COMPLETE BEST ALBUM 「FRESH」

DISC-1
No タイトル 作詞 作曲 備考
1 POWER OF LOVE YUKI 恩田快人 1stシングル 最高95位 売上0.3万枚 フェードアウトしない
2 BLUE TEARS YUKI 恩田快人 2ndシングル 100位圏外
最後の風の音が長い
3 DAYDREAM YUKI 恩田快人 1stアルバム『J・A・M』収録曲
3rdシングル(カット) 最高58位 売上1.3万枚 フェードアウトしない
4 Hello! Orange Sunshine YUKI 恩田快人 4thシングル 最高22位 売上9.9万枚
5 RADIO Tack and Yukky TAKUYA 4thシングルC/W
6 小さな頃から YUKI 恩田快人 2ndアルバム『ORANGE SUNSHINE』収録曲
6thシングル(カット) 最高37位 売上3.9万枚
7 自転車 YUKI 恩田快人 2ndアルバム『ORANGE SUNSHINE』収録曲
6thシングルC/W(カット)
8 Over Drive YUKI TAKUYA 7thシングル 最高4位 売上67.0万枚
9 KYOTO TAKUYA TAKUYA 3rdアルバム『MIRACLE DIVING』収録曲 フェードアウトしない
10 ドキドキ YUKI 恩田快人 8thシングル 最高8位 売上25.6万枚
曲前にYUKIの喋り声+カウント追加
11 そばかす YUKI 恩田快人 9thシングル 最高1位 売上105.8万枚

 

DISC-2
No タイトル 作詞 作曲 備考
1 クラシック Tack and Yukky TAKUYA 10thシングル 最高3位 売上63.2万枚
2 くじら12号 Tack and Yukky TAKUYA 11thシングル 最高5位 売上44.7万枚
3 散歩道 YUKI 五十嵐公太 14thシングル 最高3位 売上47.9万枚
4 ミュージックファイター Tack and Yukky TAKUYA 15thシングル 最高4位 売上14.8万枚
5 LOVER SOUL YUKI TAKUYA 13thシングル 最高5位 売上50.4万枚
6 Brand New Wave Upper Ground YUKI TAKUYA 18thシングル 最高4位 売上15.8万枚
7 ひとつだけ Tack and Yukky TAKUYA 19thシングル 最高9位 売上11.1万枚
8 motto Tack and Yukky TAKUYA 20thシングル 最高8位 売上13.8万枚
9 ラッキープール Tack and Yukky TAKUYA 21stシングル 最高3位 売上18.3万枚
10 PEACE-strings version- Tack and Yukky TAKUYA 6thアルバム『WARP』収録曲
22ndシングル(リアレンジカット) 最高8位 売上7.3万枚

リリースデータ

2006年2月8日
2009年9月2日(Blu-spec CD)
初登場2位 売上19.9万枚 Producers:佐久間正英、藤井丈司、JUDY AND MARY、TAKUYA Epic Records

メンバー

Vocal,Backing Vocal,Pianica YUKI
Guitar,Backing Vocal,Keyboards,Trumpet,Acoustic Piano,Toys TAKUYA
Bass,Backing Vocal 恩田快人
Drums,Percussions,Backing Vocal 五十嵐公太

JUDY AND MARY3rdベストアルバム。00年に発売されたベスト盤『FRESH』に以降解散までの間にリリースした4シングルを追加収録し、2枚組に分割した完全版ベストアルバムとして発売された。しかし元の『FRESH』に未収録だった4枚のシングル「Cheese“PIZZA”」、「ラブリーベイベー」、「イロトリドリ ノ セカイ」「手紙をかくよ」は追加されなかったため、シングルを網羅したコンプリートシングルコレクションというわけではない。"全曲TAKUYA自らによりロンドンリマスタリング"との宣伝文句だが、実際にTAKUYAがリマスター作業を行ったわけではなく、Tim Youngによるロンドンメトロポリスでのリマスターが施されており、TAKUYAは立ち会った、監修したというのが正しい。また00年の『FRESH』も同じスタジオ、同じエンジニアによるリマスターが行われていた。

ジャケットデザインの微妙な変更(ミルクの飛沫がハート型に変更)、ライナーノーツとメンバー解説はそのまま転載+06年ライナーノーツは別紙で封入、追加4曲には新たなYUKIとTAKUYAが解説されている。アルバムクレジットも00年盤のクレジットの下に06年盤の新規クレジットが記載されている。「PEACE-strings version-」はシングルカットされたこのバージョンではアルバム初収録。また「BLUE TEARS」の最後の風の音が長くなった「ドキドキ」の曲前に『The Great Escape』で追加されていたYUKIによるカウントに加えてさらにその前にYUKIが喋っている声も追加されたという変更がある。期間限定盤は追加4曲のPVを収録したDVD付属(「ひとつだけ」にはCMサイズの映像しかないためそちらを収録)。『PEACE』以外は既にPV集に収録済みの映像となる。

これからJUDY AND MARYを聞くなら最も最適な1作…だがコンプリートと言っておきながら収録可能だったにも関わらずシングルをコンプリート出来てない上にアルバム曲も1曲だけ…とコンプリートな割には中途半端な1作。TAKUYAが監修した割にはちょっとお粗末というか、TAKUYAが監修したのはリマスターのみで収録内容に関してはあまり関与しなかったものと思われ、そこが惜しい。期間生産限定盤のDVDも追加4曲のPVだけ、という既にPV集が出ているのに中途半端極まりないものだし…。

そのリマスターに関しても宣伝文句に誤解を招くような表現があり、まずTAKUYAが自らリマスター作業したかのように記載した事、ロンドンでリマスターをことさら強調した事の2点。TAKUYAは曲コメントで前回は関与しなかった事と、リマスターで音が良くなったと語っているため、まるで前回はリマスターせずに出したかのようだが、今作は実際には『FRESH』と全く同じスタジオ、エンジニアによる再リマスターである。ただTAKUYAが立ち会って意見を入れた事もあってか、同じエンジニア、スタジオによる6年後の再リマスターでもこれまでの作品よりもより音に迫力があり、シャキッとした感じになったので概ねリマスター効果は感じられる。

個人的には『POP LIFE』以降なんとなくチェックしていた程度で、JUDY AND MARYはそこそこ好き程度だったんだけど、今作を改めて聞いたところ、実にしっくりとハマった。というかようやくこのバンドがいかに桁違いに凄かったのかが分かった。2枚組になった事で、恩田主導の前期、TAKUYA主導の後期と綺麗にDISCがセパレートし、バンドの実に濃い変遷が分かりやすく伝わるのは今作の魅力だ。

なお今作は収録時間にかなり余裕がある。このためベスト盤『The Great Escape』のDISC-1に並んで収録されている「Cheese“PIZZA”」、「ラブリーベイベー」、「イロトリドリ ノ セカイ」、「手紙をかくよ」という未収録シングル4曲をDISC-1に追加してCD-Rを作成すると文字通りのコンプリート盤を自作する事が出来る。これおススメ。

COMPLETE BEST ALBUM 「FRESH」 (1ヶ月期間生産限定盤DVD付)期間生産限定DVD付   COMPLETE BEST ALBUM 「FRESH」通常盤    COMPLETE BEST ALBUM FRESHBlu-spec CD

印象度★★★★★

発売当時の感想を2017.4.4修正

戻る