Super Best Singles〜10th anniversary

DISC-1
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
keep yourself alive<Radio Edit Mix> 小室哲哉 小室哲哉 小室哲哉 1stシングル 最高8位 売上37.0万枚
I BELIEVE<Radio Edit> 小室哲哉 小室哲哉 小室哲哉 2ndシングル 最高4位 売上102.8万枚
I'm proud<Radio Edit> 小室哲哉 小室哲哉 小室哲哉 3rdシングル 最高2位 売上139.0万枚
LOVE BRACE 小室哲哉 小室哲哉 小室哲哉 4thシングル(カット) 最高6位 売上25.5万枚
save your dream<Original Mix> 小室哲哉 小室哲哉 小室哲哉 5thシングル 最高1位 売上93.0万枚
Hate tell a lie<Original Mix> 小室哲哉 小室哲哉 小室哲哉 6thシングル 最高1位 売上105.9万枚
LOVE IS ALL MUSIC<Original Mix> 小室哲哉 小室哲哉 小室哲哉 7thシングル 最高1位 売上65.3万枚
たのしく たのしく やさしくね<Original Mix> 小室哲哉・
華原朋美
小室哲哉 小室哲哉 8thシングル 最高1位 売上41.7万枚
I WANNA GO<Single Mix> 小室哲哉 小室哲哉 小室哲哉 9thシングル(カット) 最高20位 売上4.8万枚
10 YOU DON'T GIVE UP<Single Mix> 小室哲哉 小室哲哉 小室哲哉 10thシングル(カット) 最高7位 売上6.6万枚

 

DISC-2
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
tumblin' dice<Original TK Mix> 小室哲哉 小室哲哉 小室哲哉 11thシングル 最高2位 売上18.9万枚
here we are<Single Mix> 小室哲哉 小室哲哉 小室哲哉 12thシングル 最高5位 売上15.6万枚
dairy news<STRAIGHT RUN> 小室哲哉 小室哲哉 小室哲哉 13thシングル 最高13位 売上5.8万枚
as A Person 華原朋美 菊池一仁 明石昌夫 14thシングル 最高6位 売上28.7万枚
be honest<Original Mix> 華原朋美 菊池一仁 明石昌夫 15thシングル 最高12位 売上5.1万枚
Believe In Future〜真夜中のシンデレラ〜 華原朋美 菊池一仁 本間昭光 16thシングル 最高28位 売上2.9万枚
Never Say Never<japanese version> 中山加奈子 Andy Marvel,
Billy Mann&
Jennifer Paige
Andy Marvel 18thシングル 最高10位 売上7.9万枚
PRECIOUS<japanese version> 華原朋美・
樋口侑
Vincent Degiorgio,
Berny Cosgrove,
Kevin Clark
斉藤仁 19thシングル 最高34位 売上1.4万枚
あきらめましょう 華原朋美・
グ・ヨースン
木村充揮 TATOO 21stシングル 最高28位 売上2.2万枚
10 PLEASURE 黒須チヒロ 細井かおり 清水信之 22ndシングル 最高55位 売上0.4万枚

リリースデータ

2005年12月14日 初登場65位 売上0.3万枚 ジェネオン

華原朋美4thベストアルバム。10周年記念シングルコレクション。DISC-1がジェネオン(ORUMOK)時代、DISC-2がワーナー時代の楽曲となっている。〜Mixとか色々ついているが全てシングル1曲目収録のシングルバージョンである。レコード会社の枠を越えての選曲はこれが初だった。とはいえ3社のうち2社が協力しただけで、この2社はそれぞれ単独でベストを発売している。ワーナーは移籍の少し前にベスト盤を出してしまったので「PLEASURE」がアルバム初収録。またこの時期の22作のシングルのうち「Blue Sky」「あなたのかけら」の2作が収録されていない。この時点でユニバーサルに移籍してシングルを2枚、アルバム1枚を出していたが今作にユニバーサルは関与していないためこれも未収録。そのため実質95年〜03年までのシングルコレクション−2となっている。今作以降は06年にシングル2枚発売後に芸能界引退状態になってしまうため、今作が引退前最後のアルバムとなった。20周年に全シングルA面を網羅した『ALL TIME SINGLE BEST』がリリースされることで完全に役目を終えた。

初期の楽曲の完成度はズバ抜けている。改めてよく聞くと実は当初から声は高いものの歌唱が不安定だったことは分かるがそんなことは気にならないくらいの勢いがある。ところが『たのしく たのしく やさしくね』辺りから怪曲の連発となる。この曲、サビはそうでもないのだがそれ以外が奇怪なメロディーになっていて全く歌えていない。続く2曲のシングルカットは何故カットしたのか意味不明なほど非売れ線であり、下降しかけていた人気にトドメを指す以外の目的が見えないほど。その後の小室末期三部作はやがて来る小室との破局や一連の騒動を考えると既にその不穏な空気が痛いほどに現れている。楽曲は複雑怪奇でもはや誰が歌っても下手にしかならないような不気味なメロディーが展開。伸ばす語尾の音程が全く安定しなくてブレまくる華原の歌唱は恐ろしくグダグダ。小室との関係を解消しての『as A Person』は怨念渦巻く楽曲だが歌はだいぶ安定。しかし続く売れない時代の楽曲はそこまで悪くは無いが初期の煌めきが凄すぎてどうしても霞んでしまう。『あきらめましょう』の明るさと開き直った感は新たなステージを予感させるが、結局精神状態が安定せずに活動が終了せざるを得なかったのは残念だ。全20曲で恐ろしいほどの変化を感じられる1作

発売から10年は一気にシングルを追える今作か、アルバム曲も聞きながら02年まで追うことが出来る『kahara compilatuon』or『Best Selection』→『Natural Breeze』という流れが入口には推奨だった。ただ今作だと「Blue Sky」「あなたのかけら」が抜けてしまい、『kahara compilatuon』or『Best Selection』→『Natural Breeze』の流れだと「PLEASURE」が抜けてしまう、とどっちを選んでも抜けが発生するのが少々面倒。そんなわけで発売から10年、不完全ながら他にないので重宝された1作だったが、20周年に全シングルA面を網羅した『ALL TIME SINGLE BEST』が登場した事で、全シングルをチェックしたいなら『ALL TIME SINGLE BEST』を聞けば良くなった。わざわざ不完全な今作を手に取る必要はないかも。

Super Best Singles~10th Anniversary

印象度★★★★☆

戻る