ZYYG シングル回顧~1993-1997~

93年に高山征輝(Voacl)、ソロシンガー、作曲者として活動していた栗林誠一郎(Bass,Keyboards)の2人組ユニットとしてデビュー。4thシングルで後藤康二(Guitar)藤本健一(Drums)が加入して4人組バンド編成となり、1stアルバムをリリースするも栗林が脱退。メインライターだった栗林の脱退により1年近くリリースが止まったが、加藤直樹(Bass)が加入し、高山がメインライターとなり活動を再開。最終的に10枚のシングル、アルバム3枚をリリースするも3rdアルバムをリリースした97年に活動が停止し、99年に解散が発表された。

06年2月には当時のGIZA studio御用達の大阪のhillsパン工場の地下にあるライブハウスでの一夜限りの復活ライブにして正式なラストライブが開催されたという。

ボーカルの高山はBON-BON BLANCOに1曲提供した程度でその行方はほぼ不明だったが、現役当時はメインではなかったが作曲も手掛ける事があったギターの後藤康二は作家として覚醒。当初はビーイングGIZA内部での提供にとどまっていたが、大島こうすけ、小澤正澄らと同様に外部への提供を開始してからは作編曲家として活躍しているので現在では後藤康二の名前が最も現役作家として知られていると思う。後藤康二はついに2013年には乃木坂46「ガールズルール」(作曲・編曲を単独で担当)で自身初の1位、最大ヒット記録を更新している。

ZYYGは既にビーイング主力作家でZARDへの提供でもお馴染みの栗林誠一郎がメンバーにいたので、当初から自作だった。しかしヒットした2シングルはともに織田哲郎の作曲だった。3度のトップ10入りは果たしているが、最終的に100位圏外に陥っていてあまり固定人気もつかめなかった。ビーイングのブームの中で生まれ、ブームと共に消えてしまったバンドの1つといえる。

しかしアニメ「SLAM DUNK」2代目OPを手掛けていた事もあって、スラムダンク世代にとっては聞いてみるきっかけが非常に大きなバンドである。実際そこから聞いてみたが、思っていた以上に自分たちのサウンドを確立し、鳴らしていたバンドだったんだなというのが最初の印象だった。

2012年頃に公開していたものを2017.9全面修正

「ZYYG シングル回顧~1993-1997~」の続きを読む…

ZYYG