5th Anniversary Best(通常盤)

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 それぞれの明日へ 家入レオ 多保孝一 本間昭光 配信シングル 初CD化
2 僕たちの未来 家入レオ 多保孝一 多保孝一 12thシングル 最高14位 売上1.4万枚
3 Hello To The World 家入レオ・
多保孝一
家入レオ・多保孝一 多保孝一 11thシングル 最高9位 売上1.4万枚
4 君がくれた夏 家入レオ 西尾芳彦 佐藤希久生 10thシングル 最高6位 売上3.9万枚
5 miss you 家入レオ 西尾芳彦 佐藤希久生 9thシングル 最高11位 売上0.9万枚
6 Silly 家入レオ 西尾芳彦 鈴木Daichi秀行 8thシングル 最高13位 売上2.7万枚
7 For you 家入レオ 西尾芳彦 三輪コウダイ 7thシングル初回A、通常盤のみC/W、3rdアルバム『20』収録曲
8 純情 家入レオ 西尾芳彦 佐藤希久生 7thシングル 最高11位 売上1.8万枚
9 チョコレート 家入レオ 西尾芳彦・家入レオ 三輪コウダイ 6thシングル 最高9位 売上2.3万枚
10 太陽の女神 家入レオ 西尾芳彦・家入レオ 三輪コウダイ 5thシングル 最高7位 売上2.8万枚
11 君に届け 家入レオ 西尾芳彦・家入レオ 三輪コウダイ 配信限定シングル、5thシングルC/W、2ndアルバム『a Boy』収録曲
12 Message 家入レオ 西尾芳彦・家入レオ 鈴木Daichi秀行・
三輪コウダイ
4thシングル 最高9位 売上2.8万枚
13 Bless You 家入レオ 西尾芳彦・家入レオ 鈴木Daichi秀行 3rdシングル 最高8位 売上2.3万枚
14 イジワルな神様 家入レオ 西尾芳彦・家入レオ 三輪コウダイ 3rdシングルC/W、2ndアルバム『a Boy』収録曲
15 Shine 家入レオ 西尾芳彦・家入レオ 三輪コウダイ 2ndシングル 最高7位 売上4.5万枚
16 サブリナ 家入レオ 西尾芳彦・家入レオ 三輪コウダイ 1stシングル 最高9位 売上2.4万枚
[Bonus Track]
17 僕たちの未来(Special Version) 家入レオ 多保孝一 本間昭光 12thシングル 新録音

リリースデータ

2017年2月15日 初登場3位 売上4.3万枚 Produced by 多保孝一(1,2,3)、西尾芳彦(4〜16)、本間昭光(17) ビクター

家入レオ、初のベストアルバム。デビュー5周年を記念してここまでの全シングル12曲とC/W3曲、配信1曲を最新作から遡る形で収録。16年11月末に配信されていた「それぞれの明日へ」は初CD化。ボーナストラックとして本間昭光によるリアレンジの「僕たちの未来(Special Version)」が収録された。1st2ndは下回ったが、3rd4thアルバムを上回る売上を記録した。

初回盤Aは2016年12月10日に行われたライブ「家入レオ 5th LIVE Tour 2016 〜WE|ME〜 at 東京国際フォーラム ホールA」をフル収録したライブDVD付。

初回盤Bはシングル12曲のMV+「それぞれの明日へ」のMV&メイキングを収録したMV集DVD付。

初回盤2種にはさらにCD18曲目に13歳の時に初めて作詞作曲したという未発売曲「I promise you」が追加収録されている。通常盤は17曲

5周年という区切りはいいんだけど今じゃなかったなというタイミングのベストアルバム。というのもデビュー以来続いた西尾芳彦プロデュース体制では異常なまでの省エネ体制で楽曲制作が行われていて、アレンジャーがギターベースプログラミングを1人で手掛け(「Silly」のみドラムも1人演奏)さらに録音やミックスまで1人でやるという専属エンジニアすら不在完全1人オケ制作もしくは+1人か2人程度+家入レオのボーカルというのが基本になっていた。バンドサウンド風の楽曲が多くて聞いた感じしょぼくは聞こえないんだけどどうも続けて聞いていくと何だか変化に乏しいというか躍動感に欠けるようなところがある。それが多保孝一プロデュースに変わった途端に、1楽器1奏者による生バンド演奏、本職エンジニアによる録音、ミックスになり、やはりきちんと人員を割いただけあってモヤが晴れたかのようにグッと良くなった。

プロデューサー変更はデビュー以来全く変わらなかった省エネ&少人数う体制を一掃してシンガー家入レオを持ち直させ新たな地平へ向かわせる大きな出来事だっただけに、ベスト盤を出すのはもう少し先か、逆に西尾時代だけで区切れば良かったのにせっかく変化したばかりの時期になんだかなぁ…。

耳なじみのいいタイアップナンバーが並んでいて、芯の通った歌声もしっかりしていて良くも悪くも軽量級(ライト)で聞きやすいのは最大の魅力だ。あまりに同じ体制で楽曲を量産しすぎたのでデビュー時が1番インパクトがあって出すたび新鮮味に欠けていったところはあるが、さらっと聞き流しても耳障りがいいというのは省エネ体制での当たり障りのない音作りが功を奏した部分でもある。デビュー当時に打ち出した"強い"とか"孤高"なイメージを引っ張りすぎたところもあって、本人が自分はもっと普通で明るい部分もあるしパンケーキ食べにいったという発言をしたらリスナーに驚かれ、イメージが固定されすぎていたことに本人が驚いたなんて話も出てくるくらいだし、西尾体制に窮屈な部分が出ていたのも確かだと思う。冒頭3曲のモードこそが今とこれからの家入レオの方向性であり、だからこそ最新曲から聞かせる構成にした…と考えればまあ微妙に感じられたリリース逆順での収録も納得か。

オリジナルアルバムを聞いていない場合、個人的には1st〜3rdアルバムまでは今作で済ませて、4thアルバムを別途新たに聞くとよりこの先に期待が持てる流れになるかなと思う。

5th Anniversary Best (初回限定盤A)初回盤ライブDVD付A  5th Anniversary Best (初回限定盤B)初回盤MV集DVD付B  5th Anniversary Best (通常盤)通常盤 

印象度★★★★☆

2017.7.23更新

戻る