MILESTONE

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 キミと会う瞬間 たくや Tama&たくや 佐久間正英&Hysteric Blue  
2 ベイサイドベイビー Tama たくや 佐久間正英&Hysteric Blue 12thシングル 最高80位 売上0.2万枚
3 Party! たくや たくや 佐久間正英&Hysteric Blue  
4 ちょっとゲンカ たくや たくや 佐久間正英&Hysteric Blue  
5 Great Love Tama ナオキ 佐久間正英&Hysteric Blue  
6 フラストレーション ミュージック たくや たくや 佐久間正英&Hysteric Blue 11thシングル 最高53位 売上0.4万枚
7 なみだ たくや たくや 佐久間正英&Hysteric Blue  
8 ドントマインド たくや たくや 佐久間正英&Hysteric Blue  
9 路傍の人々 Tama&たくや ナオキ 佐久間正英&Hysteric Blue  
10 Reset me たくや たくや 佐久間正英&Hysteric Blue 10thシングル 最高40位 売上1.0万枚
11 Motive Power Live Tama Tama 佐久間正英&Hysteric Blue  
12 暖炉 たくや たくや 佐久間正英&Hysteric Blue  

リリースデータ

2002年2月20日 初登場37位 売上1.1万枚 Produced by 佐久間正英 ソニーレコード

メンバー

Vocal Tama
Guitar ナオキ
Drums たくや

HYSTERIC BLUE4thアルバム。前作以降7ヵ月ほどのブランクを経て「Reset Me」から今作へ向けて継続的なリリースが開始された。行き詰って解散の危機とかにまでなっていたとされている。今作のみアーティスト名が大文字表記されているが、編曲表記ではHysteric Blue表記のまま。また前3作には何故かメンバー表記が無かったが(2ndは裏のカレンダー部分にはあった)、今作はクレジット欄にメンバー表記がある。今作以降はメンバー表記がされるようになるが、担当楽器まで表記されているのは今作のみ(次回作以降は名前のみ)。またこの頃、黒夢の人時がベースのサポートをしていたとされているが、一貫して1stアルバムから演奏ミュージシャン表記が全くされていないのでレコーディングでも人時なのか、ベースやキーボードを弾ける佐久間正英なのか詳細は不明。

帯に「史上最高傑作」と表記しただけあって、確かにこれまで以上にサウンドに勢いのあるロック&POPな曲が並んでいる。これまでより多少ロック寄りになりたくましくなった感じがするが、聞き手をつかんで離さないようなメロディー面での勢いは以前より失われてしまったように思う。Tamaが作曲を始めるという新たな展開も見せたものの、バンドサウンドは最高傑作と言えるのかもしれないけど、メロディーが弱くなって初聞きでのインパクトは売れてた頃から数段落ちてしまった感じもする。充実作ではあるんだけどそこが惜しい。あと「Party!」のイントロで出てくるギターがまんまGLAYの「誘惑」なのは佐久間さん繋がりの遊び心ってことであえてやったんだろうな、さすがに。

MILESTONE

印象度★★★★☆

戻る