maniac

DISC-1
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 Soldier 小室哲哉 小室哲哉 小室哲哉  
2 Please don't give up MARC&TK 小室哲哉 小室哲哉  
3 Why Why tell me Why KEIKO 小室哲哉 小室哲哉  
4 from the beginning 小室哲哉 小室哲哉 小室哲哉  
5 Appreciate 小室哲哉 小室哲哉 小室哲哉  
6 orbit   小室哲哉 小室哲哉 インスト
7 Tokyoという理由 小室哲哉 小室哲哉 小室哲哉  
8 Shine on you 小室哲哉 小室哲哉 小室哲哉  
9 SIMPLOVE MARC 小室哲哉 小室哲哉  
10 About Me 小室哲哉 小室哲哉 小室哲哉  

Rap Words:MARC(1,3,7)

DISC-2
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 Judgement(Band Version)/globe 小室哲哉 小室哲哉 小室哲哉 10thアルバム『globe2 pop/rock』収録曲 リメイク
2 LOST(Band Version)/globe 小室哲哉 小室哲哉 小室哲哉 10thアルバム『globe2 pop/rock』収録曲 リメイク
3 to solid snake/TETSUYA KOMURO   小室哲哉 小室哲哉 小室ソロ曲 インスト
4 maunalua bay/TETSUYA KOMURO   小室哲哉 小室哲哉 小室ソロ曲 インスト
5 cosmic dream(Short Edit)/245 245 MARC   245 1stミニアルバム『Experience』収録曲
6 1000Lights(French Version)/245 245 MARC   245 後に2ndアルバム『Tainted Love』収録
7 Reason(LA Updated Mix)/keiko 小室哲哉 小室哲哉 小室哲哉 keikoソロ曲
8 HUMANRACE/keiko 小室哲哉 小室哲哉 小室哲哉 keikoソロ曲 KEIKO名義でのソロシングル『KCO』収録曲 最高8位 売上2.3万枚
9 海との友情/keiko 小室哲哉 小室哲哉 小室哲哉 keikoソロ曲 KEIKO名義でのソロシングル『KCO』収録曲(デモ)の完成版
10 be true/Cyber X feat.keiko 小室哲哉 RAMON ZENKER 小室哲哉 シングル 最高18位 売上1.8万枚

245=MARC,CHAMI,DANIELによるユニット。04年,07年にアルバムを2枚リリース。

Rap Words:MARC(1,2)、STEVE I.
Track Produced in IBIZA by Dan2,Serge&Dado(5,6)

※シングル200位以内データ

リリースデータ

2006年3月23日 初登場12位 売上2.8万枚(300位集計) Produced by 小室哲哉 avex trax

メンバー

小室哲哉
MARC PANTHER
KEIKO

globe11thアルバム。「Soldier」がシングル化される予定もあったとされているが発売中止となり、シングルなしでのオリジナルアルバム発売となった。DISC-1は全曲新曲のオリジナルアルバム。DISC-2は前作収録曲のバンドバージョン2曲とメンバーのソロ曲を収録。ソロ曲の中には数年前に既にシングルやアルバム収録曲として発表されていた曲もいくつかある。2枚組ながら定価は3150円だった。「Soldier」が花王のCMタイアップに起用されていたものの、シングルなしである事、タイトルなどから敬遠されたのか売上が伸びず、トップ10入りを逃した。

DISC-1
サウンドの方向性は前作同様にコンパクトなポップミュージック然としている(10曲で40分台前半)。ただ前作のようなキャッチーさが皆無で、ひたすら地味な曲が並んでいる。そういう意味で前作と対極のような作品。とはいえ全盛期ですら4thアルバム頃には相当マニアックになっていたし、その後のトランス路線の方がよっぽどマニアックでとっつきにくかったと思うのでマニアックというタイトルをつけるほどにマニアックなアルバムという気はしない。個人的にはトランス期よりは圧倒的に聞きやすく、それでいて聞き応えのあるトラックなんだけどやはりメロディーが地味なのでどうしても印象が薄くなってしまう。

DISC-2
まずバンドバージョン2曲が物凄くカッコいい仕上がり。この2曲が今作中最高の出来。03年にKEIKOソロシングルとして発売された「HUMANRACE」は特にシングルのリード曲だっただけに普通にいい曲。何故に3年近くも経って収録したのか謎だが(CCCD解除という利点はある)、シングルオンリーの入手しにくい曲になるよりはいいだろう。小室と245の曲は正直ワケが分からないが(特に245)、バンドバージョンとKEIKOのソロが思いのほか良かったので案外DISC-1よりも耳に残る曲が多い。

というわけでタイトルから覚悟するほどにマニアックな作品ではないが、やはりどこかとっつきにくいというかファン向け(それもglobeというより小室ファン)の作品という気はする。

maniac  

印象度★★★☆☆

戻る