされているが全体的にざらざらとしていて荒々しい雰囲気になっている。ギターサウンドを歪ませている部分では単純にノイズみたいで音が悪くも聞こえてしまうので少々好みではない部分もあるんだけど、セルフプロデュースということでいつものGLAYとは少し異なる新鮮さを感じられる。主にその部分を受け入れられるかで賛否両論になってしまったようだが個人的には『GUILTY』がイマイチだったので、今作の方がはるかに好感触。メロディーの良さまで新鮮さ重視でないがしろにされているわけではないし、むしろ王道サウンドだとマンネリ気味だったところを、いつもと異なるサウンドアプローチをしたことで飽きずに聞けるという部分が大きい。前述のようにもう少し音をクリアーにしてほしかったところはあるんだけど、新たなGLAY、個人的には大いにありだと思った。

JUSTICEDVD付  JUSTICE (CD only)CDのみ 

印象度★★★★☆

戻る