寛 シングル・コレクション

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
見つめていたい 伊秩弘将 伊秩弘将 水島康貴 SPEED 8thシングル『ALL MY TRUE LOVE』C/W
初のソロ曲
AS TIME GOES BY 伊秩弘将 伊秩弘将 水島康貴 1stシングル 最高2位 売上81.2万枚
Bright Daylight 伊秩弘将 伊秩弘将 水島康貴 2ndシングル 最高2位 売上42.8万枚
今作まではSPEEDと並行してソロ活動
What's up! 伊秩弘将 伊秩弘将 水島康貴 未発表曲 SPEED解散直前の音源
Treasure 葉山拓亮 葉山拓亮 葉山拓亮 3rdシングル 最高2位 売上60.2万枚
Your innocence 葉山拓亮 葉山拓亮 葉山拓亮 4thシングル 最高3位 売上22.8万枚
Confession 葉山拓亮 葉山拓亮 葉山拓亮 5thシングル 最高3位 売上17.2万枚
love you 島袋寛子 大谷靖夫 Haya10 6thシングル 最高3位 売上10.4万枚
Eternal Place 伊秩弘将 伊秩弘将 田辺恵二 7thシングル 最高2位 売上8.5万枚
10 Notice my mind 島袋寛子 葉山拓亮 葉山拓亮 8thシングル 最高8位 売上3.8万枚
11 Baby don't cry 島袋寛子 Lori Fine COLDFEET 9thシングル 最高9位 売上3.8万枚
12 愛が泣いてる double s 松本良喜 松本良喜 10thシングル 最高12位 売上3.0万枚
13 光の中で H.U.B.&
園田凌士
松本良喜 中野定博 11thシングル 最高12位 売上2.9万枚
14 clover 西田恵美 関山弘之 SiZK&華原大輔 12thシングル 最高18位 売上2.0万枚
15 ヒーロー☆ 島袋寛子&
山本領平
Wirlie Morris 中塚武 13thシングル(今作同発) 最高40位 売上0.7万枚
16 Send My Love for you 伊秩弘将 伊秩弘将 水島康貴 未発表曲 1stアルバム頃にあった曲を再録音

※03年以降200位以内データ

リリースデータ

2006年2月1日 初登場7位 売上4.1万枚 SONIC GROOVE(エイベックス)

hiro初のベストアルバム。ここまでの全シングルと未発表曲をSPEED時代のソロ含めてリリース順に収録している。未発表2曲も時系列に組み込まれているが、1stアルバム制作時に出来ていた16は今回のために録音しなおしているため最後に収録された。オリジナルアルバムは2枚出していたが、02年8月以降リリースしていなかったため11以降のシングルは全てアルバム初収録となった。またシングル『ヒーロー☆』、リミックスアルバムとPV集と今作がセットになった『寛・スペシャル・ボックス』も同時リリースされた。PV集は『寛 クリップ・コレクション』として単独発売されているがリミックスアルバムだけはボックスセットにしか収録されていない。また同年8月に自身主演映画「バックダンサーズ」主題歌/挿入歌のシングル『いつか二人で/I will take you』を最後にリリースは停止している。なお他の元SPEEDメンバーもこの時期を最後に全員のリリースがほぼ停止した状態となった(今井のみインディーズに移動したことでリリース継続)。その後、08年のSPEED復活へとつながっていく。

SPEED時代の14歳(中学2年生)から22歳までの軌跡が収録されている。ボーカルスタイルも含めて成長の様子がうかがえるヒストリー的なアルバムにもなっている。初期は子供っぽい歌声をしているのだが、進むにつれて大人っぽさが増していくのは分かる。楽曲の方はSPEED時代のような高音押しではなく、かなり抑え目の歌い方になっている。激しいダンス路線でもなければ、リズムに傾倒しまくるR&B路線でもなく、軽めのダンスポップみたいな曲調が多い。SPEED解散後、最も成功したのがhiroだったとはいえ、それでも人気は確実な右肩下がり(恐らくSPEED時代の反動だと思うが、ソロになってから極端にリリースペースが落ちたのも原因だったかも)。後半に進むに連れてどんどん曲の記憶がなくなっていき、最後のほうに至っては初めて聞く曲ばかりになってしまった。曲の方向性自体はわりとしっかりしているのだが、確かにインパクト的な面でいうといいにはいいんだけど地味な曲が多く、これといった曲はないような気はした。それでも年を重ねても長く歌い続けていけるタイプの曲が多いだけに、これで半ば終わりかけになっている現状は残念だ。

寛 シングル・コレクション     寛 スペシャル・ボックス(DVD付) 『寛 スペシャル・ボックス』(今作+PV集+リミックスCD)

印象度★★★☆☆

戻る