桜咲く街物語

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
SAKURA 水野良樹 水野良樹 島田昌典 1stシングル 最高17位 売上5.9万枚
KIRA★KIRA★TRAIN 水野良樹 水野良樹 島田昌典  
HANABI 水野良樹 水野良樹 江口亮 2ndシングル 最高5位 売上5.7万枚
君と歩いた季節 水野良樹 水野良樹 湯浅篤  
コイスルオトメ 水野良樹 水野良樹 田中ユウスケ 3rdシングル 最高15位 売上1.5万枚
流星ミラクル 水野良樹 水野良樹 WESTFIELD 4thシングル 最高22位 売上2.0万枚
青春のとびら 水野良樹 水野良樹 WESTFIELD 5thシングル両A面曲
ひなげし 山下穂尊 山下穂尊 湯浅篤  
ホットミルク 山下穂尊、
水野良樹
山下穂尊 亀田誠治 1stシングルC/W
10 いろはにほへと 山下穂尊 山下穂尊 江口亮  
11 うるわしきひと 水野良樹 水野良樹 江口亮 5thシングル 最高17位 売上1.9万枚
12 夏・コイ 山下穂尊 山下穂尊 田中ユウスケ  
13 タユムコトナキナガレノナカデ 山下穂尊 山下穂尊 島田昌典  
[bonus track]
14 SAKURA-acoustic version- 水野良樹 水野良樹 島田昌典  

Sound Produced by 島田昌典(1,2,13,14)、西原永二&江口亮(3,10,11)、湯浅篤(4,8)、西原永二&田中ユウスケ(5)、西原永二(6,7)、亀田誠治(9)、田中ユウスケ(12)

※全て200位以内データ

リリースデータ

2007年3月7日 初登場4位 売上21.8万枚 Produced by 西原永二 Epic Records

メンバー

Vocal 吉岡聖恵
Guitar&Vocal 水野良樹
Harmonica,A.Guitar&Vocal 山下穂尊

いきものがかり1stアルバム。03年からインディーズで3枚アルバムを出していたが、06年3月15日に『SAKURA』でメジャーデビュー。ロングヒットを記録して、以降も『HANABI』のアニメ「BLEACH」タイアップや『流星ミラクル』の土6タイアップ(威力弱まっていたためあまり効果なし)などそこそこのタイアップでシングルを5枚出すも、トップ10入りは1曲のみでなかなか固定ファンが増えずに苦戦。しかし1年引っ張ってシングルを大量収録した1stアルバムでは好調な売上を記録した。なお『夏・コイ』と『コイスルオトメ』はインディーズ時代のアルバムにも収録されていて、メジャーに来てリメイクしたものである。

ひねりのない直球ポップスクセがなくて、メロディーが耳に残るので誰もが楽しめる名盤。アルバム曲でもシングル同様に耳に残る曲が並んでいて飽きない。メンバーの作曲能力はなかなか高いようで、ハズレがない。ただ演奏の方は、ギターが2人もいるのに全曲サポートでギターが入っているので恐らくCDではメンバーほとんど弾いていないと思われる。確実にメンバーが出している音はサポート表記のない山下のハーモニカくらいのようだ(なおハーモニカはけっこう使用頻度が高い)。そういうこともあって、アレンジ演奏はほとんど外部任せで万人受けポップスを目指して作られているのだろう。そのためグループ独特の空気感みたいなものはあまりない。その点が今後は徐々に成長していく部分なんだろうけど、1stでこのレベルだと2nd以降クオリティを維持しつつ、持ち味を発揮していくという作業はかなり難しい気もする。とりあえず『夏・コイ』みたいに男性2人をメインにして全員がボーカルを取るなんてスタイルはいいアクセントになっていると思うので毎回1曲くらいはいいかも。

それにしてもそういう戦略なんだろうけどジャケットにしろ、吉岡聖恵を前面に出しすぎていて男性メンバー2人の存在感が薄いのが気になる。前述のように作詞作曲でその能力は存分に発揮しているものの、CDでのアレンジ演奏面ではハーモニカ以外、下手したら参加してない勢い。せめて最後の『SAKURA-acoustic version-』くらいはメンバーが弾いても良かったのではないか。ちなみにこの曲と『コイスルオトメ』のサポートギターは藤井謙二とクレジットされている。MY LITTLE LOVERの元メンバーだと思われる。また「流星ミラクル」「青春のとびら」「夏・コイ」の3曲のドラムを担当しているのは当時はART-SCHOOL、後にLUNKHEADメンバーとなる櫻井雄一。

桜咲く街物語

印象度★★★★☆

戻る