20

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 miss you 家入レオ 西尾芳彦 佐藤希久生 9thシングル 最高11位 売上0.9万枚
2 little blue 家入レオ・西尾芳彦 西尾芳彦 佐藤希久生  
3 Silly 家入レオ 西尾芳彦 鈴木Daichi秀行 8thシングル 最高13位 売上2.7万枚
4 lost in the dream 家入レオ・西尾芳彦 西尾芳彦 佐藤希久生  
5 心のカ・タ・チ〜Another Story〜 家入レオ 西尾芳彦 鈴木Daichi秀行 3rdシングル『Bless You』C/W 別アレンジ
6 TWO HEARTS 家入レオ・西尾芳彦 西尾芳彦 三輪コウダイ  
7 For you 家入レオ 西尾芳彦 三輪コウダイ 7thシングル初回A、通常盤のみC/W
8 純情 家入レオ 西尾芳彦 佐藤希久生 7thシングル 最高11位 売上1.8万枚
9 Still 家入レオ・西尾芳彦 西尾芳彦 鈴木Daichi秀行  
10 Love & hate 家入レオ・西尾芳彦 西尾芳彦 三輪コウダイ  
11 勇気のしるし 家入レオ 西尾芳彦 佐藤希久生 8thシングルC/W
12 Last Song 家入レオ 西尾芳彦 佐藤希久生  
Bonus Track(通常盤のみ)
13 Silly(Another Version) 家入レオ 西尾芳彦 佐藤希久生 8thシングル 別アレンジ

リリースデータ

2015年2月25日 初登場6位 売上3.7万枚 Produced by 西尾芳彦 ビクター

家入レオ3rdアルバム。前作から1年ぶり。2014年12月に20歳となったことがアルバムタイトルの由来。前作以降の3シングルからC/W含めて5曲を収録。さらに3rdシングル「Bless You」C/Wだった「心のカ・タ・チ」はリアレンジでアルバム初収録された。今作ではこれまで共作で参加していた作曲から完全撤退し、作詞とボーカルに専念する形となっている。初回盤は「miss you」MVやライブ映像、メイキングなどを収録したDVD付。通常盤にはボーナストラックとして「Silly」の別アレンジバージョンが収録されている。

安定、スーッと聞けるアルバム。軽快、時にロックで時にバラードだったり、バランスの良いポップスが並んでいて聞きやすいし、最初の頃に比べれば少し大人っぽさも出てきているようにも思うけど、前作に続いてどうにも停滞感が抜けないというか10代でデビューした女性シンガーの1st〜3rdアルバムという最も成長と変化が著しそうな時期にしてはあまり明確な成長や変化が感じられないように思う。感覚的には3枚目にしては早すぎる「いつもの」感がある。

シンガー家入レオの成長に対して、変化無さすぎなのは一応メジャーでアルバム3作連続トップ10入りしているとは思えないような低予算全開な制作体制。これまで同様に今作でも全曲をアレンジャーが1人オケ制作(ギターベースとプログラミング表記が基本だが「Silly」のみドラム表記がある)、さらにレコーディングエンジニア、ミックスエンジニアにまでアレンジャーの名前が並ぶという人員削減っぷりだ(エンジニアは本職の人がそれぞれ1人ずつ参加している)。一応どれもバンドサウンド風になっていて極端に安っぽくは聞こえないんだけど、どうしてもアルバム全体どこか似たり寄ったりな雰囲気になり、サウンド面でのこの変化の無さはいかんともしがたい。「Silly(Another Version)」なんかシンフォニック風味なアレンジを全面打ち込みで施す始末でなんとももったいない。全部打ち込みならバンド風サウンドばかりにする必要もないわけでもっと打ち込みを生かした作風を取り入れた方がむしろいいのでは…。

作曲から撤退した件に関しては、作曲参加作品が全部西尾芳彦との共同だったし、シンガーソングライターのイメージで売り出したいという大人の事情もあったんだろうけど、本人は元々シンガー意識が強くてそこまで作曲にこだわりがなかったということだろうし(ただしインタビューでは作曲も続けたいとは語っている)、そんなに残念な感じはしない。かといって良くも悪くもなっていない感じで、これもまた西尾芳彦以外に作曲依頼してもいいんじゃないかとは思う。シンガー家入レオの魅力はデビュー当時よりも増しているだけに、制作体制に変化が生じることを期待したい。

20 (初回限定盤)初回盤DVD付  20 (通常盤)通常盤 

印象度★★★☆☆

戻る