44982 VS 1650

44982 TOKYO DOME DISC1
No タイトル 作詞 作曲 備考
1 POWER INTRODUCTION     オープニングSE
2 BIRTHDAY SONG Tack and Yukky TAKUYA 5thアルバム『THE POWER SOURCE』収録曲
3 ナチュラル ビュウティ'98 YUKI TAKUYA 6thアルバム『POP LIFE』収録曲
4 そばかす YUKI 恩田快人 9thシングル
5 BATHROOM Tack and Yukky TAKUYA 13thシングルC/W
6 ドキドキ YUKI 恩田快人 8thシングル
7 散歩道 YUKI 五十嵐公太 14thシングル
8 手紙をかくよ YUKI TAKUYA 6thアルバム『POP LIFE』収録曲、17thシングル(カット)
9 イロトリドリノセカイ TAKUYA TAKUYA 6thアルバム『POP LIFE』収録曲、16thシングル(カット)
10 Little Miss Highway YUKI 五十嵐公太 3rdアルバム『MIRACLE DIVING』収録曲
11 ランチインサバンナ TAKUYA TAKUYA 6thアルバム『POP LIFE』収録曲
12 帰れない2人 YUKI 恩田快人 3rdアルバム『MIRACLE DIVING』収録曲

 

44982 TOKYO DOME DISC2
No タイトル 作詞 作曲 備考
1 Miracle Night Diving YUKI TAKUYA 3rdアルバム『MIRACLE DIVING』収録曲
2 KYOTO TAKUYA TAKUYA 3rdアルバム『MIRACLE DIVING』収録曲
3 ドュビドュバディスコフィーチャリング ウィズ サー・サイコ・セクシー
ミュージック・ファイター
Tack and Yukky TAKUYA 6thアルバム『POP LIFE』収録曲〜
15thシングル
4 ジーザス!ジーザス! YUKI TAKUYA 6thアルバム『POP LIFE』収録曲
5 くじら12号 Tack and Yukky TAKUYA 11thシングル
6 ラブリーベイベー YUKI TAKUYA 5thアルバム『THE POWER SOURCE』収録曲、12thシングル(カット)
7 LOVER SOUL YUKI TAKUYA 13thシングル
8 Over Drive YUKI TAKUYA 7thシングル

 

1650 EBISU GARDEN HALL DISC3
No タイトル 作詞 作曲 備考
1 ダイナマイト YUKI 恩田快人 2ndアルバム『ORANGE SUNSHINE』収録曲
2 JUDY IS A TANK GIRL YUKI 恩田快人 1stアルバム『J・A・M』収録曲
3 ステレオ全開 Tack and Yukky TAKUYA 3rdアルバム『MIRACLE DIVING』収録曲、9thシングルC/W(カット)
4 ジーザス!ジーザス! YUKI TAKUYA 6thアルバム『POP LIFE』収録曲
5 Miracle Night Diving YUKI TAKUYA 3rdアルバム『MIRACLE DIVING』収録曲
6 BIRTHDAY SONG Tack and Yukky TAKUYA 5thアルバム『THE POWER SOURCE』収録曲
7 Over Drive YUKI TAKUYA 7thシングル
8 Little Miss Highway YUKI 五十嵐公太 3rdアルバム『MIRACLE DIVING』収録曲
9 帰れない2人 YUKI 恩田快人 3rdアルバム『MIRACLE DIVING』収録曲
10 ドュビドュバディスコフィーチャリング ウィズ サー・サイコ・セクシー
ミュージック・ファイター
Tack and Yukky TAKUYA 6thアルバム『POP LIFE』収録曲〜
15thシングル
11 Oh! Can Not Angel YUKI 五十嵐公太 3rdアルバム『MIRACLE DIVING』収録曲
12 The Great Escape YUKI 恩田快人 5thアルバム『THE POWER SOURCE』収録曲
13 ラブリーベイベー YUKI TAKUYA 5thアルバム『THE POWER SOURCE』収録曲、12thシングル(カット)
14 どうしよう YUKI 恩田快人 2ndアルバム『ORANGE SUNSHINE』収録曲
15 POPSTAR YUKI 恩田快人 2ndアルバム『ORANGE SUNSHINE』収録曲

リリースデータ

1999年3月31日 初登場7位 売上28.7万枚 Total Stage Concept by TAKUYA Epic Records

メンバー

Vocal YUKI
Guitar,Toys,Backing Vocal TAKUYA
Bass,Backing Vocal 恩田快人
Drums,Backing Vocal 五十嵐公太

JUDY AND MARYライブアルバム。限定生産。98年12月26日の東京ドームでのライブの模様がDISC-1、DISC-2に収録されていて、2日後の12月28日恵比寿ガーデンホールで行なわれたシークレットライブの模様がDISC-3に収録された3枚組。44982はドームの観客数で、1650はガーデンホールの観客数。98年12月31日の紅白出演を最後に活動休止に突入しており、99年のCDリリースは今作のみだった。スリーブケース仕様、分厚い3枚組ケースに歌詞ブックレットと別冊でフォトブックが付属。

当時最新の『POP LIFE』を中心にベスト選曲になっている。ドームライブの方はメンバーは出来に満足が行ってなかったらしいが、2枚に渡って繰り広げられるライブはけっこう迫力があって良い感じ。アンコールを求める観客の声援をそのまま収録していたり、最後の最後に観客へ感謝の言葉を叫ぶYUKIのマイクなしの肉声(ボリュームあげないと聞きにくい)をちゃんと収録していたりと臨場感たっぷり。広い会場ならではのスケールの大きな雰囲気が伝わってくる。今作ではTotal Stage Conceptというこれまた1人で仕切っているかのようなクレジットがされているTAKUYAだが、MCでYUKIがトークしている途中で「長い」と止めたり、アンコール明けでもYUKIが喋っているのを止めたり、五十嵐が後ろの方の人にも届くように演奏するよ!とMCした後に、じゃあ俺は目の前の貴方だけに!とマジトーンで言い放ち、YUKIがそれを冗談として笑いにしようとしたのに対応に困るような「それもいいじゃん」などと言い放つひねくれっぷり。流れに合わない言動と身勝手っぷりがどうにも少々気になる。

DISC-3は観客も少ない狭い会場と言う事で客との距離も近く、一体感がすさまじい。熱い。ファンの間でも特にこのDISC-3の評判は高いようだが、ライブバンドとしてのJAMの最高の空気をそのままパッケージしたような勢いに溢れている。DISC-1,2と被っている曲がいくつかあるが、やはり会場の広さだけでも聞こえ方はけっこう違う。初期のパンキッシュな曲で最初から勢い全開。比較的初期の曲が多く、ガールパンク的な側面が目立っている。なお『Over Drive』直前のMCでTAKUYAが「まだまだお前らそんなんじゃ×××に負けてるよ」と発言。×××はどうやら実在のバンド名を言ったらしく、編集されてピー音になってしまっている。

ぎっしり収録されているので長いが、ライブバンドとしてのJUDY AND MARYの勢いが存分に詰まった1作。

44982 VS 1650

印象度★★★★☆

06年執筆の感想を2017.3.23修正

戻る