rare collectives vol.1

DISC-1
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
Life〜遠い空の下で〜 TAKURO TAKURO GLAY&土屋昌巳 2ndシングル『真夏の扉』C/W
INNOCENCE TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英 3rdシングル『彼女の“Modern…”』C/W
REGRET TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英 4thシングル『Freeze My Love』C/W
GONE WITH THE WIND TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英 5thシングル『ずっと2人で…』両A面曲
ACID HEAD TAKURO&
TERU
TAKURO GLAY&佐久間正英 5thシングル『ずっと2人で…』C/W
Believe in fate TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英 8thシングル『グロリアス』C/W
Together
(new verison with orchestra)
TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英 9thシングル『BELOVED』C/W
春を愛する人 TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英 11thシングル『口唇』C/W
I'm yours TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英 12thシングル『HOWEVER』C/W
10 Little Loverbirds TERU TERU GLAY&佐久間正英 13thシングル『誘惑』C/W
11 毒ロック HISASHI TAKURO GLAY 15thシングル『BE WITH YOU』C/W
12 ストロベリーシェイク JIRO JIRO GLAY 15thシングル『BE WITH YOU』C/W
13 It's dying It's not dying TAKURO TAKURO GLAY 15thシングル『BE WITH YOU』C/W
14 幸せになる、その時に。 TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英 新曲

 

DISC-2
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
INNOCENCE
(LIVE VERSION '95.6.12 IN SHIBUYA KOKAIDO)
TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英 6thシングル『Yes,Summerdays』C/W
見つめていたい
(GLAY TOUR '98 pure soul PAMHLET CD)
TAKURO&
長嶋三奈
TAKURO GLAY&佐久間正英 GLAY TOUR'98 パンフレット収録曲 
サバイバル
(LIVE VERSION '99.3.10 TOKYO DOME)
TAKURO TAKURO 佐久間正英&GLAY ビデオシングル『サバイバル』収録曲
MISERY
(From The Album「hide TRIBUTE SPIRITS」)
hide hide GLAY 『hide TRIBUTE SPIRITS』収録曲 hideのカバー
MISERY
(GLAY EXPO'99 SURVIVAL LIVE VERSION)
hide hide GLAY 18thシングル『HAPPINESS-WINTER MIX-』C/W
ここではない、どこかへ
(GLAY EXPO'99 SURVIVAL LIVE VERSION)
TAKURO TAKURO 佐久間正英&GLAY 18thシングル『HAPPINESS-WINTER MIX-』C/W
ひとひらの自由
(GLAY EXPO 2001“GLOBAL COMMUNICATION”
IN KYUSHU VERSION)
TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英 24thシングル『ひとひらの自由』C/W

リリースデータ

2003年2月5日 初登場3位 初動20.1万枚、売上25.8万枚 Produced by 佐久間正英 東芝EMI

メンバー

Guitar,Piano TAKURO
Guitar HISASHI
Bass JIRO
Vocal TERU

GLAY1stC/W集。Vol.2と同時発売。DISC-1は時系列にC/Wを収録(HISASHI曲、ライブ音源除く)、ラストに新曲を収録。DISC-2はC/Wやコンピ盤からライブ音源を中心に収録している。なお2625円と低価格。『GONE WITH THE WIND』は両A面曲だがこれまでオリジナルにもベストにも収録されておらず、C/W扱いされて今作に収録されている。2011年に続編のVol.3とVol.4が同時発売されている。

あくまでC/W集なので非常にファン向け。ブレイク前からブレイク期にわたるC/Wということで前半は実験的な曲よりもGLAY王道のメロディーを聞かせる曲が並んでいる。中には「春を愛する人」のようなベスト盤にも収録されるような人気名曲などもあるものの、メロディーにしても無難な感じの曲が多い。ブレイクした時期はさすがに楽曲の印象もグッと良くなっていくものの、11〜13は全部つながった組曲構成でJIROがボーカルだったり宗教音楽っぽかったりするのもあって実験に走る。新曲の「幸せになる、その時に。」はごく普通のバラード曲といった印象。C/Wを一気に回収できるので後追いのファンにはありがたい作品ではある。

ライブ音源やレア音源のDISC-2だがライブに行ってパンフ買った人しか聞けなかった『見つめていたい』あたりがかなりのレア音源になるのだろうか。少しレゲエっぽい感じだがライブパンフレットについてるにしてはかなりいい曲だと思う。またライブ音源が時系列になっているので徐々に会場の規模がでかくなっていくのも楽しめる。

rare collective vol.1

印象度★★★☆☆

戻る