WARP

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
Rainbow Devils Land Tack and Yukky TAKUYA TAKUYA  
WARP       次の曲への繋ぎのインスト
Brand New Wave Upper Ground YUKI TAKUYA TAKUYA 18thシングル 最高4位 売上15.8万枚
カメレオンルミィ Tack and Yukky TAKUYA TAKUYA  
PEACE Tack and Yukky TAKUYA TAKUYA 22ndシングル(カット) 最高8位 売上7.3万枚
strings versionとしてシングルカット
LOLLIPOP Tack and Yukky TAKUYA TAKUYA  
あたしをみつけて YUKI 五十嵐公太 TAKUYA  
motto Tack and Yukky TAKUYA TAKUYA 20thシングル 最高8位 売上13.8万枚
ラッキープール Tack and Yukky TAKUYA TAKUYA 21stシングル 最高3位 売上18.3万枚
10 Sugar cane train YUKI TAKUYA TAKUYA 19thシングルC/W
11 ガールフレンド YUKI TAKUYA TAKUYA 20thシングルC/W
12 ひとつだけ-ver.WARP- Tack and Yukky TAKUYA TAKUYA 19thシングル 最高9位 売上11.1万枚

リリースデータ

2001年2月7日 初登場1位 売上88.7万枚 Produced by TAKUYA Epic Records

メンバー

Vocal,Backing Vocals YUKI
Guitar,Keyboards,Trumpet,Violin,Acoustic Piano,Toys,Vocal,Backing Vocals TAKUYA
Bass,Backing Vocals 恩田快人
Drums,Backing Vocals 五十嵐公太

JUDY AND MARY6thアルバム。2年8ヶ月ぶりのオリジナルアルバムにしてラストアルバム。00年に『Brand New Wave Upper Ground』で活動を再開。立て続けに初のベスト盤『FRESH』を発売。さらに『ひとつだけ』『motto』を発売するが、年が明けて01年1月9日に解散を発表。直後に『ラッキープール』が発売され今作がリリースされた。今作発売日からラストツアーをスタートさせ、3月8日の東京ドームライブで解散。翌日に『PEACE』をリアレンジした『PEACE-strings version-』が発売された。『Brand New Wave Upper Ground』は『FRESH』にも収録されたが今作にも収録されている。3度目の1位を獲得したが、ミリオンには届かなかった。今作では2ndアルバム以降プロデュースを手がけた佐久間正英が関わっておらずTAKUYAがアレンジとプロデュースを1人で担当している。

プロデュースどころかアレンジまでTAKUYA単独で手がけており、かろうじて五十嵐公太の曲が1曲だけ入っているのみ。作詞にも今までで1番介入しており完全にTAKUYA主導のアルバムになっている。サウンドもこれまでとは少し色が違ってまずバンドをあまり意識していない。1曲目から打ち込み全開のデジロックで幕を開けるし、様々な楽器をTAKUYAが自ら手がけて実験的な音があちこちに入っている。これまではあくまで自分の担当楽器であるギターでアバンギャルドなサウンドに挑戦している感じだったが、今作ではサウンド全部でやりたい放題やっている感じ。さらには『PEACE』ではYUKIとのツインボーカルまで披露。歌声はかなり微妙な感じだが…。正直JUDY AND MARYでやらなくてもいいようなところまでやっている印象で、もう何もやる事はない。解散も納得の内容。「最高のアルバムができたから解散」とメンバーは語ったが、今作が傑作かというとTAKUYAにとっては傑作だったのかもしれない。だがさすがにサウンド全体が実験的、ついにはメロディーでも以前のようなポップさがあまり見られず実験的だったりするので個人的にはそこまで好きになれなかった。それでも最後まで全力疾走的な勢いは伝わるアルバムである。

WARP

印象度★★★★☆

戻る