NEWTRAL

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
歩いていこう 水野良樹 水野良樹 本間昭光 21stシングル 最高9位 売上6.6万枚
笑ってたいんだ 水野良樹 水野良樹 亀田誠治 20thシングル 最高5位 売上5.3万枚
いつだって僕らは 山下穂尊 山下穂尊 田中ユウスケ、近藤隆史 22ndシングル 最高4位 売上3.3万枚
KISS KISS BANG BANG 水野良樹 水野良樹 鈴木Daichi秀行  
会いにいくよ 水野良樹 水野良樹 亀田誠治  
地球 山下穂尊 山下穂尊 本間昭光 インディーズ1stアルバム『誠に僭越ながらファーストアルバムを拵えました…』収録曲 リメイク
センチメンタル・ボーイフレンド 水野良樹 水野良樹 本間昭光  
白いダイアリー 吉岡聖恵 吉岡聖恵 西川進  
恋詩 山下穂尊 山下穂尊 蔦谷好位置  
10 NEW WORLD MUSIC 水野良樹 水野良樹 蔦谷好位置 20thシングル両A面曲
11 愛言葉 山下穂尊 山下穂尊 島田昌典  
12 おやすみ 水野良樹 水野良樹 島田昌典  

弦編曲:岡村美央(3)、eji(8)

“なまものばかり〜メンバーズBEST LIVEセレクション〜”
(初回盤のみ)
No タイトル 備考
SAKURA-2010 LIVE at 日本武道館 ver.- 1stシングル
ありがとう-2010 LIVE at 横浜アリーナ ver.- 18thシングル
1stライブ映像『いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! 2010 ?なんでもアリーナ!!!〜』収録音源と同一
気まぐれロマンティック-2009 LIVE at 渋谷C.C.Lemonホール ver.- 12thシングル
歩いていこう-2011 LIVE at 国立代々木第一体育館 ver.- 21stシングル
キミがいる-2010 LIVE at 日本武道館 ver.- 19thシングル
じょいふる-2010 LIVE at 日本武道館 ver.- 15thシングル両A面曲
YELL-2010 LIVE at 日本武道館 ver.- 15thシングル
ブルーバード-2010 LIVE at 横浜アリーナ ver.- 10thシングル
1stライブ映像『いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! 2010 ?なんでもアリーナ!!!〜』収録音源と同一
コイスルオトメ-2010 LIVE at 横浜アリーナ ver.- 3rdシングル
1stライブ映像『いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! 2010 ?なんでもアリーナ!!!〜』収録音源と同一
10 心の花を咲かせよう-2011 LIVE at 横浜スタジアム ver.- 3rdアルバム『My song Your song』収録曲
2ndライブ映像『いきものまつり2011 どなたサマーも楽しみまSHOW!!!〜横浜スタジアム〜』収録音源と同一

リリースデータ

2012年2月29日 初登場1位 初動19.3万枚、売上40.8万枚 Epic Records

メンバー

Vocal&Background Vocal 吉岡聖恵
Electric Guitar,Acoustic Guitarl&Background Vocal 水野良樹
Acoustic Guitar,Harmonica&Background Vocal 山下穂尊

いきものがかり5thアルバム。ベスト盤を挟んで2年2ヶ月ぶりのオリジナルアルバム。ベスト盤以降の3シングルを収録。初回盤はライブCD付属。メンバーがセレクトした10曲のライブ音源が収録されているがそのうちの4曲は過去の2作のライブDVD/Blu-rayに収録済みの音源となる。初回盤はさらに10組のデザイナー&イラストレーターとコラボしたポストカード12枚、全作品恒例の「いきものカード」028、三方背BOX仕様となっている。発売日の2月29日はボーカル吉岡の7歳(推定28歳)の誕生日となる。なおニュートラルの本来の綴りは「NEUTRAL」であり、今回のタイトルは造語である。今回もサポートギターが全面参加しているため、メンバー2人がレコーディングにどれだけ参加しているかは不明である。ライブCDにおいては1,3,5,6,7はサポートギターが入っておらず完全にメンバーのみのギター演奏だが、残りの曲にはサポートギターが1名入っている。ただギターソロ等目立つところは基本的に水野、アコギは山下が弾いていると思われる。

ベスト明け1発目ながらいきものがかりの王道志向にブレはない。期待を裏切らない直球王道ポップスが並んでいる。抜群の安定感であり、今回もそれなりに傑作である。バラードが多くなりがちではあるが、はじけた曲やA面では普段見せないような一面もアルバムでは見せているのでバランスも良い。総じて万人受け確実のヒットアルバムだと思う。一方でストリングスが12曲中9曲と過去最多使用となり、言い換えると鈴木Daichi秀行、蔦谷好位置の2人が担当した曲以外は全て入っている。田中ユウスケ、近藤隆史と西川進に関しては弦編曲を別の人物が担当する形になっているが、現在メインで起用されている本間昭光、亀田誠治、島田昌典の3人は漏れなくストリングス全面使用。初期にアレンジを担当していた江口亮がついにいなくなってしまったこともあって、見事なまでのストリングス病っぷりが炸裂してしまった。当然それだけ予算があるということなんだろうけど、ハーモニカが絶滅寸前になってしまうという状況はさらに加速している。未だに山下の自己紹介が「ギターハープの山下です」になっているだけあってハーモニカを忘れているわけではないと思われるが…。傑作であると同時にかつてコブクロが辿った道と全く同じ大作志向(コブクロの『5296』と今作はほぼ同じような立ち位置になると思う)、ストリングス病の進行はやはり気になる。そういう意味ではどんどん拡大して大きくなっていったいきものがかりのピークというか飽和点が今作になるのかなというのが全体的な印象。王道の軸は絶対にブレないと思われるので、基本的に大きくなるというのは演奏面でのストリングスやブラスなど大人数の起用やライブの会場規模というところだがどちらも既にこれ以上拡大できない最大のところまで行きついたと思う。そうなると後はもう…。

“なまものばかり〜メンバーズBEST LIVEセレクション〜”
王道志向だけあって、ライブベストも最大公約数的選曲。ベストに漏れていたけど古くからのファンには人気なあのシングルやアルバム曲を!みたいな考えは全く無いようだ。むしろベストで入った新規のリスナーにそのライブ音源を届けるといった趣き。メンバーがバッチリ演奏しているという点と、ライブならではの盛り上がり、吉岡のボーカルの幅広さを感じられる内容。大会場でのライブばかり収録されているのでスケールも大きい。またCDと違って3人だけのアコースティック演奏から入る「SAKURA」や、かなり長尺アレンジになった「コイスルオトメ」などCD音源とは異なるアレンジで収録されている曲もあるので違いも楽しめる。

NEWTRAL(初回限定盤) 初回盤ライブCD付   NEWTRAL(通常盤) 通常盤 

印象度★★★☆☆

戻る