Ken Hirai Singles Best Collection 歌バカ2(初回盤A)

DISC-1
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 Precious Junk 平井堅 平井堅 ジョー・リノイエ 1stシングル 最高50位 売上4.4万枚
2 片方ずつのイヤフォン 平井堅 平井堅/山下俊 松浦晃久/
羽田一郎
2ndシングル 100位圏外
3 横顔 平井堅 平井堅 松浦晃久 3rdシングル 100位圏外
4 ドシャブリ 平井堅 平井堅 松浦晃久 4thシングル 100位圏外
5 Stay With Me 平井堅 ジョー・リノイエ ジョー・リノイエ
/鈴川真樹
5thシングル 100位圏外
6 HEAT UP 平井堅 平井堅 羽田一郎 6thシングル 100位圏外  
7 Love Love Love 平井堅 平井堅 中西康晴 7thシングル 100位圏外
8 楽園 阿閉真琴 中野雅仁 中野雅仁 8thシングル 最高7位 売上53.8万枚
9 why 平井堅 松原憲   9thシングル 最高8位 売上21.1万枚
10 LOVE OR LUST 平井堅 平井堅/松原憲 中野雅仁 10thシングル 最高6位 売上26.4万枚
11 even if 平井堅 平井堅 松原憲 11thシングル(期間限定) 最高3位 売上33.4万枚
12 Miracles 平井堅 平井堅 Maestro-T 12thシングル 最高4位 売上24.0万枚
13 KISS OF LIFE 平井堅 平井堅/中野雅仁 中野雅仁 13thシングル 最高2位 売上55.5万枚
14 Missin' you〜It will break my heart〜 平井堅 Babyface   14thシングル 最高4位 売上11.5万枚
15 Strawberry Sex 多田琢/平井堅 平井堅/中野雅仁 中野雅仁 15thシングル 最高13位 売上4.9万枚

Chorus Arrange:久保田利伸(6)
Co-Arrange:鈴木大(7,11)

DISC-2
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 大きな古時計 Henly Clay Work
保富康午(日本語詞)
亀田誠治 16thシングル 最高1位 売上77.2万枚
2 Ring 平井堅 平井堅 冨田恵一 17thシングル 最高1位 売上32.2万枚
3 LIFE is...〜another story〜 平井堅 平井堅 亀田誠治 18thシングル(リメイクカット) 最高3位 売上19.1万枚
4 style 平井堅 南康弘 OCTOPUSSY 19thシングル 最高12位 売上4.4万枚
5 瞳をとじて 平井堅 平井堅 亀田誠治 20thシングル 最高1位 売上89.3万枚
6 キミはともだち 平井堅 平井堅 松浦晃久 21stシングル 最高5位 売上16.1万枚
7 思いがかさなるその前に… 平井堅 平井堅 亀田誠治 22ndシングル 最高1位 売上27.2万枚
8 POP STAR 平井堅 平井堅 亀田誠治 23rdシングル 最高1位 売上24.4万枚
9 バイマイメロディー 平井堅 平井堅 本間昭光 24thシングル 最高2位 売上8.1万枚
10 哀歌(エレジー) 平井堅 平井堅 亀田誠治 25thシングル 最高5位 売上11.9万枚
11 君の好きなとこ 平井堅 平井堅 亀田誠治 26thシングル 最高5位 売上10.3万枚
12 fake star 平井堅 平井堅 URU 27thシングル 最高6位 売上3.2万枚
13 キャンバス 平井堅 平井堅 冨田恵一 28thシングル 最高6位 売上4.0万枚
14 君はス・テ・キ 平井堅 平井堅 AKIRA 28thシングル両A面曲
15 いつか離れる日が来ても 平井堅 平井堅 武部聡志 29thシングル(カット) 最高19位 売上1.9万枚

 

