KUWATA BAND シングル回顧-1986-

1985年のアルバム『KAMAKURA』を最後に原由子の産休も重なり、サザンオールスターズはデビュー以来初となる長期の休止に入った。桑田佳祐はサザンの松田弘(ドラム)、そして今野多久郎(ギター、リーダー)、河内淳一(ギター)、琢磨仁(ベース)、小島良喜(キーボード)とKUWATA BANDを結成し、1986年の1年間限定(厳密には86年春頃に始動して、87年年明けまでライブをやっていた)で活動した。

シングル4枚、アルバム1枚、ライブアルバム1枚をリリースしたが、アルバム『NIPPON NO ROCK BAND』は全英語詞で、その時点でリリースされていたシングル3作は全て未収録となった。ライブアルバム『ROCK CONCERT』にはシングル曲も入っていたが、オリジナルのシングルはアルバム未収録のまま活動を終了。

ライブアルバム『ROCK CONCERT』は当時としてはやや早くLP発売をせずにCDでリリースしていたものの、シングルはレコードのみ。92年に桑田佳祐のソロ『フロム イエスタデイ』がリリースされるまではCD化されないままだった。93年にようやく8センチシングル化され、C/WはここでCD化。01年にはソロ作品と一緒にリマスターによるマキシシングル再発も果たされ、2016年には配信でも解禁されて現在に至る。

桑田佳祐のソロ作品では『フロム イエスタデイ』『TOP OF THE POPS』にA面4曲は収録されたが、『I LOVE YOU-now&forever-』には未収録になった。これによりKUWATA BANDは現在そこまで再注目されることも無くなってきている。後追いリスナーほど『TOP OF THE POPS』でA面4曲を聞いただけに留まっていることも多いと思う。しかし当時の記録を見てみるとKUWATA BANDは当時のサザン以上とも言える大ヒットを記録している。

というのもO社の歴史において年間1位のワースト1位は87年、2位が86年であり、未だ破られていない。87年は年間1位で40万台、86年も1位こそ50万をかろうじて越えたものの2位は40万台であった。KUWATA BANDはこの時代に3,40万のヒットを連続で出していた。

「BAN BAN BAN」で4位、「スキップ・ビート」で8位…と何と1986年の年間チャートに2曲も送り込んでいるのである(なお「MERRY X’MAS IN SUMMER」は15位)。ここまでのサザンは82年に「チャコの海岸物語」で年間8位を記録した以外は年間トップ10入りを果たしていなかった(「勝手にシンドバッド」や「いとしのエリー」がヒットした頃は同程度の売上のヒット曲も多かった)。以降も「TSUNAMI」の年間1位を筆頭に何度も年間トップ10入りを達成したサザンだが2作トップ10入りさせたことは無い(2作同時リリースで週間1位2位とか1位3位とかはある)。01年には桑田佳祐ソロで2作年間トップ10入りを達成したが、サザンでは達成できていない事をKUWATA BANDとソロでやっているのである。

現在そこまでKUWATA BANDが凄かった感じが残っていないのはやはり『TOP OF THE POPS』を最後にベスト盤収録がされなくなった事、86年という時代自体がちょいと微妙で振り返られにくい、何よりKUWATA BAND以外の年間上位勢は当時のアイドルばかりで、この時代がアイドルの時代として懐古番組でもまとめられがちなのも原因だと思う。アイドル以外でも小林明子の「恋におちて」や渡辺美里の「My Revolution」のようにザ・代表曲みたいな立ち位置の曲であれば86年のヒット曲としてピックアップされるが、サザンと桑田佳祐に他に紹介すべき代表曲が多すぎるのでスルーされがちでもある。

当時なりに本気でロックに挑んだアルバム『NIPPON NO ROCK BAND』やライブアルバム『ROCK CONCERT』はサザンやソロでもあまり見る事ができないロックサウンドが展開していて多少の時代性は感じるものの非常にカッコよく、後追いでは新鮮さも感じられる。

シングルA面では比較的キャッチーでポップな曲を用意していたので、実はシングルよりもC/Wの方がアルバムで見せていた方向性に近かったりもする。そんなシングル4作を改めて振り返ってみる。本当は30周年に合わせるつもりがすっかり忘れてい

2017年9月執筆

「KUWATA BAND シングル回顧-1986-」の続きを読む…