Alpen Best

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 ロマンスの神様 広瀬香美 広瀬香美 小西貴雄・広瀬香美 3rdシングル 最高1位 売上174.9万枚
2 幸せをつかみたい 広瀬香美 広瀬香美 広瀬香美 5thシングル 最高6位 売上45.4万枚
3 ゲレンデがとけるほど恋したい 広瀬香美 広瀬香美 広瀬香美 7thシングル 最高6位 売上38.5万枚
4 Dear...again(Ver.2.05) 広瀬香美 広瀬香美 本間昭光・広瀬香美 8thシングル(リメイク・カット) 最高7位 売上33.7万枚
6thアルバム『welcome-muzik』収録Ver. 
5 真冬の帰り道 広瀬香美 広瀬香美 本間昭光・広瀬香美 9thシングル 最高10位 売上21.5万枚
6 promise 広瀬香美 広瀬香美 本間昭光・広瀬香美 11thシングル 最高4位 売上54.2万枚
7 ピアニシモ 広瀬香美 広瀬香美 本間昭光・広瀬香美 12thシングル 最高22位 売上6.6万枚
8 ストロボ 広瀬香美 広瀬香美 本間昭光 14thシングル 最高5位 売上33.8万枚
9 I Wish 広瀬香美 広瀬香美 本間昭光 15thシングル 最高15位 売上8.6万枚
10 恋のベスト10 広瀬香美 広瀬香美 井上ヨシマサ 16thシングル 最高33位 売上3.3万枚
11 BEGIN〜いくつもの冬を越えて〜 広瀬香美 広瀬香美 井上ヨシマサ 17thシングル(リメイク・カット) 最高26位 売上1.8万枚
12 Search-Light 広瀬香美 広瀬香美 野崎貴潤 20thシングル 最高23位 売上3.5万枚
13 Velvet 広瀬香美 広瀬香美 h-wonder 22ndシングル 最高42位 売上1.3万枚
14 月の下で逢いましょう 広瀬香美 広瀬香美 井上ヨシマサ 23rdシングル 最高44位 売上0.7万枚
15 ロマンスの神様〜弾き歌いVersion〜 広瀬香美 広瀬香美 広瀬香美 3rdシングルのリメイク 新録音

リリースデータ

2007年12月5日 初登場48位 売上1.7万枚 Produce:広瀬香美、田村充義 ビクター

広瀬香美3rdベストアルバム。アルペンCMソングのみを集めた企画ベスト盤。98年のベスト『Love Winters』以降の曲は8曲目以降。自身がアルペンタイアップを担当していた93-94シーズンから01-02シーズンまでのアルペンCMソングを網羅している。また07-08シーズン以降再びこのタイアップが広瀬香美に戻り、この年起用されていた『ロマンスの神様〜弾き歌いVersion〜』が新録音されている。この曲はボーカル、コーラス、ピアノ、ボイパ、クラップ、足踏み他、全ての音を多重録音で1人で手がけている。「ストロボ」、「恋のベスト10」「BEGIN〜いくつもの冬を越えて〜」はどれも当時のアルバムでは大胆なリミックスや完全な別バージョンで収録されていたためシングルバージョンではアルバム初収録。「Velvet」「月の下で逢いましょう」はシングルリリースのみでそのまま活動休止して放置されていたのでアルバム初収録となる。また今作は青いジャケットだが、赤いジャケットの『Alpen Best Another Editionも発売された。広瀬香美以外のアルペンCM曲を集めた作品となっているが、00年の広瀬の19thシングルでリミックスメドレーだった『More More Love Winters』だけはそちらに収録されている。20分に及ぶ長大なメドレーのため、他のアルバムには収録されていない。

5年も前に広瀬とのタイアップは終わっていたはずのCMソング集が今更出ることになったのは何でなのかと最初は疑問だった。今年のアルペンCMソングが『R35』などの懐古ブームに乗っかった「あの頃、ゲレンデにいた人達へ!」となっており、その関係でしばらくアルペンCMソングから離れてますますヒットからも遠のいていた広瀬の最大のヒット曲「ロマンスの神様」がリアレンジされて採用され、そのままアルペンタイアップに継続的に復帰となった。その底抜けの明るさとノーテンキさはバブルが終わっていたのにバブル期のよう(想像)に聞こえるがとにかく聞いてて気持ちいい。伸びに伸びまくる高音もすさまじいパワーに溢れている。10、11ではアレンジャーを変えて曲自体も迷走実験的で難解な方向に走っており、意図的にヒット路線から遠ざかってしまっているのは聞いてて分かると思う(それでもここまで一気に人気落ちるとは思ってなかっただろうけど)。『Search-Light』の頃にはシンガーとして目覚めたといい、以降は歌い上げるバラード路線に傾倒するのだがバラード路線の曲はこれ以外アルペンCMソングにはなっておらず、13、14では何故かスカ路線に転向。当時スカパラがヒットを飛ばしたという背景はあったものの、正直ますますヒットから遠ざかるだけだったように思う。新作の15は近年のシングルがほとんどバラードだったため弾き歌いならしっとりピアノ1本でバラード調なのかと思っていたが、1人で全ての音を手がけたアカペラ調ながらアップテンポで明るい曲調。全盛期のような売れ線の勢いをまとった新たな広瀬香美を期待させる。これを機に『ストロボ』の頃までのヒット性のある曲を久々に出して欲しいものだ。広瀬香美のヒット曲を1枚だけで聞きたいのであれば最適な1作

なお発売当時は後半の楽曲のシングルバージョン初収録、アルバム収録自体が初、新録音などがあったが、「ロマンスの神様〜弾き歌いVersion〜」は次のオリジナルアルバムに収録され、全シングルが網羅された『SINGLE COLLECTION』が2011年にリリースされているので現在は今作でしか聞けない音源は無い

Alpen Best-Kohmi Hirose

印象度★★★★★

戻る