SPEED POP

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
SPEED POP(introduction)   佐久間正英 佐久間正英 インスト
HAPPY SWING TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英  
彼女の“Modern…” TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英 3rdシングル 最高45位 売上2.1万枚
ずっと2人で… TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英 5thシングル(カット) 最高34位 売上4.0万枚
この音源のみアウトロがフェードアウトする
LOVE SLAVE TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英  
REGRET TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英 4thシングルC/W
INNOCENCE TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英 3rdシングルC/W
Freeze My Love TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英 4thシングル 最高19位 売上7.2万枚
真夏の扉 TAKURO TAKURO GLAY/土屋昌巳 2ndシングル 最高24位 売上4.3万枚
10 Life〜遠い空の下で〜 TAKURO TAKURO GLAY/土屋昌巳 2ndシングルC/W
11 JUNK ART TAKURO TAKURO GLAY/佐久間正英  
12 RAIN YOSHIKI YOSHIKI/TAKURO YOSHIKI 1stシングル 最高26位 売上10.1万枚
シングルにあった冒頭の雨の音はカット

リリースデータ

1995年3月1日
2001年2月7日
2003年3月5日
初登場8位 売上32.0万枚 Produced by 佐久間正英、土屋昌巳(9,10)、YOSHIKI(12) PLATINUM RECORDS(ポリドール)
エクスタシーレコード
東芝EMI

メンバー

Electric and Acoustic Guitar TAKURO
Electric and Acoustic Guitar HISASHI
Electric Bass JIRO
Vocal TERU
Drums NOBUMASA(参加音源なし)

GLAY1stアルバム。94年5月25日に「RAIN」でメジャーデビューしたが同日にはインディーズアルバム『灰とダイヤモンド』もリリースしていた。メジャー最初のアルバムが今作となる。ここまでの4シングルをC/W含めて全曲収録(1stはC/Wなし)。「RAIN」は冒頭の雨の音がカットされた。また「ずっと2人で…」は次のシングルとしてシングルカットされた。今作ではアウトロがフェードアウトで終わっているが、シングルでは最後まで演奏されており、以降のベスト盤でもシングルバージョンが採用されている。1stシングルがYOSHIKI、2ndシングルで土屋昌巳がプロデュースを手がけたが3rdシングル以降は佐久間正英がプロデューサーとなり、そのまま佐久間正英がプロデューサーとして固定した。『灰とダイヤモンド』にも収録されていた1st〜3rdシングルは全てバージョンが違う。新たなドラマーとしてNOBUMASAが普通にジャケ写やブックレットにも映っているがこのアルバム発売直後に脱退。ドラマーは結果的に3人も立て続けに入れ替わり、そのままドラマー不在でGLAYの正式メンバーは4人となった。なお9,10では1つ前のメンバーAKIRA、それ以外はそうる透と湊雅史がサポートでドラムを叩いており、実はNOBUMASAは今作のレコーディングに一切参加していない。発売20周年を迎えた2015年にはリミックス&リマスターで『SPEED POP Anthology』がリリースされている。

初期だけに非常に見た目はV系っぽいんだけど、メロディーの良さなど幅広く受け入れられそうな要素はすでににじみ出ていてGLAYの基本線はこの頃から大きく変わっていないことが分かる。後にカラオケで大人気となる「ずっと2人で…」など全盛期の曲と並んでいい曲もあるにはあるけど、次回作以降の飛躍があまりに凄すぎて今作はまだ普通というか…。ほとんどの曲が後のベスト盤に収録されてしまった事もあり、1,5,11くらいしか今作のみの収録という曲が無い。それ故に今作を通して聞くことって実はあまりなかったりも。

SPEED POP      SPEED POP 01年再発盤  SPEED POP 03年再発盤

※プラチナムレコードが無くなってしまったので、01年にはエクスタシーレコードから再発されたりと、レコード会社の関係がややこしいGLAYらしく、ゴチャゴチャな状況が続いたが、エクスタシーレコードも無くなった現在はEMIから03年に再発されたものが現行盤となっている模様。

印象度★★★☆☆

戻る