UNITY ROOTS&FAMILY,AWAY

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
WE ALL FEEL HIS STRENCTH OF TENDER TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英  
またここであいましょう TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英 26thシングル 最高2位 売上25.6万枚
girlish MOON TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英  
Way of Difference TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英 25thシングル 最高1位 売上73.0万枚
航海 TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英  
ゆるぎない者達 TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英  
夏の彼方へ(Johny the unity mix) TAKURO TAKURO TAKURO&佐久間正英 『映画版「未来日記」オリジナル・サウンドトラック』収録曲
neverland TAKURO JIRO GLAY&佐久間正英  
彼らのHOLY X'MAS TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英  
10 Father&Son TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英  
11 卒業まで、あと少し TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英 25thシングルC/W
12 Friend of mine TAKURO TAKURO GLAY&佐久間正英  
13 ALL STANDARD IS YOU〜END ROLL〜 TAKURO TAKURO TAKURO&dj honda 6thアルバム『ONE LOVE』収録曲 リアレンジ

リリースデータ

2002年9月19日 初登場1位 初動28.0万枚、売上42.4万枚 Produced by 佐久間正英 UNLIMITED RECORDS

メンバー

Guitar,Piano TAKURO
Guitar HISASHI
Bass JIRO
Vocal TERU

GLAY7thアルバム。前作から1年経過せずにリリースされた。前作まではGLAYがアルバムを出すというのはかなりの一大事でけっこう騒がれていたが今作はほとんど話題にならなかった。シングル「逢いたい気持ち」は未収録。「Way of Difference」は冒頭サビがカットされたアルバムバージョンとなっている。「夏の彼方へ」はサントラのみに収録されていた楽曲で、別バージョンとして収録された。

最も異色のアルバム。押し押しのナンバーばかりの前作とは完全に対照的に非常にスローでバンドっぽくない曲ばかりが入っていてなんだか退廃的な雰囲気すら感じるアルバム。ジャケ写からブックレットまで全てセピアで統一されているため暗い感じはいっそう深まる。いきなりストリングス&ゴスペル調&全英語詞&バンドっぽくない、とこれまでにない曲調で驚く。なんだか詞も内省的だし、中盤にはどこがサビだか分からないような曲があったり。どうやら前作と同じ時期に制作されたとかで前作はとにかくスピード感のある曲ばかり収録したのでその時余っていたのを収録したらこうなったのか…。2だけがいつもの王道バンドサウンドなのだがなんだかひどく浮いて聞こえてしまう。これならバラード『逢いたい気持ち』のがこのアルバムには合っていた気もするがそうすると本当に暗いアルバムになるので1曲くらい起爆剤みたいのがあったほうがやはり良かったか。13は前作の1曲目に収録されていた曲をリミックス。バンドっぽさを失い、ラップまで入ってるのだが前のが良かった。これなら前作がかなりの名盤だったと思えた

UNITY ROOTS & FAMILY AWAY

印象度★★☆☆☆

戻る