rare collectives vol.4

DISC-1
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
TAKURO TAKURO GLAY,原田憲&佐久間正英 36thシングル『鼓動』C/W
僕達の勝敗 TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英 9thアルバム『LOVE IS BEAUTIFUL』収録曲
36thシングルC/W(カット)
ROSY TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英 37thシングル『Ashes.EP』2曲目
SORRY LOVE TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英 37thシングル『Ashes.EP』3曲目
STARLESS NIGHT TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英 1st配信シングル
38thシングル『VERB』通常盤C/W
-VENUS TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英 1st配信シングル
38thシングル初回盤C/W
chronos   HISASHI HISASHI 40thシングル『SAY YOUR DREAM』C/W インスト
春までは TAKURO TAKURO GLAY,永井誠一郎&佐久間正英 40thシングルC/W
HIGHCOMMUNICATIONS(RE-MIX 2011 Ver.) TAKURO Kombinat-12 GLAY,DJ Mass/VIVID Neon
&佐久間正英
8thアルバム『THE FRUSTRATED』収録曲リミックス 未発表音源
10 LET ME BE(RATW Ver.) TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英 ツアーパンフCD収録Ver.
ベスト『THE GREAT VACATION VOL.2 』収録曲のリアレンジ
11 Satellite of love(Acoustic Ver.) TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英 ツアーパンフCD収録Ver.
10thアルバム『GLAY』収録曲のリアレンジ
12 HEART SNOW〜心に降る雪〜 TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英 42ndシングル『Precious』C/W

Cello Arranged by 永井誠一郎(10)、Strings Arranged by 永井誠一郎(11)

DISC-2
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
野ばら 奥田民生 奥田民生 GLAY コンピ盤『奥田民生・カバーズ』収録曲
MOTHER NATURE'S SON John Lennon/Paul McCartney GLAY&佐久間正英 37thシングル『Ashes.EP』4曲目 ビートルズのカバー
WITH OR WITHOUT YOU Paul David Hewson/Dave Evans/
Adam Clayton/Larry Mullen
GLAY&佐久間正英 38thシングルC/W U2のカバー
SUFFRAGETTE CITY David Bowie GLAY&佐久間正英 39thシングル『紅と黒のMATADORA/I LOVE YOUをさがしてる』C/W
デヴィット・ボウイのカバー
THE MEANING OF LIFE Bryan Keith Holland GLAY 40thシングルC/W オフスプリングのカバー
冬のエトランジェ
(THE GREAT VACATION-extra-Live ver.)
TAKURO TAKURO GLAY 41stシングル『I am xxx』C/W MISIA提供曲セルフカバーライブ音源
彼女の“Modern…”(再録) TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英 42ndシングルC/W 3rdシングルの再録
生きてく強さ(再録) TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英 未発表音源 7thシングルの再録
Don't Look Back In Anger Noel Gallagher GLAY&佐久間正英 未発表音源 オアシスのカバー

リリースデータ

2011年3月9日 初登場6位 売上5.0万枚 Produced by GLAY&佐久間正英
DISC2-6 Produced by GLAY
loversoul music & associates

メンバー

Guitar TAKURO
Guitar HISASHI
Bass JIRO
Vocal TERU

GLAY4thC/W集。Vol.3と同時発売。03年に同時発売されたVol,1Vol.2のそのままの続編。構成も以前と似ており、DISC-1はライブ、カバー以外のC/W中心、DISC-2はカバーを中心に収録している。今回新曲は無いが未発表音源が多数収録されている。今作の主な収録範囲となる07年中盤〜10年までのC/Wの中では隠しトラックのライブ音源以外は全て収録されているが、さすがに41stシングルに収録されていたベスト盤の予告編(ベストDISC-3収録曲のダイジェスト)は収録していない。初回盤には07年に開催された「ROCK SHOCK VOL.4 at Shibuya O-EAST」のライブDVD付。その他、Vol.3と同時購入すると期間限定でネットラジオが聞けた。公式サイトで予約した場合はこのラジオの完全版CDが特典として付属したらしい。

DISC-1
この時期はライブでは盛り上がりそうないわゆる「いつものGLAY」攻撃的ロック路線及びたまにバラードというややパターン化した曲が並んでいる。どれもそこそこいいけどどれも同じような感じである。シングルは全部聞いていたが、この時期の曲の方がVol.3前半に比べると印象に残っていなかった。「僕達の勝敗」とか「春までは」はここに入るなら09年のベストに入れなくても良かったんじゃ…という気もするが、今回は09年のベストに無視された8thアルバム『THE FRUSTRATED』収録曲がVol.3と共にピックアップされているのはうれしいところ。ここだと「HIGHCOMMUNICATIONS(RE-MIX 2011 Ver.)」になるがこれはリミックスというよりかは打ち込みサウンドに差し替えたデジロックリアレンジといった感じ。曲調が曲調だけに明らかにこのバージョンの方が曲の良さを存分に引き出しており、かっこいい。これがこの曲の完成形といっていいだろう。ただ「LET ME BE(RATW Ver.)」はVol.3のDISC-2ライブ音源でもほとんど同じアレンジのピアノバージョン入ってたじゃん…という感じだし、同じくアコースティックアレンジの「Satellite of love(Acoustic Ver.)」と並んで、C/Wの間に唐突に入っているこの3曲は正直埋め合わせにしか思えない。Vol.3でも書いたが明らかに前回と同じ体裁で2枚同時にC/W集を出すには早すぎた。インスト「chronos」はそもそも「SAY YOUR DREAM」の前奏的扱いだったので単独で収録されても…という感じだが意外な事に「春までは」の前奏としてもそこまで違和感が無かった。

DISC-2
洋楽カバーが中心だが原曲になじみがあるのはオアシスくらい。このオアシスがほぼ原曲まんまで、奥田民生のこの曲は知らないがビートルズフレーバーなアレンジはまんま民生っぽい。基本的にどの曲もアレンジの色があまりGLAYには無い感じなので、基本的に原曲通りにやっているものと思われる。TERUの声が乗っかればどれもGLAY。あまりカバーの旨みみたいなものは感じなかった。再録音の2曲のうち「生きてく強さ」は初公開だが、「彼女の“Modern…”」同様に原曲アレンジほぼそのままでパワーアップしたという感じで大胆は変更はしていない。カバーでもセルフカバーでもあんまり変えないというのがGLAYの方針なのだろうか。それと何だか20周年では新録音ベストとかやりそうな気もする。

rare collectives vol.4(初回限定盤)(DVD付) 初回盤DVD付   rare collectives vol.4 通常盤 

印象度★★★☆☆

戻る