ブラックビスケッツ 20周年シングル回顧~1997-1999~

当時の10代に圧倒的人気を誇った日テレのバラエティ「ウリナリ」。その中でポケットビスケッツが大ヒットを飛ばした。彼らに対抗して結成されたのが南々見狂也(南原清隆)、天山ひろゆき(天野ひろゆき)、ビビアンで結成されたブラックビスケッツである。

元々は南原が演じる南々見一也がプロデューサーとなってMcKeeというユニットを結成しフィリピンデビューを狙うというのがメイン企画だった。メンバーにあぶれた千秋とおまけ扱いで出ていた内村、McKeeの名前を決める会議で「ポケットビスケッツ」を提案したウドの3人で半ば強制的にポケットビスケッツが結成。その後CD対決をしたらポケビが勝っちゃってMcKeeは消滅

南々見一也はその後ポケビの2枚目「YELLOW YELLOW HAPPY」リリース後に再登場し、「利き酒」「利き寿司」などの“○○ができなければ即解散”(できればライブができたりとご褒美があり、最終的には3rdシングル発売もかかった)シリーズを展開させた。毎回ポケビを解散危機に陥らせたため(今思うと完全に演出だが)、当時ネットもない時代の純真な子供たちはポケビを応援し、南々見一也には激しい敵意を抱いた。

年明け97年には南々見一也の双子の兄として南々見狂也にキャラクターをリニューアル(眉間のつけぼくろの色が変わったとかつけもみあげの長さが変わったとかそんなマイナーチェンジだった)。天山ひろゆき(天野ひろゆき)、ビビアンを引き連れて「ブラックビスケッツ」を名乗って登場。これに伴い”○○ができなければ即解散”シリーズは3VS3のグループ対決企画へ移行。負けの条件が解散という重いものではなくなり、番組エンディングを歌う権利(ブラビは歌が無いので3人のカラオケ)をかけていた。

即解散シリーズは失敗したらポケビが終わってしまうので毎回引っ張って引っ張って成功というお約束だったが、対決企画では負けの条件が緩くなったためポケビの敗北パターンを作ることが可能となり、ブラビの勝利が続くようになった。やがて条件も少し厳しくして負けたらメンバー引き抜きなど激化。ポケビが千秋1人だけになってしまい、2人を取り返すための綱渡り対決により2人を取り戻してポケビが復活して夏に向けては1stアルバムへこぎつけるなど盛り上がった一方、ブラビには苦情が殺到。

その後は対決企画が沈静化し、たまごっちブームに便乗したような携帯ゲームのグッズ展開をしていたポケビに対抗して高額な木彫りブラビ人形を制作。これの売り込みに苦労してビビアンが号泣する、ブラビ荘での貧乏生活みたいなみずぼらしい様子を延々放送し始めて同情を買う展開になだれ込んだ。これで徐々に反感を同情に変換していくことに成功すると、97年年末になってついにダンスボーカルユニットとしてデビューする事になった。ビビアンの母国である台湾でも活動。シングルは常に台湾語バージョンが現地で発売、現地でのプロモ活動もされていた。台湾バージョンは当然CDの言語も違うがジャケデザインも異なっていてCD店が盛況だった当時は大きなところだと輸入盤として台湾盤を並べていた記憶がある。

98年にはポケビとのCD発売権をかけた対決にも勝利。「Timing」では一時的に完全にポケビを凌ぐ勢いを見せ、番組最高売上を記録した。しかし順調だったのは98年の丸々1年のみであった。

99年、新展開として突如として新メンバーであるケディの加入をオーディションで決定。新曲「Bye-Bye」が「STAMINA」の売上を越えないと南々見とケディが脱退という条件で発売するも、惜しいどころか初動売上で絶望、2週目3週目あたりでもう絶対無理と言い切れるほど全く及ばない売上推移を見せ、重ねてのプロモーションも実らず大失敗。公約どおりに2人が脱退になってしまった。

その後も2人になってしまった天山とビビアン、脱退した南々見とケディの様子は引き続き放送されていたが、気がつけばビビアンは番組を降板、南々見とケディは何故かそのままインド映画を作るというわけのわからん方向になだれ込み始めて、ブラビはそのまま自然消滅してしまった。

一応ブラックビスケッツ企画の続きとしてはビビアンを除いた3人に新たな現地メンバーを加えた「南々見組」として作品をリリース。当時VHSに代わる新メディアとして普及前のDVDでシングルをリリースするも新しすぎて大敗。さらにケディも降板したため新たに「ブランニュービスケッツ」と名を変え、今度は普通にシングルCDを出したがトップ30落ちする大敗となり、番組人気も一気に下降線を辿っていった。

なお何故かシングル4作はAmazon登録がされていない上に、アルバム『LIFE』含めて配信はされていない模様。

2012年執筆を2017.12全面改訂

  「ブラックビスケッツ 20周年シングル回顧~1997-1999~」の続きを読む…