とってもええぞう

No タイトル 備考
MUSIC VIDEO
SAKURA 1stシングル
HANABI 2ndシングル
コイスルオトメ 3rdシングル
流星ミラクル 4thシングル
うるわしきひと 5thシングル
夏空グラフィティ 6thシングル
青春ライン 6thシングル両A面曲
茜色の約束 7thシングル
花は桜 君は美し 8thシングル
10 帰りたくなったよ 9thシングル
11 ブルーバード 10thシングル
12 プラネタリウム 11thシングル
13 気まぐれロマンティック 12thシングル
TV SPOT シングル12作+アルバム3作のCM映像
SPECIAL
帰りたくなったよ-こんにつあー!!2008 LIVE ver.- ライブ映像
帰りたくなったよ-アナザーテイクver.- 全く同じ構成のPVだがボツになった別テイク
帰りたくなったよ-比べたくなったよver.- 2つのテイクが並んで表示される

リリースデータ

2009年3月4日(DVD)
2013年12月11日(Blu-ray)
音楽DVDチャート初登場2位(総合2位)
音楽Blu-rayチャート初登場4位(総合9位)
売上2.8万枚
売上0.48万枚
ソニー

メンバー

Vocal&Backing Vocal 吉岡聖恵
Electric Guitar,Acoustic Guitar&Backing Vocal 水野良樹
Acoustic Guitar,Harmonica&Backing Vocal 山下穂尊

いきものがかり1stPV集。今時のヒットミュージシャンには珍しくCDにDVDがついたこともこの時点で1度も無かったため、完全に初の映像作品。よって全ての映像が初商品化となる。ここまでの全シングルPVと全作品のCM映像を収録。さらにメンバーもお気に入りの「帰りたくなったよ」が3連発される特典映像が収録されている。副音声ではMUSIC VIDEO、SPECIAL(CM以外)にメンバー3人による解説が入っている(曲も薄くかかっているのでむしろそっちがメインな感じ)。初回盤には「いきものカード011」というカードが封入されている。2013年に続編の『とってもええぞう2』が発売されている。この際に『帰ってきたとってもええぞう』として副音声を新たに収録し直してBlu-ray化して再発している。

ボーカル吉岡をかわいいと思うか思わないかでも変わってくる気がするが、やはり当初からボーカル吉岡を前面に出したプロモーションを展開していたので、吉岡が映っている場面が多く、吉岡ファンは必見。またストーリーっぽいPVも多く、そこに同じ役者が連続で出演していたりもするのでそういうあたりに注目しても面白い。グループのイメージ通りにポップで明るいPVが並んでいてどれも楽しく見れる。メンバー仲とテンションも高いため、副音声のトークも終始盛り上がっていて楽しい(かつてHysteric BlueのPV集でも副音声がついたが、全然トークが盛り上がらず、一部放送事故状態にさえなっていたりした上に、直後にあの事件でバンド自体が消滅した。それを思うとこのグループはとっても安泰だと改めて思う。やはり「気まぐれロマンティック」のPVはその中でも1番楽しいなぁ。

「帰りたくなったよ」はメンバーも自信作らしく、SPECIALではこの曲が3連発されるというありえない事態になっている。ライブ映像はさりげなくこれが初公開となるが、今後ツアー規模も大きくなっていくだろうし、いずれは単独でライブ作品も出るだろう。同時にこれがギター2人のメンバーがギターを全部しっかり確実に弾いているという意味で今作唯一のものでもある。アナザーテイクのPVだが、この曲は1カット長回しのため、切り替わりが一切ない完全な1発撮りである。その別バージョンというので、カメラの動きが違うのかと思いきやカメラの動きも多少アップの度合いに差がある部分はあっても、動きは全く同じ。ボーカル吉岡が少し微笑み増しで歌っているか、少しシリアスに歌っているかという程度しか違いが無い。さらにその後には2つの映像を見比べるバージョンもあったりと、最後にはさすがに見るのも飽きるし、そもそもこの曲そこまで好きじゃなかったので完全に聞き飽きてくるものがあった。こういうのより「気まぐれロマンティック」のメイキングとかが見たかった…。

とってもええぞう [DVD]DVD    帰ってきたとってもええぞう [Blu-ray] Blu-ray"帰ってきたとってもええぞう"

印象度★★★★☆

戻る