SENTIMENTALovers

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
思いがかさなるその前に… 平井堅 平井堅 亀田誠治 22thシングル 最高1位 売上26.8万枚
jealousy 平井堅 YOSHIKA OCTOPUSSY 21thシングルC/W
言わない関係 平井堅 平井堅 中西康晴  
君が僕に憑依した!! 平井堅 AKIRA    
瞳をとじて 平井堅 平井堅 亀田誠治 20thシングル 最高2位 売上88.3万枚
青春デイズ 平井堅 田中直 田中直  
style 平井堅 南ヤスヒロ OCTOPUSSY 19thシングル 最高12位 売上4.1万枚
signal 平井堅 平井堅 FILUR 19thシングルC/W
鍵穴 平井堅 URU URU  
10 nostalgia 平井堅 大沢伸一    
11 キミはともだち 平井堅 平井堅 松浦晃久 21thシングル 最高5位 売上15.4万枚
12 センチメンタル 平井堅 平井堅 塩谷哲  

リリースデータ

2004年11月24日 初登場1位 売上164.8万枚 Total Produce:Ken Hirai DefSTAR RECORDS(ソニー)

平井堅6thアルバム。04年年間1位の5を始めとしてシングル4曲、C/W2曲を収録。自身3枚目のミリオン作品にして最高の売上を記録した。ブックレットには1ページ分、新谷洋子という人の解説文が細かく載っている。

平井堅のアルバムを聞くのは初めてだがブレイクした『楽園』を収録した3rd『THE CHANGING SAME』はカーネル・S・マルオ氏の車の中で2,3度リピートして聞いたことがある。その時は完全に男性R&B歌手といった趣きだった。ただ元々、平井堅はブレイクする前の1st、2ndアルバムでは自作の曲を歌うポップ路線のシンガーソングライターであったらしい。『楽園』を機に提供曲を歌うようになり、それでブレイクしたこともありR&B路線へ転向。その後4th『gaining though losing』、5th『LIFE is…』を経て徐々に本来のスタイルへ回帰、今作ではついに全作詞が平井堅と原点へ戻ってきたらしい。個人的にR&B系統の曲は好きではないので『Ring』『LIFE is…〜another story』シングルには手を出し始めていたもののずっとアルバムは敬遠していたのだが今作はそろそろポップ路線の曲が増えてきたのでイケるのではないかと借りてきた次第。

実際のところ全体的に生音の曲が多く、R&Bっぽい曲はかなり減っている。2曲目いきなりR&B全開なのでがっくり来たが、その路線が続くわけではなく流れでさらりと聞ける。『style』をのぞくシングルA面とラストの12はもはや最強。12のためだけに聞いても損はない勢い。他のアルバム曲も3を始めとしてポップ路線の曲はなかなかに良い。一方で毎回の規定路線らしいエロソングの9など駄曲も存在するがこの1曲くらいなら問題はない。シングルと12以外があまりに素晴らしくそれをしのぐ勢いの曲は残念ながらないものの単にそれらがすごすぎるだけで決して悪くはない。わりと通して何度も聞けるアルバムになっている。『楽園』などの路線で売れたわけでやはり求めてる人も多いだろうがR&Bを完全に捨てたわけではないのでポップ派(バラード派)もR&B派も両方がそこそこ満足できるのではないだろうか?

SENTIMENTALovers

印象度★★★★☆

戻る