THE BEST Love Winters

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 愛があれば大丈夫 広瀬香美 広瀬香美 鷺巣詩郎 1stシングル 最高42位 売上11.2万枚
2 二人のBirthday 広瀬香美 広瀬香美 鷺巣詩郎 2ndシングル 100位圏外
3 ロマンスの神様 広瀬香美 広瀬香美 小西貴雄,広瀬香美 3rdシングル 最高1位 売上174.9万枚
4 幸せをつかみたい 広瀬香美 広瀬香美 広瀬香美 5thシングル 最高6位 売上45.4万枚
5 ゲレンデがとけるほど恋したい 広瀬香美 広瀬香美 広瀬香美 7thシングル 最高6位 売上38.5万枚
6 Dear...again(Ver.2.05) 広瀬香美 広瀬香美 本間昭光,広瀬香美 8thシングル(リメイク・カット) 最高7位 売上33.7万枚
3rdアルバム『SUCCESS STORY』収録曲『Dear』のリメイク
6thアルバム『welcome-muzik』収録Ver.
7 真冬の帰り道 広瀬香美 広瀬香美 本間昭光,広瀬香美 9thシングル 最高10位 売上21.5万枚
8 promise 広瀬香美 広瀬香美 本間昭光,広瀬香美 11thシングル 最高4位 売上54.2万枚
9 ピアニシモ 広瀬香美 広瀬香美 本間昭光,広瀬香美 12thシングル 最高22位 売上6.6万枚
10 Groovy! 広瀬香美 広瀬香美 本間昭光,広瀬香美 13thシングル 最高67位 売上0.5万枚
11 幸せになりたい 広瀬香美 広瀬香美 本間昭光 内田有紀に提供 セルフカバー 初収録
12 Always I Need 広瀬香美 広瀬香美 本間昭光 新曲

リリースデータ

1998年11月11日 初登場2位 初動60.8万枚、売上189.4万枚 Producer:広瀬香美、田村充義
Co-Producer:本間昭光
ビクター

広瀬香美、初のベストアルバム。ここまでのシングルから主にアルペンCMタイアップとなった冬のヒット曲を中心にセレクトし、新録音セルフカバーと新曲を加えた内容。「Groovy!」がアルバム初収録。またほとんどのシングルがアルバム収録の際にアルバムバージョンで収録されていたためシングルバージョンとしてほとんどの曲が初収録となった。「Dear...again」のみはボーカルや一部演奏をリメイクしていたアルバムバージョンで収録されている。松任谷由実のベスト盤『Neue Musik』が2週目以降も勢いがすさまじかったため最高2位止まりだったが、これまでのアルバムでの最高売上49.7万枚を初動だけで圧倒的に上回り(60万)、最終的にはアルバム唯一のミリオン作品となり、「ロマンスの神様」の売上も上回る自身最大ヒット作となった。初回盤は冬仕様のモコモコ毛(?)な特殊ジャケットになっている。07年には、後に発売されたバラードベストとの2枚組セットで再発された。

この時点までのいくつかのシングルが抜けているが、一通りのヒット曲は抑えてある。ただ今作以降のヒット曲が「ストロボ」くらいしか無い上に、色々な趣向をこらした数々のベスト盤が後に散々出ているので、やや役目を終えたベスト盤にもなりつつある。全シングル集「SINGLE COLLECTION」が2011年に出ているし、1枚モノでも「Alpen Best」や「タイアップコレクション」辺りともほとんど収録曲が被っている。それでもラスト2曲はここでしか聞けず、それが今作の最大の存在価値となっている。「Groovy!」を最後にアレンジから撤退し、この2曲は本間昭光の単独アレンジになっている。2曲とも路線としては前シーズンの冬(98年1月)に発売されたオリジナルアルバム「ryapsody」の大人路線を進めた感じで、元気さは無く落ち着いた楽曲となっている。この後のシングル「ストロボ」「I wish」も本間昭光だったが、彼の関与はそこで終わってしまい、以降は複雑で実験的な方向へ向かってしまうので区切りとしてはそこまで入れてベストの方が良かった気はする。

hirose kohmi THE BEST Love Winters             THE BEST Love Winters&ballads 07年再発セット

印象度★★★★☆

戻る