僕らをつなぐもの

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 僕らをつなぐもの 秦基博 秦基博 上田禎  
2 秦基博 秦基博 鈴木正人  
3 季節が笑う 秦基博 秦基博 上田禎  
4 シンクロ(Album Ver.) 秦基博 秦基博 上田禎 1stシングル 最高44位 売上0.6万枚
5 dot 秦基博 秦基博 鈴木正人  

リリースデータ

2007年3月7日
2009年1月21日(プレミアム・エディション)
初登場50位
初登場11位
売上1.0万枚
売上1.3万枚
Produced by 秦基博 BMG JAPAN

秦基博ミニアルバム。06年11月にシングル「シンクロ」でデビュー。「シンクロ」はアルバムバージョンにリアレンジして収録。後の1stアルバム『コントラスト』には表題曲「僕らをつなぐもの」はリアレンジ、「シンクロ」はシングルバージョンで収録された。1stシングルリリース後のミニアルバムに1stシングルをリアレンジして収録し、1stフルアルバムではシングルバージョンで収録し、ミニアルバムの表題曲は別バージョンで収録するというリリースパターンは事務所の先輩であるスキマスイッチが辿ったのと全く同じ手法だった。初回盤は06年12月に行われたクリスマスライブより、CDと同じ5曲の弾き語りライブ映像を収録したDVD付。今回入手したのは通常盤。

2ndアルバムリリース後、7thシングル『朝が来る前に』と同時発売でDVD付のプレミアム・エディションとして限定再発された。この際には1stC/W「やわらかな午後に遅い朝食を」、2ndC/W「プール」、4thC/W「風景(Acoustic Session with 冨田ラボ)」の3曲が追加収録され、付属DVDにもこの3曲のライブ映像が追加収録された。

本人演奏のアコースティックギターと歌を最大限生かしたようなアルバム。「青」がアコースティックギターとウッドベースとパーカッションという編成になっている以外はバンド編成でそのうち「僕らをつなぐもの」と「季節が笑う」はストリングスまで入れた編成にはなっているものの、あまり派手に盛り上げることをせずに楽曲にしっとり寄り添わせたような雰囲気。ミディアム〜バラードが並んでいる事もあって非常にじっくりソングライター兼ボーカリストの秦基博を聞かせるミニアルバムになっている。シングルの「シンクロ」だけはアップテンポな曲だがこれもシングル時よりもアコースティック感を強めた地味なアレンジに変更され、浮いてしまうことを回避している。ツートップ的存在である「僕らをつなぐもの」「シンクロ」はバージョン違いとはいえ1stアルバムでも聞けるので、後回しになってしまった作品だったんだけど、弾き語り+装飾という基本がブレていないことは確認できるので、後追いでも最終的には押さえておいて損はない1作だと思う。

僕らをつなぐもの(初回生産限定盤)(DVD付)初回盤DVD付  僕らをつなぐもの通常盤  僕らをつなぐもの(プレミアム・エディション)(DVD付)DVD付プレミアム・エディション(追加収録) 

印象度★★★☆☆

2016.1.24更新

戻る