COMPLETE BEST ALBUM 「FRESH」

DISC-1
No タイトル 作詞 作曲 備考
POWER OF LOVE YUKI 恩田快人 1stシングル 最高95位 売上0.3万枚
BLUE TEARS YUKI 恩田快人 2ndシングル 100位圏外 
DAYDREAM YUKI 恩田快人 1stアルバム『J・A・M』収録曲
3rdシングル(カット) 最高58位 売上1.3万枚
Hello! Orange Sunshine YUKI 恩田快人 4thシングル 最高22位 売上9.9万枚
RADIO Tack and Yukky TAKUYA 4thシングルC/W
小さな頃から YUKI 恩田快人 2ndアルバム『ORANGE SUNSHINE』収録曲
6thシングル(カット) 最高37位 売上3.9万枚
自転車 YUKI 恩田快人 2ndアルバム『ORANGE SUNSHINE』収録曲
6thシングルC/W(カット)
Over Drive YUKI TAKUYA 7thシングル 最高4位 売上67.0万枚
KYOTO TAKUYA TAKUYA 3rdアルバム『MIRACLE DIVING』収録曲
10 ドキドキ YUKI 恩田快人 8thシングル 最高8位 売上25.6万枚
11 そばかす YUKI 恩田快人 9thシングル 最高1位 売上105.8万枚

 

DISC-2
No タイトル 作詞 作曲 備考
クラシック Tack and Yukky TAKUYA 10thシングル 最高3位 売上63.2万枚
くじら12号 Tack and Yukky TAKUYA 11thシングル 最高5位 売上44.7万枚
散歩道 YUKI 五十嵐公太 14thシングル 最高3位 売上47.9万枚
ミュージックファイター Tack and Yukky TAKUYA 15thシングル 最高4位 売上14.8万枚
LOVER SOUL YUKI TAKUYA 13thシングル 最高5位 売上50.4万枚
Brand New Wave Upper Ground YUKI TAKUYA 18thシングル 最高4位 売上15.8万枚
ひとつだけ Tack and Yukky TAKUYA 19thシングル 最高9位 売上11.1万枚
motto Tack and Yukky TAKUYA 20thシングル 最高8位 売上13.8万枚
ラッキープール Tack and Yukky TAKUYA 21stシングル 最高3位 売上18.3万枚
10 PEACE-strings version- Tack and Yukky TAKUYA 6thアルバム『WARP』収録曲
22ndシングル(リアレンジカット) 最高8位 売上7.3万枚

リリースデータ

2006年2月8日
2000年3月23日(旧作)
初登場2位
初登場1位
売上19.9万枚
売上177.6万枚
Producers:佐久間正英、藤井丈司、JUDY AND MARY、TAKUYA ソニー

メンバー

Vocal,Backing Vocal,Pianica YUKI
Guitar,Backing Vocal,Keyboards,Trumpet,Acoustic Piano,Toys TAKUYA
Bass,Backing Vocal 恩田快人
Drums,Percussions,Backing Vocal 五十嵐公太

JUDY AND MARYベストアルバム。99年に活動休止00年になって『Brand New Wave Upper Ground』をリリースして復活した直後に出たのが初のベスト盤となる『FRESH』だった。しかしバンドはその後1年間で本当に解散となってしまい、ファン投票リクエストベストは出たものの『FRESH』は結果的に中途半端なベスト盤になってしまっていた。今作は解散までのシングル4曲を追加収録し、2枚組に分けてTAKUYA監修の元でリマスタして生まれ変わったのが今作である。1ヶ月期間限定盤にはこの追加4曲のPVを収録したDVDがついている。『PEACE-strings version-』はこのバージョンではアルバム初収録。さらに以前の『FRESH』とは『ドキドキ』のオープニング、『BLUE TEARS』のアウトロなどが変わっている。新たなメンバー解説やライナーノーツも付属された上に実は同じに見えるジャケットにも微妙な変化がある。

リアルタイムではそこまでちゃんと聞いていなかった(「そばかす」とアルバム「POP LIFE」と今作の旧盤、リクエストベストをレンタルしたくらいでシングルのたびに追うことはしていなかった)ので解散した頃は曲は耳には入っていたがあまり好きでもなかった。JAMのパクリと言われたHysteric Blueの方がストレートな音楽をやっていたので当時はそっちの方がハマっていたというのもある。なのだが今作がCOMPLETE版としてリリースされた頃には趣味も変わってきており、実にしっくりとハマった。というかようやくこのバンドがいかに桁違いに凄かったのかが分かった。初期はわりかしストレートなガールポップといった感じだが、TAKUYAが主張を始めてからのギターサウンドは終始ソロを弾いているかのようにとっちらかっていてすさまじい。それが行き過ぎて後期は完全にTAKUYAの一色に染まってしまったのは少し残念ではあるが、常に挑戦し続けたバンドだった事はこのベスト盤だけでも分かる。他の作品と比べてもリマスタで音がいいので、最初に聞く1作としては非常におススメの1枚。

なお今作はコンプリートと言っておきながら全シングル収録ではない。『FRESH』時点で漏れていた『Cheese“PIZZA”』、『ラブリーベイベー』(カット)、『イロトリドリノセカイ』(カット)、『手紙をかくよ』(カット)の4曲は今回も無視されている。2枚組にして容量的には余裕があるのだからいっそコンプリートシングルコレクションにして欲しかった…。のですでに所持していた『The Great Escape』では並んで収録されていたこの4曲の音源をDISC-1に追加してCD-Rを作成。これおススメ。

COMPLETE BEST ALBUM 「FRESH」 (1ヶ月期間生産限定盤DVD付) DVD付   COMPLETE BEST ALBUM 「FRESH」 通常盤    COMPLETE BEST ALBUM FRESH Blu spec CD

印象度★★★★★(見かけそっくりの以前の『FRESH』FRESHと間違えないように。)

戻る