10 COLOR SINGLES

No タイトル 作詞作曲編曲 備考
PRIDE HIGH and MIGHTY COLOR 1stシングル 最高2位 売上22.3万枚
リミックス盤 最高20位 売上1.8万枚
OVER HIGH and MIGHTY COLOR 2ndシングル 最高11位 売上3.3万枚
RUN☆RUN☆RUN HIGH and MIGHTY COLOR 3rdシングル 最高14位 売上1.7万枚
Days HIGH and MIGHTY COLOR 4thシングル 最高22位 売上1.0万枚
STYLE〜get glory in this hand〜 HIGH and MIGHTY COLOR 5thシングル 最高19位 売上1.3万枚
一輪の花 HIGH and MIGHTY COLOR 6thシングル 最高2位 売上8.5万枚
DIVE into YOURSELF HIGH and MIGHTY COLOR 7thシングル 最高24位 売上1.6万枚
遠雷〜遠くにある明かり〜 HIGH and MIGHTY COLOR 8thシングル 最高15位 売上1.8万枚
辿り着く場所 HIGH and MIGHTY COLOR 9thシングル 最高18位 売上1.0万枚
10 オキザリス HIGH and MIGHTY COLOR 9thシングル両A面曲
11 Dreams 10thシングル 最高24位 売上0.8万枚
Bonus Track
12 一輪の花"Studio Live ver." HIGH and MIGHTY COLOR 新録

※11=作詞:マーキー&ユウスケ、作曲:HIGH and MIGHTY COLOR、編曲:山口寛雄,HIGH and MIGHTY COLOR

※シングル200位以内データ

リリースデータ

2007年12月26日 初登場34位 売上1.5万枚 Produced by HAL(1〜10) ソニー

メンバー

Vocal マーキー
Vocal ユウスケ
Guitars MEG
Guitars カズト
Bass mACKAz
Drums SASSY

HIGH and MIGHTY COLOR初のベストアルバム。直前の12日に発売された11thシングル『Amazing』は次のオリジナルアルバムへ持ち越して、10枚のシングルA面曲を網羅。さらにボーナストラックではスタジオライブとして1発録りされた『一輪の花』が収録されている。初回盤はPV集DVD付。08年にはマーキーがドリカム中村と電撃結婚を発表。さらにどういうわけかバンドを卒業すると発表したため、ファン投票でベスト『BEEEEEEST』が出ることとなった。結果的に今作とかなり内容の被ったベスト盤が1年後にまた出るという展開に。その後新たなボーカルHALCAを加えて09年再始動したものの、アルバム1枚を発表したのみで2010年解散を発表。ラストシングルをリリースして解散している。

メタル系のハードコアなロックサウンド+売れ線J-POP全開のキャッチーなメロディーの女の子ボーカルという異色の組み合わせが特徴だが、対極にあるものを混ぜるというのはやはり混ざりきらない。基本的には売れ線を狙ってキャッチーさを強めに押し出している。そのためハードなロックサウンドにしてもいかにもハードだなという程度で、この場合はむしろキャッチーなメロディーに対してうるさすぎる。ユウスケのデスボイスにしても明らかに音量を抑えられており、ちょっと奥の方で叫びまくっているように聞こえる。そのため邪魔にしか思えなくなってしまう。メタルロックな部分に関してかなりポップサウンドに向けて遠慮がちというか、押さえつけられている感じがして、むしろ売れるための音楽って大変なんだなぁとかそういう事を思ってしまう。恐らくメタル系好きは見向きもしないし、J-POP好きもメロディーはいいのにバックが邪魔という感じで結局なかなかファンがつかないような気がする。J-POP好きの方の一部からはまあこういう変わったのもアリかなと思う人もいるかもしれないが、この組み合わせは個人的にはやっぱりかみ合っていない気がする

10 COLOR SINGLES(初回生産限定盤)(DVD付) 初回盤DVD付     10 COLOR SINGLES 通常盤

印象度★★★☆☆

戻る