銀色の夢~All over the world~/DEEN

長野オリンピック開催20周年記念、想い出のテーマ曲シリーズ第6弾(最終)。

97年中学1年生の夏休みだったか(冬休みだったかも)に自由課題みたいな宿題があった。この時に間もなく開催される長野オリンピックに向けて準備をする人々の特集記事みたいなのが連載されていたのでこれらの記事を集めたものをスクラップして提出した。

この記事の中でボランティアの公式サポートソングとしてDEENが「銀色の夢~All over the world~」を制作してお披露目したという記事があった。DEENの事は『ドラゴンボールGT』の「ひとりじゃない」で認知し、当時は「君がいない夏」、年末には「夢であるように」がロングヒットしていた(「このまま~」や「瞳そらさないで」もDEENだとはまだ正確に把握してない)という程度の認識だったし、記事なので曲自体はその時は聞くことは無かった。

そしてオリンピック終了後の3月、DEEN初のベスト盤『SINGLES+1』がリリースされ、しばらくしてからこのアルバムを借りてきたら「このまま~」や「瞳そらさないで」もDEENだった事に驚き、そして最後に「+1」としてあの時記事で見た「銀色の夢~All over the world~」が収録されていて驚いた。 「銀色の夢~All over the world~/DEEN」の続きを読む…

発売20周年記念 『夢であるように』~Many Times Negattayo~

ビーイングのブームが終わりに近づき、多くの所属アーティストが人気を落としていく中、DEENも96年になるとトップ10入りがやっとという程度に人気が落ち着いてきていた。97年末に発売された『夢であるように』はDEEN初のトップ10落ちシングル(13位)という不名誉な記録を打ち立てた楽曲だが、PlayStationゲーム『テイルズ オブ デスティニー』主題歌タイアップと楽曲の良さがじわじわ広がり、トップ20付近でロングヒットを記録。結果的には前4作を大きく上回り、DEEN最後の20万越えヒット作となった。また翌年の初のベスト盤『SINGLES +1』での最後のNo.1ヒットにも繋がった。

テイルズシリーズは人気シリーズとなり、ゲームを通してこの曲とDEENを知ったという当時のゲーム少年達も多く、今作(や前作のコナンタイアップ)がDEENの入り口になったというデビュー当初からのファンより一回りくらい下となる第二世代のファンも細々ながら割と多く生み出したようで、現在のライブにおいても主にファンの中心は最前で振り付けも完コピする年配の女性ファン世代ながらも、それよりも一回りくらい若い男性の客層が一定数いるように見受けられるのはこのためと思われる。

ファンだけでなくファン以外からの一定の知名度と売上からするとかなりの人気の高さを誇り、01年の『Ballads in Blue』収録曲を決める際の指定30曲の中から3曲に投票できるインターネット投票の結果では「このまま君だけを奪い去りたい」を抑えての堂々1位当選を果たしている。順位は公開されなかったがもちろん『ALL TIME LIVE BEST』収録曲を決める投票でも当選して収録を果たしている。

ライブではほぼ定番曲となっているが、時期によって扱いが異なる。

声変わり直後には一時披露されなくなった時期があり、新曲を中心としたBreak 6とBreak 8ではセットリストに含まれていなかった。10周年だったので過去曲中心となったBreak 7では披露されているが当時の歌い方や声の状況を考えると恐らくかなり厳…。

『DEEN ONE DAY LIVE ’04 -END of SUMMER-』からは定番曲の仲間入りを果たしたが、10年代中盤頃からは日替わりになったり、披露されないツアーがあったりと、長期に渡って披露されないことは無いが、やったりやらなかったりするようになった。日本武道館公演においては、震災の影響で暗めの歌詞の曲を外した2011年、20周年2daysで2013年1日目(「永遠の明日」と日替わりポジション)は披露されなかった。最鉄板の「ひとりじゃない」を帝王とし、そこに「瞳そらさないで」「このまま~」が続くとすると「夢であるように」は準レギュラーとレギュラーの間を行くくらいの存在だろうか。

特筆すべき点は声変わり後、それ以前の楽曲のキーを2つ3つ下げていた中で、「夢であるように」と「MY LOVE」は何故か原曲キーで歌い続けてきた事にある。当初は全部頑張って声を張っていたが08年からは一時期サビで裏声を使用するようになっていた。08年の初日本武道館公演直前に良きトレーナーと巡り合って声の調子を上げて以降もしばらくは安全策のように裏声を使用していたが、2012年頃からは再び声を張り上げるようになった

演奏面ではストリングスが加わったり、ギター演奏に若干のアレンジが加わることはあるものの、「瞳そらさないで」のように多数のアレンジが作られたり、「ひとりじゃない」のようにアレンジを合体させたり、間奏でのパフォーマンスが進化したりするような大きな変化はほとんど無い。初期の頃は池森以外に照明を当てない、2番以降から光が差していく…など光の演出が見られたが、映像にしたときにめっちゃ暗い、光が差しても逆光になっちゃっててなんも見えねぇ、そもそも暗すぎて会場にいても演奏しているメンバーがあまり見えないためか、いつしか極端に暗くする照明演出は行われなくなった。

今回発売20周年を記念し、スタジオ音源全バージョンはもちろん、ライブCD、ライブ映像作品に収録された全ての「夢であるように」を完全網羅した史上初のMany Times Negattayoをお送りする。

何せ最初から最後まで全部同じ曲について何度も語っているという、BD史上早3度目になるというのに未だ誰も足を踏み入れてこない究極の企画である。読んでいるとあまりに同じ曲について延々と語り続け、前述のように前2回よりも各ライブ映像に大きな差が無いため書く事が乏しくなり、いつからか空回りしていたなんてこともあるかもしれない。同種の企画も3度目ともなると面白く無くなり、違う誰かのサイトに行く君を責められるはずもないとも思う。そもそも前2回は余裕をもって執筆していたのに今回12月17日発売だったの忘れてて気づいた時には3日前で、僕の弱い心は強く打たれた。それでも前回「ひとりじゃない」をやった時に次はやっぱり「夢であるように」だよなぁという構想は抱いており、そんないつか描いてた未来へもう1度歩き出してみた。その結果、何とか12月17日に間に合わせる事ができた。何かが生まれると信じて

2017.12.17公開(Ver1.0)
本ページは増えるたび追記されます

「発売20周年記念 『夢であるように』~Many Times Negattayo~」の続きを読む…

DEEN