DISC-3
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 CANDY 平井堅 櫻井大介 田中直 30thシングル 最高7位 売上1.4万枚
2 僕は君に恋をする 平井堅 平井堅 亀田誠治 31stシングル 最高3位 売上7.0万枚
3 Sing Forever 平井堅 平井堅 松浦晃久 32ndシングル 最高7位 売上1.6万枚
4 アイシテル 平井堅 平井堅 亀田誠治 33rdシングル 最高9位 売上3.4万枚
5 いとしき日々よ 平井堅,松尾潔 平井堅 鈴木"Daichi"秀行 34thシングル 最高7位 売上3.0万枚
6 告白 平井堅 平井堅 亀田誠治 35thシングル 最高5位 売上4.4万枚
7 桔梗が丘 平井堅 平井堅 大橋好規 配信シングル、36thシングル初回盤B,通常盤C/W
8 グロテスク feat.安室奈美恵 平井堅 Matthew Tishler&
Daniel J Plante
  36thシングル 最高4位 売上5.1万枚
9 ソレデモシタイ 平井堅 Divine Brown,
Aileen De La Cruz,
Adam Royce
A.BEATard 37thシングル 最高13位 売上1.3万枚
10 おんなじさみしさ 平井堅 松浦晃久,
Olivia Burrell
松浦晃久 37thシングル両A面曲
11 君の鼓動は君にしか鳴らせない 平井堅 平井堅 亀田誠治 38thシングル 最高18位 売上1.1万枚
12 Plus One 平井堅 平井堅 UTA 39thシングル 最高15位 売上1.0万枚
13 TIME 平井堅 平井堅 鷺巣詩郎 39thシングル両A面曲
14 魔法って言っていいかな? 平井堅 平井堅 長岡亮介 40thシングル 最高15位 売上1.2万枚
15 僕の心をつくってよ 平井堅 平井堅 亀田誠治 41stシングル 最高7位 売上1.7万枚
16 ノンフィクション 平井堅 平井堅 亀田誠治 42ndシングル 最高10位 売上1.7万枚

初回盤B、通常盤は「バイマイメロディー」〜「アイシテル」がDISC-1、「いとしき日々よ」〜「ノンフィクション」がDISC-2

DISC-4
(初回B,通常盤はDISC-3)
歌バカだけに。
No タイトル 作詞 作曲 編曲
1 READY FOR YOUR LOVE tofubeats tofubeats tofubeats(Sound Produce)
2 ブランケット 草野正宗 草野正宗 亀田誠治
3 Dance with you TOKO TOKO トオミヨウ
4 やってらんないぜ 横山剣 横山剣 屋敷豪太
5 一番初めての恋人 槇原敬之 槇原敬之 槇原敬之
6 Don't感・Don't恋 Takkyu Ishino Takkyu Ishino Takkyu Ishino(Sound Produce)
7 Emmm... BONNIE PINK BONNIE PINK 村田陽一
8 Gift LOVE PSYCHEDELICO LOVE PSYCHEDELICO LOVE PSYCHEDELICO
9 ネガティブボーイ 中田ヤスタカ 中田ヤスタカ 中田ヤスタカ
10 KAN KAN KAN

Brass Arrange:山本卓男(4)(※山本「拓夫」の誤植の可能性あり)
Strings Arrange:トオミヨウ(5)

リリースデータ

2017年7月12日 初登場2位 売上7.6万枚 Ariola Japan

平井堅3rdベストアルバム。05年の『歌バカ』の続編。初回盤Aは『歌バカ』収録範囲の1st〜23rdまでを含めた全シングルを最新作までリリース順に収録(CD3枚)。初回盤B・通常盤は『歌バカ』の続きとなる24th〜最新の42ndシングルまでが収録されている(CD2枚)。配信シングル、両A面曲も含まれ、全表題曲が網羅されている。また全曲著名ミュージシャンによる提供曲で構成した新作オリジナルアルバム『歌バカだけに。』が3種全てに付属する。初回盤Bは「バイマイメロディー」以降のMVを収録したMV集Blu-rayが付属する。リマスタリング及びマスタリングは前田康二。「僕の心をつくってよ」「ノンフィクション」はアルバム初収録となった。

