Cello

No タイトル 作詞 作曲
1 涙がこぼれそう 松本ソウ 松本ソウ
2 夜行列車 河野丈洋 河野丈洋
3 ROMANCE 松本ソウ 松本ソウ
4 チェロ 松本ソウ、河野丈洋 松本ソウ、河野丈洋

リリースデータ

1998年12月12日 100位圏外 Produced by Ueken,GOING UNDER GROUND DNA CAPSULES

メンバー

Vocal&Guitar 松本ソウ
Guitar&Vocal 中澤寛規
Bass 石原聡
Drum 河野丈洋
Keyboards 伊藤洋一

GOING UNDER GROUNDインディーズ1stミニアルバム。今作がインディーズデビュー作となっている。マキシシングルのスリムケース仕様で4曲入り1000円だったため、実質的にシングルのような内容になっている。早くに廃盤となったため、プレミア化し、現在もかなりレアな作品となっている。MVが制作されたのは「涙がこぼれそう」だったが、実質的な表題曲の「チェロ」は後にベスト盤『COMPLETE SINGLE COLLECTION 1998-2008』に収録された。

既に上田ケンジ(Ueken)がプロデュースに入るなどメジャーの初期と同じ体制にはなっているものの、インディーズデビュー作ということもあり、やはりかなり荒い。松本のボーカルもまだ不安定で、「Cello」終盤で入ってくる中澤とのWボーカルも、メジャー以降だと明らかに本職ボーカリストが松本、サブが中澤という感じになるのだが、この時点ではあまり歌唱力に差が無い。ギターロックしているものの、メジャー以降に見られるような強力な胸キュン成分は薄く、まだ片鱗程度。それだけにここからの数年で急速に成長していったことが分かる原石的な1枚だ。

Cello

印象度★★★☆☆

戻る