Documentary

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
ドキュメンタリー 秦基博 秦基博 久保田光太郎  
アイ 秦基博 秦基博 松浦晃久 9thシングル 最高5位 売上2.3万枚
SEA 秦基博 秦基博 久保田光太郎  
oppo 秦基博 秦基博 久保田光太郎  
猿みたいにキスをする 秦基博 秦基博 久保田光太郎  
Halation 秦基博 秦基博 皆川真人 8thシングル 最高10位 売上1.7万枚
透明だった世界 秦基博 秦基博 久保田光太郎 10thシングル 最高13位 売上1.7万枚
今日もきっと 秦基博 秦基博 久保田光太郎  
パレードパレード 秦基博 秦基博 久保田光太郎  
10 朝が来る前に 秦基博 秦基博 島田昌典 7thシングル 最高5位 売上2.0万枚
11 Selva 秦基博 秦基博 久保田光太郎  
12 アゼリアと放課後 秦基博 秦基博 久保田光太郎  
13 メトロ・フィルム(Album ver.) 秦基博 秦基博 久保田光太郎 11thシングル 最高11位 売上1.0万枚

Strings Arranged by 上田禎(13)

Covers Hata Motohiro Sings 2007-2010(初回盤BボーナスCD)
No タイトル 作詞 作曲 編曲 原曲・備考
ミルクティー(Live at The Room) UA 朝本浩文 秦基博 UA
3rdシングル『青い蝶』C/W
夜をぶっとばせ 小西康陽 田島貴男 鹿島達也・上田禎 オリジナル・ラヴ
2ndシングル『鱗』C/W
晩夏(ひとりの季節) 荒井由実 荒井由実 武部聡志 荒井由実
6thシングル『フォーエバーソング』C/W
そろそろいかなくちゃ(Hata Motohiro ver.) スガシカオ スガシカオ 大橋卓弥/秦基博 スガシカオ 未発表音源
ラーメン'95/秦基博+大橋卓弥(from スキマスイッチ) 岡本定義 岡本定義 秦基博/大橋卓弥 COIL
福耳アルバム『10th Anniversary SongsTribute to COIL〜』収録Ver.
僕の今いる夜は with 槇原敬之 槇原敬之 槇原敬之 武部聡志 M&THE RADIODOGS
2ndアルバム『ALRIGHT』初回盤のみ収録曲
眠りの森(Authentic Session with 秦基博)/冨田ラボ 松本隆 冨田恵一 冨田恵一 冨田ラボ feat.ハナレグミ
冨田ラボのシングル『パラレル』C/W収録Ver.
エイリアンズ(Live at The Room) 堀込泰行 堀込泰之 秦基博 キリンジ
9thシングルC/W
なごり雪(Hata Motohiro ver.) 伊勢正三 伊勢正三 秦基博/皆川真人 イルカ 未発表音源
10 空中ブランコ
(Live at 神奈川県民ホール from GREEN MIND vol.1)
一青窈 秦基博   一青窈 未発表音源
11 スローバラード
(Live from 美ぎ島 MUSIC CONVENTION IN MIYAKO ISLAND 2009)
忌野清志郎
&みかん
忌野清志郎
&みかん
  RCサクセション 未発表音源

リリースデータ

2010年10月6日 初登場3位 売上5.9万枚 Produced by 秦基博
Co-Produced by 久保田光太郎
Ariola JAPAN

秦基博3rdアルバム。オリジナルとしては2年ぶり。これまで曲ごとに異なるアレンジャーを招いていたが、今回は先行2シングル及びアルバムの新曲においては前作に1曲だけ参加していた久保田光太郎に統一されている。初回盤Aにはライブを収録したDVD付初回盤Bにはこれまでのカバー作品を集めて未発表音源も加えたボーナスCD付となっており、明確な2パターン複数商法となっている。レンタルでは初回盤Bを入荷しているところが多い模様。

これまでと違い、今作の中では古い3シングル以外がすべて同じアレンジャーのため全体的に統一感がある内容。TOKIOにロック系の曲を提供していたアレンジャーだけに『透明だった世界』のような方向性が多いかと思いきや、若干エレキギターを利かせた曲もあるもののそこまでイメージの違う曲は無く、基本的にはアコースティックを生かしたバンドサウンドになっている。3月の弾き語りアルバムと対照的にしっかりとアレンジされた曲が多いが、どちらも秦基博。確かなメロディーと高らかな歌声は健在だ。シングルの印象が強いもののアルバム曲でも安定していい曲が並んでいる。

Covers Hata Motohiro Sings 2007-2010(初回盤BボーナスCD)
カバーの方は、基本的にはC/Wなどで披露していたものを集めている。未発表音源とされている曲でも『そろそろいかなくちゃ』は大橋卓弥のソロシングルC/Wで秦基博がゲスト参加したものを1人で歌ったバージョン、『なごり雪』は福耳のアコースティックベストで元ちとせと2人でカバーしていたものを1人で歌ったバージョン(過去に誰かとカバーしていたためこの2曲のみHata Motohiro ver.となっている)、『空中ブランコ』は前作の初回盤にスタジオ音源が収録されたりしているので、完全に初めてCD化されるのは『スローバラード』だけとなる(この曲も福耳のライブDVDで山崎まさよしと2人で歌ったバージョンは出ている)。アルバム本編とは対照的に得意の弾き語りやシンプルなアコースティック編成で歌われたものが多い。どの曲も本来の作曲者の色よりも、秦基博のカラーが強く出ている印象で、原曲をあまり知らないせいもあるがどの曲も秦基博の曲になっているような気がした。

Documentary(初回生産限定盤A)(DVD付) 初回盤A DVD付   Documentary(初回生産限定盤B) 初回盤BボーナスCD付  Documentary 通常盤 

印象度★★★★☆

戻る