Lights

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
Many Classic Moments 小室哲哉 小室哲哉   26thシングル(同時発売) 最高24位 売上2.7万枚
Merry Go Round 小室哲哉 小室哲哉    
What's the justice? KEIKO&MARC 小室哲哉   25thシングルC/W
genesis of next 小室哲哉&MARC 小室哲哉   25thシングル 最高8位 売上9.6万枚
Come Into Existence MARC 小室哲哉 MARC  
女神 小室哲哉 小室哲哉    
try this shoot KEIKO 小室哲哉   23rdシングル 最高10位 売上7.6万枚
Stop! In the Name of Love E.Holland/L.Dozier/B.Holland 小室哲哉 24thシングル 最高7位 売上14.4万枚 スプリームスのカバー
Lights brought the future 小室哲哉 小室哲哉    
10 fade in2   小室哲哉   インスト

Rap Words:MARC(1,7,8,9)
編曲表記があるのは2曲のみだが、全て小室と思われる。

リリースデータ

2002年2月6日 初登場2位 売上27.7万枚 Produced by 小室哲哉&globe エイベックス

メンバー

小室哲哉
KEIKO
MARC

globe7thアルバム。シングル4作とC/Wを収録(それ以外のC/Wは全てリミックスなので実質オリジナル曲は全て収録)。シングルは全てアルバムバージョンとして大きく変更されている模様。「Many Classic Moments」はシングルとして同時発売されたため売上は不振だったが、同じ条件だった「garden」よりはヒットしている。「Stop! In the Name of Love」はドラマ『スタァの恋』主題歌として通常よりヒットするなど、下がる一方だった売上は復調。今作も初動だけで前作の累計に迫る売上を記録した(Tommy feburuary6が1位だった)。00年代以降のオリジナルアルバムでは最大のヒットとなり唯一の20万枚突破作品(00年代の20万以上のヒットはユーロリミックスと04年のベスト盤のみ)。2ヶ月後に発売された『Lights2』とは連作になっている。

本格的にトランス路線に転換。今作ではメロディーのキャッチーさやポップさとトランスを融合させるのにかなり注力した感じで、歌メロのキャッチーさがだいぶ戻ってきている。トランス期のglobeの中では最も聞きやすい1作に仕上がっていると思う。とはいえ完成度の高さは置いておいても、後はトランス自体に馴染めるかというところになってくる。トラック重視のやたら長い構成になりがちで、7分8分も当たり前のような状態だし、長い分だけずっと歌っているわけではなく、そのほとんどがトラックのみ。歌メロのキャッチーさでかなり聞きやすいとはいえ、トランスが、というかそもそも電子音主体で高揚感を煽るタイプの音楽自体がそんなに好きじゃないので、そこまで今作の良さを実感することはできなかった。とはいえベスト盤『globe decade』のDISC-3で初めてこの時期の曲を聞いて唖然とした頃よりはかなりすんなりとは聞けた。また小室サウンドが好きで、売れてた頃のglobeが好きだったという人であれば1度は聞いておいて損は無いと思う。

Lights  

印象度★★★★☆

戻る