baby Blue

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 P・O・T'99 たくや ナオキ 佐久間正英&Hysteric Blue 1stシングルC/W「P・O・T(Power Of Teens)」を改題リメイク
2 Little Trip Tama ナオキ 佐久間正英&Hysteric Blue 3rdシングル(カット) 最高27位 売上3.5万枚
3 春〜spring〜 たくや たくや 佐久間正英&Hysteric Blue 2ndシングル 最高5位 売上66.7万枚
4 Candy Tama ナオキ 佐久間正英&Hysteric Blue  
5 ポカポカ たくや たくや 佐久間正英&Hysteric Blue  
6 白い祈り たくや ナオキ 佐久間正英&Hysteric Blue  
7 Super Wing Tama ナオキ 佐久間正英&Hysteric Blue  
8 RUSH! たくや たくや 佐久間正英&Hysteric Blue 1stシングル 最高61位 売上1.9万枚
9 彼女のLove Story たくや ナオキ 佐久間正英&Hysteric Blue  
10 メモリー Tama ナオキ 佐久間正英&Hysteric Blue  

リリースデータ

1999年4月1日 初登場6位、最高5位 初動22.5万枚、売上54.7万枚 Produced by 佐久間正英 ソニーレコード

メンバー

Vocal Tama
Guitar ナオキ
Drums たくや

Hysteric Blue1stアルバム。98年10月31日に「RUSH!」でデビュー。年明け1月にリリースした「春〜spiring〜」が大ヒットを記録(最高売上)する中でリリースされ、今作もアルバムにおける最高ヒットを記録した。プロデューサーはGLAYやJUDY AND MARYをプロデュースしていた佐久間正英。ソニーの10代専門アーティストレーベルのPOT ARTIST第1弾。第2弾にWhiteberry、第4弾がZONEと人気アーティストを輩出したものの、ロゴが存在するだけのレーベルであり、ZONEデビュー後にいつの間にか消滅してしまった。

「春〜spring〜」を超えるような曲はないがド直球のアップテンポキャッチー&ポップロックなナンバーが勢いよく連打される若さ溢れる快作。アルバム曲でも常に全力投球な良いメロディーの曲が多く並んでいる印象。この当時はリーダーと明言していたナオキの曲のほうが多いのも特徴だ。一方で99年になって活動休止に突入していたJUDY AND MARYのYUKIと声が似ていることもあり、けっこうパクりだなんだと言われていた。実際「RUSH!」なんかはそっくりだが、「春〜spiring〜」は違っており曲によって歌い方が使い分けされているのでむしろ凄いボーカリストなんじゃないかと思っていて、どこのレビューサイト見ても「個性がない。JAMと一緒」とか書いておけばOKみたいな当時の風潮は不幸だったなと思う。

baby Blue

印象度★★★★☆

戻る