Gift+

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 サッカーボールみたいに転がって 広瀬香美 広瀬香美 h-wonder  
2 甘いお話 part3 広瀬香美 広瀬香美 中西亮輔 25thシングルC/W
3 情熱+ 広瀬香美 広瀬香美 井上ヨシマサ  
4 GIFT 広瀬香美 広瀬香美 井上ヨシマサ 25thシングル 最高85位 売上0.3万枚
5 広瀬香美 広瀬香美 鈴木Daichi秀行  
6 サプライズ未来 広瀬香美 広瀬香美 鈴木Daichi秀行  
7 Silent Night Candle Light 広瀬香美 広瀬香美 h-wonder  
8 愛は特効薬(type2) 広瀬香美 広瀬香美 鈴木Daichi秀行 25thシングル両A面曲 アルバムバージョン
9 西暦2010年 広瀬香美 広瀬香美 河野圭  
10 No More Sad 広瀬香美 広瀬香美 広瀬香美  
11 Happy Valentine Day 広瀬香美 広瀬香美 中塚武  
12 sometimes... 広瀬香美 広瀬香美 h-wonder  

Strings Arrange:弦一徹(6)

リリースデータ

2006年11月22日 初登場69位 売上0.47万枚 Producer:広瀬香美、田村充義 ビクター

広瀬香美10thアルバム。2年ぶりのオリジナルアルバム。05年は再びリリースが無く、06年2月にシングル「GIFT/愛は特効薬」をリリース。今作にはC/W含めてシングルから3曲全てが収録され、「愛は特効薬」はアルバムバージョンとなっている。「甘いお話part3」は最初からpart3で、1と2は発表されていない。前作に続いてアルペンタイアップを離れていた時期だが、CM/ドラマ/映画タイアップなどはついていた。また年明け07年には01-02年の初ツアー以来となる全国ツアーを開催(このツアーの模様はDVD化されている)。これ以降は毎年ツアーを行うようになった。

これといった実験も無く、「Gift」みたいなバラードよりはポップな楽曲が多いもののかといってかつてのような強烈なヒットチューンも無く、良くも悪くも普通に聞ける普通の1枚。どの曲も聞きやすくてそれなりだけど引っ掛かりは薄く、全盛期は過ぎた感じがどうしてもしてしまうが、これはこれで悪くない。翌シーズンからはアルペンCM復帰、これ以前はどっちかというと周囲が形容していた感のある"冬の女王"を自ら押し出すようになる、冬を意識した楽曲が増える、TwitterによるプチブレイクからTwitterネタ系楽曲を一時量産する、ヒット期を思わせるようなはっちゃけた作風やキャラクター的にも完全に開き直りを見せるようになる、などと明らかに姿勢そのものが変わっていくんだけど今作はその前の段階。前作での肉体改造の効果発揮やそれ以前のバラードへの系統や世紀末実験路線などといったトピックも無いので、ある意味ではイメージに捕らわれていない非常にフラットなアルバムともいえる。何故かサッカー応援歌風味の「サッカーボールみたいに転がって」はあからさまにサッカー系のタイアップソングみたいだが特にこれといったタイアップがついてなかったようなのがもったいない。またリリース当時でわずか4年先の2010年へ向けてのラブソング「西暦2010年」はちょっと現実的というか慎重さが垣間見え、ヒット期の自意識過剰でウキウキのノリからすると随分落ち着いた感じがするけど、この年に大沢たかおと離婚した影響もあったのかも?

GIFT+  

印象度★★★☆☆

戻る