MANISH 25周年シングル回顧~1992-1996~

アニメ『美少女戦士セーラームーン』初代主題歌の「ムーンライト伝説」。バリバリの女の子向けアニメではあったが、当時子供だった世代ならセーラームーン及びこの曲を1度は聞いたことがあるだろう。“ごめんね素直じゃなくて♪”から始まり、締めが“ミラクル・ロ・マンス♪”なやつだ。そう、アレだ。最初は1人だったのになんかどんどんセーラー戦士が増えていき、なんかちっこいのまで出てきたり、味方じゃないのが出てきたり、助っ人兼王子様キャラとしてタキシード仮面という今思うとかっこいいのかあれ?というそんな作品だった(うろ覚え)。

「ムーンライト伝説」はその後何度もカバーされているが初代を歌っていたのはDALIというグループで女性4人組だったらしい。アニソン主題歌としか認識していなかったので歌っているのが誰だったかなど全く意識していなかったがこのDALIは単発企画グループだったのか、ほぼ匿名グループに近い状態のままこの1作で姿を消している。

そしてDALIの4人のうちの2人がMANISHの高橋美鈴(Vocal)、西本麻里(Keyboard)としてデビューした…らしい。

基本的には高橋が作詞して西本が作曲するスタイルではあったが、A面でこのパターンが採用されることはほぼ無く、提供曲も多かった。大ヒットは無かったものの、安定した活動を続けていたが、変化の兆しを見せた3rdアルバムを最後に突如活動が停止。活動が止まる直前の96年、当時としてはまだあまり普及していなかったインターネットを使って公式サイトをOPENさせるなど新たな方向へ向かおうとしていただけに活動を休止するタイミングとしてはあまりに不自然だった。

98年にベスト盤を出すと同時に活動再開を発表するも結局そのまま再開されることはなく、現在に至ってもMANISHが解散したという発表もなければ、2人の行方すら不明だ。日経エンタで03年に消えた歌手特集みたいのがあってその中でMANISHも取り上げられ「2人とも業界から離れている」とだけ書かれていたのが唯一だろうか。

何故MANISHは突然消えたのか。い つ も の B 社 といってしまえばそれまでだが、MANISHの場合は事務所が関係していたのではないかと思う。

97年頃スターダスト所属だったZARD坂井泉水は独立して個人事務所を設立している。同時に当時ビーイングでCDを出していたスターダストの人たちが一斉に消えるか、移籍するかしている。このため坂井泉水の独立と時を同じくしてビーイングとスターダストとの提携自体が終了してしまったものと思われる。MANISHの2人もまさにスターダスト所属だった。

ただ98年になって活動再開を宣言したことからも1度は新たな所属先を決めていたと思われるが何故それが頓挫したのかは謎だ。どっちみち数年後には大阪拠点に移動してGIZA studioに注力するようになって先輩も後輩も一部以外はほぼみんないなくなっていたので遅いか早いかの違いだったのかもしれないが…。

なおベストは3作あるが、『complete of MANISH at the BEING studio』のみが全シングルA面を押さえられる(+アルバム曲+未発表曲)作品となっている。

2012年頃に執筆していた文章を2017.12修正

「MANISH 25周年シングル回顧~1992-1996~」の続きを読む…

MANISH