3種全てにライターによる全体解説のライナーノーツは掲載されているが、『歌バカ』『裏 歌バカ』に続く平井堅本人よる1曲ごとのセルフライナーは初回盤B・通常盤のみに掲載され、初回盤Aには掲載されていない。新たに平井堅がセルフライナーを書いたのは24th以降だったため、1st〜23rdは再掲載という形にせずに全部無しで統一したものと思われる。

また最新シングル「ノンフィクション」は当初は収録曲に含まれていなかった。『歌バカ』における「POP STAR」の時はギリギリになって大々的に追加収録が決定したという形でプロモーションを行ったが、「ノンフィクション」は追加収録の告知が一切行われなかった。ソニーのサイトでは曲目にいつの間にか追加されていたが、公式サイトではさらに遅れて発売1週間を割り込んだくらいになってようやく曲目に追加された。いずれも告知は行われずいつの間にか追記されており、ソニーと公式サイトの足並みも揃っていなかった

初回盤Aは全シングル収録なので『歌バカ』を持ってない人、改めて全シングルをリマスターで網羅したい人向け。

初回盤B『歌バカ』初回盤DVD付の続編となっているため、MVも網羅したい人向け。ただしDVDがBlu-rayに変わり、DVDでの発売は無い。

通常盤は『歌バカ』通常盤の続編となっているため、2作合わせれば初回盤Aと同じ内容になる。

と、今作はこのように用途に応じて住み分けされている。05年の『歌バカ』の時点で少なくとも音が小さいとかそういうことは無いし、エンジニアも同じ前田氏によるリマスターが施されていたので、最新リマスターによる全曲統一を目指さない限り、『歌バカ』を持っているなら初回盤Aを選択する必要はあまり無い。

『歌バカ』は当時レンタルで入手してCD-Rとなっていて今も普通に聞くことはできるが、ちょうどオリジナルアルバムを全部聞いていたのでこの機会に改めて一気に保存版として入手しておこうという事で初回盤Aを選択した。誤算だったのは平井堅のセルフライナーが初回盤Aにだけ掲載されていなかったことでよく発売案内を見たら確かに初回盤Aだけ「セルフライナーノーツ」の記述が無かった。他にもごちゃごちゃ仕様が書いてあったので分かりにくい事この上ない…。というわけで通常盤を別途レンタルしてきてセルフライナーも読んだ。セルフライナーは『歌バカ』と合わせる事で全シングル分が揃うようになっている。これだったら通常盤で良かったな…。

ベスト盤に新作アルバム『歌バカだけに。』をつける事で、単独リリースするよりも『歌バカだけに。』を多くの人に聞いてもらいたいというのが今作の本当の目的のようだ。平井堅本人は特に20周年だった2015年にベスト盤リリースの要請が強くあったが拒否していた事を明かしている(10周年で『歌バカ』、15周年で『裏 歌バカ』を出していたためレコード会社としては当然20周年を掲げて大々的にベスト盤を出したい意向だったと思われる)。結果的に「僕の心をつくってよ」「ノンフィクション」は久々に連続でトップ10入りを果たすなどこれまでよりも爪痕を残した絶好のタイミングではあったが、「ノンフィクション」が収録されるのか否かが最後までハッキリしなかった事や、オールタイムベスト渋滞が起きていて、同じように仕切り直し全シングルコレクションを出したスピッツと発売時期が近くなってしまうなどの事態も重なった。結果ライトリスナーがあまり動かず、GLAYのオリジナルアルバムに及ばずに2位となり、前オリジナル『THE STILL LIFE』の売上に発売2ヵ月近く経過してようやく並ぶなどベスト盤としては不振となった。ベスト盤を餌にして『歌バカだけに。』を多くの人に聞かせたいという当初の目的はあまりうまく行かなかったと言える。ていうか熱唱の瞬間を切り取ったようなジャケ写の表情が険しくやりすぎて引かれたんじゃ

