思春期のブルース

No タイトル 作詞 作曲
1 RIDE ON 松本ソウ・中澤寛規 松本ソウ・中澤寛規
2 思春期のブルース 松本ソウ 松本ソウ
3 パーフェクト 松本ソウ 松本ソウ
4 夕方 河野丈洋 河野丈洋
5 APOLLO 松本ソウ・中澤寛規 松本ソウ・中澤寛規

リリースデータ

1999年9月23日 100位圏外 Produced by UEKEN,GOING UNDER GROUND John/UK Project

メンバー

VOCAL&GUITAR 松本ソウ
GUITAR&VOCAL 中澤寛規
BASS 石原聡
DRUM&VIOLIN 河野丈洋
KEYBOARDS 伊藤洋一

GOING UNDER GROUNDインディーズ2ndミニアルバム。ここまでシングルは発売していなかったが、翌年にはインディーズからシングルもリリースするようになる。インディーズ時代の作品はメジャー以降すぐに廃盤となったが、何故か今作のみは廃盤にならず全盛期でも容易く入手可能のままだった。

まだまだ荒い部分はあるが、前作よりもブラッシュアップされた印象の1作。冒頭2曲はギターロックのアップテンポで、まだ少し若い感じの松本のボーカルに、高音の中澤コーラスが被るタイプの楽曲となっている。ただメジャー以降のシングルのイメージに近いのはこの2曲だけで、残り3曲はテンポを落とした曲が続き、非常に寂しい感じが漂う。「夕方」では河野がドラムを叩かずにバイオリンを弾いていたり、ラストの「APPOLO」も暗くノイジーな曲でバンド史上最長の7分40秒の大作となっていて少々かったるい。勢いよくギターが鳴り響いてスタートするものの、聞き終えると非常に寂しい気持ちになる作品だ

思春期のブルース

印象度★★★☆☆

戻る