6th だけど止められない/いつでも いまでも いつかは

だけど止められない
93年11月3日
初の両A面シングル。ジャケットを見ても確かに両A面だったのに、「いつでも いまでも いつかは」はアルバムに収録されず、その後の3rdアルバム封入のディスコグラフイーではC/W扱いされてしまい、格下げになっていた。at the BEING studioでは時系列には組み込まれなかったものの無事に収録されてライナーでも両A面として扱われた事で地位が回復した。 「6th だけど止められない/いつでも いまでも いつかは」の続きを読む…

MANISH

5th 眠らない街に流されて

眠らない街に流されて
93年7月28日
作詞:大黒摩季、作曲:織田哲郎
大黒摩季作詞提供3部作(?)のラスト。何気に4番ヒットだったりする。早くもマンネリ感すら漂うほどの徹底的な王道サウンドでここからは正直これぞMANISHな曲が平行線で連発されていく印象がある。2作連続の織田哲郎だがやはり今回も織田哲郎にしてはフツーな感じで、あまり重要視されていなかったのかなと思ってしまうようなところも…。
★★★☆☆
2ndアルバム『INDIVIDUAL
1stベスト『MANISH BEST Escalation
2ndベスト『complete of MANISH at the BEING studio
3rdベスト『BEST OF BEST 1000 MANISH

MANISH

4th 君が欲しい 全部欲しい

君が欲しい 全部欲しい
93年6月2日
作詞:大黒摩季、作曲:織田哲郎
アップテンポな曲が続いていたがややテンポを落としたミディアムナンバー。サビが意外と広がらないためやや地味目。作曲が織田哲郎にしてはなんだかもう1つ突き抜けたところがない曲だ。ZARDやWANDSに与えていた曲に比べると一段以上落ちるというか…。間奏で聞けるDIMENSION勝田一樹のSaxソロはいい味を出していて今作最大の特徴として機能している。
★★★☆☆
2ndアルバム『INDIVIDUAL』(Album Version)
1stベスト『MANISH BEST Escalation
2ndベスト『complete of MANISH at the BEING studio
3rdベスト『BEST OF BEST 1000 MANISH

MANISH

3rd 素顔のままKISSしよう

素顔のままKISSしよう
93年2月17日
作詞:大黒摩季、作曲:西本麻里
最高34位は圏外の1stに続くワースト2位だが売上は自身5番目。高橋のボーカルは大黒摩季に近いものがあるが、その大黒摩季が作詞で提供してここから3作続く。後にビーイングを辞めた大黒摩季への嫌がらせとして作詞クレジットが利用され、一時期コンピ盤ではMANISHの大黒作詞の楽曲のクレジットも例のアレに改変されていた時期もあった。

歌唱法で指導でも受けたのか、歌詞に引っ張られたのか、前の2作よりも声が大黒っぽくなっているような…。曲の方は相変わらずキャッチー&ロックだが、サビの爽快さ、突き抜け加減がけっこう耳に残る良曲。自作ながら他の曲よりもむしろビーイング王道っぽいキャッチーさ、MANISHに提供した織田哲郎の曲よりなんだか織田哲郎みたいなのはこういう曲が採用されやすいという事で徹底的に狙って作ったからなんだろうか。
★★★★☆
1stアルバム『MANISH
1stベスト『MANISH BEST Escalation
2ndベスト『complete of MANISH at the BEING studio
3rdベスト『BEST OF BEST 1000 MANISH

MANISH

2nd 声にならないほどに愛しい

声にならないほどに愛しい
93年1月8日
作詞:上杉昇、作曲:織田哲郎
WANDS上杉の作詞提供、作曲が織田という数ヵ月後のDEEN、ZYYGのデビュー曲と同じパターン。上杉もコーラス参加してかなり存在感を発揮している。一応この曲が上昇型ヒットになり、MANISH最大のロングヒット(100位以内15週ランクイン)。最高位こそ26位だが20万枚に迫る自身2番ヒットで代表曲の1つとなっている。

個人的には先に聞いていたWANDSの曲という印象が強い。また同じ織田曲の「愛を語るより口づけをかわそう」と似ている印象が強く、キャッチーなんだけど量産型タイプの曲という印象もある。それでもMANISHの織田哲郎作品では今作がダントツか。
★★★☆☆
1stアルバム『MANISH
1stベスト『MANISH BEST Escalation
2ndベスト『complete of MANISH at the BEING studio
3rdベスト『BEST OF BEST 1000 MANISH

MANISH

1st 恋人と呼べないDistance

恋人と呼べないDistance
92年12月20日
作詞:小田佳奈子・すみれ、作曲:すみれ
唯一全くヒットしなかった(100位圏外)デビュー曲。そして実は幻のデビュー作である。『MANISH』、ベストアルバム2作で聞けるのは130 Brand-New mixと題されたバージョンであり、オリジナルのシングルバージョンは8センチシングルでしか聞けない。シングルのアレンジには納得が行っていなかったらしく、即廃盤になってしまっていたらしく、ほぼ黒歴史化している。中古で探そうとすると元が売れてないので地味に至難(2016年になってようやく偶然発見した)でネットで買おうとするとけっこう凄い価格になっている。なおC/Wのタイトルも「ロマン作戦GO! and GO!」という80’sアイドルを引きずったようなタイトル

聞き比べると130 Brand-New mixはまさに改良版にして完成版といった印象。mixとはなっているがリアレンジに近いくらいにけっこう変わっている。先に130 Brand-New mixを聞いてからシングルバージョンを聞くとボーカルは固いし、アレンジも打ち込みとギターが噛み合っていないというかギターサウンドがハードにしたいのか引っ込めたいのか何とも中途半端。

ただ最初から明石昌夫によるサウンドプロデュースで一貫しているので、大まかにはまあこういう方向性というのはハッキリしていてシングルバージョンが全く彼方を向いているわけではない。ポップで煌びやかな派手なキーボードサウンドにハードなギターサウンドを融合させたサウンドという当時のビーイングのど真ん中であるのは変わっていない。
★★★☆☆
シングルバージョンアルバム未収録
1stアルバム『MANISH』(130 Brand-New mix)
2ndベスト『complete of MANISH at the BEING studio』(130 Brand-New mix)
3rdベスト『BEST OF BEST 1000 MANISH』(130 Brand-New mix)

MANISH