あすなろ

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 まぼろしを 吉田ゐさお 吉田ゐさお 吉田ゐさお  
2 夢見る頃は過ぎても 高木郁乃 吉田ゐさお 吉田ゐさお  
3 翔べ!イカロス 高木郁乃 吉田ゐさお 吉田ゐさお 7thシングル 最高53位 売上0.7万枚
4 チロ 高木郁乃 吉田ゐさお 吉田ゐさお  
5 初恋 高木郁乃 吉田ゐさお 吉田ゐさお 7thシングルC/W
6 なんてバカな女だろう 高木郁乃 吉田ゐさお 吉田ゐさお 8thシングルC/W(Showcase Styleとしてカット)
7 タコブ→チョっ!!(いい女 第2巻) 高木郁乃 吉田ゐさお 吉田ゐさお  
8 白い恋人 高木郁乃 吉田ゐさお 吉田ゐさお 6thシングル 最高39位 売上2.3万枚
9 希望 高木郁乃 吉田ゐさお 吉田ゐさお  
10 祈り 高木郁乃 吉田ゐさお 吉田ゐさお 8thシングル(Single Versionとしてカット) 最高83位 売上0.3万枚

Strings Arrangement:山下康介(8)

リリースデータ

2000年3月23日 初登場48位 売上1.8万枚 Produced by Jungle Smile Victor

メンバー

Vocal 高木郁乃
Keyboards,Region Conduct 吉田ゐさお

Jungle Smile3rdアルバム。ミニアルバム『夏色シネマ』と高木郁乃の声帯結節による休止を挟んで1年半ぶりのフルアルバムにして結果的に最後のオリジナルアルバム。98年にリリースされていた「白い恋人」と復帰第1弾となった先行シングル「翔べ!イカロス」とそのC/W「初恋」が収録された。「初恋」はシングルでは吉田ゐさおがミックスを担当していたが今作ではエンジニアが担当している。5月に「祈り」がSingle Versionとしてシングルカットされ、C/Wには「なんてバカな女だろう」が別バージョン(Showcase Style)で収録された。休止を挟んだ事と前作でブレイクしきれなかった反動もあってか、前2作はおろか『夏色シネマ』も下回り、アルバム全5作の中で最低売上となった。

今作でもさらに吉田ゐさおはやりたい放題にサウンドを追及している。ただ今まで自分で弾いていたアコースティックギターをほぼ弾いておらず、キーボードでの参加が増え、音の編集の事をProgrammingではなくRegion Conductとクレジットするなどの変化も。対して高木郁乃の歌詞やボーカルは前2作とはやや傾向が異なってきており、今までよりも視点が色々な意味で大人になったように思う。休止を経て復帰への決意が歌われているような「翔べ!イカロス」はその中でも強く刺さってくる楽曲だ。ただアルバム全体では主にサウンド面で凝りすぎてこれまで以上に分かりにくい。実験的なサウンドは面白くはあるんだけど、シングルのイメージで聞くとなんか微妙に違うんだよなぁ…。

あすなろ  

印象度★★★☆☆

戻る