DISC-1,2,3
両A面や配信シングルまで完全網羅したシングル表題曲(A面)コンプリートヒストリー。初回B、通常盤でも『歌バカ』と合わせると揃う。初回盤Aでは3枚に詰め込んでいるのでキツキツだが、『歌バカ』と合わせた場合はCD4枚となり1枚ずつ聞いていく場合に各DISCに余裕があるため案外そっちの方が聞きやすいかも…。

初期の屈託のないポップスからR&Bへの大胆な転向。このR&B時代は基本的にシンガーソングライターではなく提供曲を歌っていたが、徐々に自作曲とR&Bにこだわらないポップス路線へ戻っていった時期にちょうどセールス的な全盛期を迎えた。前ベスト『歌バカ』収録範囲である最初の10年間は確かに変化が大きいし、ヒット曲も多い。インパクトという点でもどうしてもこの時期に印象が行きがちだ。平井堅本人は『歌バカ』以降を闘いの日々と称しており、1つの旬が過ぎ去った後にシンガーとして生き残っていくため、変わりゆくヒットシーンに対応するために様々な試行錯誤を繰り広げたと語っている。その最たる例が安室とのコラボや、インド人になってしまった「ソレデモシタイ」だったりする。

実際のところやはりあまりヒットしなくなってしまったので必然的に自然に耳に入る機会が激減していて、そのせいもあって1曲1曲の印象は薄い。バラードにしてもそれ以外にしてもなかなか以前を越えていくインパクトが無くなっているところは否めない。それでも「告白」や「ノンフィクション」等、ここに来ても未だかつてない…と感じられる曲も確かにあった

オリジナルアルバムが24th〜40thの間に3枚しか出ていなかったので3枚ともほとんど半ベスト状態になってしまっていた上に、そのうちの「桔梗が丘」〜「魔法って言っていいかな?」は1年前に『THE STILL LIFE』に一挙収録されたばかりなので、なんか今作出すのは今じゃなかったよな…という感じはどうしてもしてしまう。個々に聞いていけばいい曲は並んでいるし、タイアップ等の制約がありながらも意外と連続して同じような曲が続かないようになっていたり、闘ってきた様子は伺える。「ノンフィクション」で終わるところもまだ次に何を出してくれるんだろうと期待が持てるのは良かった。

『歌バカだけに。』
ベスト盤を餌にして聞いてもらいたかった渾身の企画アルバムが今作である。前オリジナル『THE STILL LIFE』を並行しながら10組のミュージシャンに提供を依頼していって水面下でじわじわ作り上げていった作品のようだ。その内容は一切制作に関与せずに、相手のプロデュースでシンガー平井堅に完全に徹するというもの。各提供者はシングルになる前提とかではなく、平井堅に歌わせたい曲という感じで提供していったと思われ、それぞれの色が出つつも案外誰がどれを提供したかが意外と分からなかった。それほどどの曲も普段平井堅が歌ってもおかしくないなという"平井堅の曲"になっている印象。それだけにネームバリューほどスペシャルアルバムっぽさが感じられなかったところはあるんだけど、どんな曲を提供されても自分の歌にできてしまう歌バカ平井堅のシンガーとしての実力を改めて感じさせてくれる1枚。

なお槇原敬之が提供した「一番初めての恋人」はインタビュー等を参照しなくとも槇原敬之の「ANSWER」を知っていればすぐに分かるくらい分かりやすい「ANSWER」を25年以上経過して振り返った視点での続編となっている。平井堅が自分で歌った方がいいのでは…と言ったのを自分で歌うのは恥ずかしいとかでそのまま提供したそうなので、あっさりセルフカバーする可能性も無くはないが槇原リスナーも必聴である。あと正確には「ANSWER」のその後は「EATH OTHER」で描かれていたのでその続編なんじゃ

Ken Hirai  Singles Best Collection 歌バカ 2(初回生産限定盤A)初回盤A(全シングル網羅)  Ken Hirai Singles Best Collection 歌バカ 2(初回生産限定盤B)(Blu-ray Disc付)初回盤B(Blu-ray付)  Ken Hirai  Singles Best Collection 歌バカ 2通常盤 

印象度★★★★☆

2017.9.15更新

戻る