L⇔R 全シングル回顧 1992-1997(後編)

初公開時、初ブログとして公開するもまとめ版を制作していなかったので改めてまとめ、本来の過去曲回顧ページへ移行。これに伴い、1ページだと長いので前編、後編に分割。

2017.3執筆
一般発売された全アルバム及びシングルはCD、CD未入手のC/Wは配信を利用し、アルバムと同一音源のため入手不要と思われる1st、4thシングル以外を入手して視聴。

「L⇔R 全シングル回顧 1992-1997(後編)」の続きを読む…

L⇔R

L⇔R 全シングル回顧 1992-1997(前編)

L⇔Rはリアルタイムでは全く知らず、00年頃にミリオンヒットの8センチシングルを集めていた際に「KNOCKIN’ON YOUR DOOR」を入手したのが最初の出会いだった。
しかしこの時はそれっきりで、その後高3の頃にベスト盤『Last Roll』発売時に聞いてみようと思うもレンタル入荷されなかったのでその時は聞かず、大学3年か4年頃(05,06年)に図書館でベスト盤『Last Roll』を発見。よし聞いてみっか!と軽い気持ちで聞いたところ激しい衝撃を受けてそのままオリジナルアルバムを一挙制覇した。

過去曲回顧で取り上げたいとはずっと思っていたが、L⇔Rの場合プロリスナー的に洋楽と絡めて語られる事も多く、そういった文章を書くことは不可能であり、究極的に言えば全て極上のポップスの一言で話が終わってしまう。
それゆえ逆に書けなかったが、25周年でアルバムが一斉再発され、盛り上がってきているのでとりあえず1回書いてみようということで決行。

今回はC/Wまで含めたシングル13作のみに絞って振り返ってみたので個人的に上位に来る「SOCIETY’S LOVE」などアルバム曲は取り上げていない。

2017.3執筆
一般発売された全アルバム及びシングルはCD、CD未入手のC/Wは配信を利用し、アルバムと同一音源のため入手不要と思われる1st、4thシングル以外を入手して視聴。

「L⇔R 全シングル回顧 1992-1997(前編)」の続きを読む…

L⇔R