あっ、ども。おひさしぶりです。

No タイトル 作詞 作曲 備考
SUN SHINE!!! GReeeeN GReeeeN  
またね。 GReeeeN GReeeeN  
キセキ GReeeeN GReeeeN 7thシングル 最高1位 売上54.9万枚
君想い GReeeeN GReeeeN 8thシングル『扉』C/W(カット)
GReeeeN GReeeeN 4thシングル 最高8位 売上4.0万枚
サヨナラから始めよう GReeeeN GReeeeN  
地球号 GReeeeN GReeeeN  
旅立ち GReeeeN GReeeeN 6thシングル 最高10位 売上2.5万枚
no more war GReeeeN GReeeeN  
10 BE FREE GReeeeN GReeeeN 5thシングル 最高6位 売上4.7万枚
11 ボヨン科ボヨヨン歌〜愉快な大人達〜
feat. 2BACKKA&ユナイトバス
GReeeeN,
2BACKKA&
ユナイトバス
GReeeeN&
2BACKKA
 
12 涙空 GReeeeN GReeeeN 5thシングル両A面曲

※『キセキ』のみ100位以内データ、後のシングルは200位以内データ

学割盤、DVD付期間限定盤には13曲目『夜空のキセキ〜Orgel version〜』収録

リリースデータ

2008年6月25日 初登場1位 売上89.0万枚 Sound Produced by JIN ユニバーサル

メンバー

HIDE
navi
92
SOH

GReeeeN2ndアルバム。前作以降、トップ10常連になってはいたものの『愛唄』を越えるような大きなヒットは無かった。そこにドラマ「ROOKIES」主題歌に起用された「キセキ」がシングル初の1位を獲得して突如大ヒット。その勢いでリリースされた今作もアルバム初の1位を獲得した。学割盤2600円、及びDVD付期間限定盤3000円にはボーナストラック『夜空のキセキ〜Orgel version〜』とDVDがついて内容は同じである。通常盤は2600円だが、当然DVDは無く、ボーナストラックもついていない。

歌メロがキャッチーで聞きやすいのでけっこういいとは思っていたが、元々聞く気はなかった。たまたま弟が借りていたので、いっそ聞いてみるかということで聞いてみた。彼らはラップグループなのかと思っていたのだが、媒体によっては意味不明に「バンド」と形容しているところもあったりもしている。実際曲の方はHIP HOPっぽいクールなトラックというよりかは普通のJ-POP。ラップも出てくるが、けっこうサビ以外でも普通に歌っている箇所が多い。特に『キセキ』なんて大サビ部分以外は最初から最後まで完全に歌っているし。またラップグループにありがちな、パーティー系なノリばかりなのかと思いきや、MCやらDJやら言ってワイワイ盛り上がってるのは11くらいなもので、純粋なラブソングや応援歌が中心。要するに彼らはラップグループではなく、ラップも使用した4人組のボーカルグループである。メロディーはどキャッチーだし、歌詞も若者の日常を歌っており、共感を得られるものばかり。これは確かに売れるのも納得だ。同時に一時期はけっこうラップミュージックもお茶の間レベルになってきたかなとも思っていたが、結局ラップの方はあくまで要素になってしまい、歌メロ重視の風潮になってしまった辺り、日本人はメロディーが好きなんだな〜とも思う。かくいう自分もやはりこういうものを単純にいいと感じた。ただ、同時にかなり流行りモノ感も漂っている気もする。なんていうかサビは良メロ、それ以外はラップ要素を含んだメロディーというこの楽曲パターンにこれ以上の発展性はあるのかな?というか。アルバム1枚でもけっこうお腹いっぱいだったが、これが2枚3枚と続いたら個人的には必ず飽きる。

あっ、ども。おひさしぶりです。(初回限定盤)(DVD付) 初回盤DVD付(3000円、全13曲)   あっ、ども。おひさしぶりです。(期間限定盤)(DVD付)学割初回盤DVD付(2600円、全13曲)

あっ、ども。おひさしぶりです。(通常盤) 通常盤(全12曲)           あっ、ども。おひさしぶりです。(初回限定盤)(DVD付) 08年12月DVD付限定再発盤(全13曲)

印象度★★★☆☆

戻る